【無料動画】ドラマ『4分間のマリーゴールド』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】

【無料動画】ドラマ『4分間のマリーゴールド』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【今日の最新話も視聴OK】

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の動画を無料で視聴する方法を解説します。

  • 今日の放送を見逃してしまった…
  • 時間があるので一気に見たい…

という方はぜひ参考にしてください。

マジックナイト
ここだけの話、ドラマ『4分間のマリーゴールド』の動画はParaviの無料体験で見放題です♪

\ 2週間無料お試し /

いつでも無料で解約OK

Paravi

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の動画を完全無料で視聴する方法は3つあります。

1.Paraviの無料体験で『4分間のマリーゴールド』の動画を無料視聴する(おすすめ)

paraviを実際に視聴している画面のスクリーンショット

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の見逃し動画はParaviの無料体験で安心・安全に視聴できます。

マジックナイト
他の配信サービスでは放送後1週間しか視聴できませんが、Paraviならいつでも高画質で『4分間のマリーゴールド』の動画が見放題です♪
Paravi無料体験のメリット
  1. 月額1,017円(税込)のサービスが無料でお試しできる
  2. ドラマ『4分間のマリーゴールド』全話の動画が高画質&広告なしで楽しめる
  3. TBSやテレビ東京で過去に放送された8,000本以上のドラマやバラエティが見放題
  4. テレビ局の公式サービスなので安心・安全に視聴できる
  5. サービスがイマイチだったら無料期間中に解約すれば料金が一切かからない

\ 2週間無料お試し /

いつでも無料で解約OK

30代女性
月額1,017円(税込)はちょっと高い?と思いましたが、1日あたり約32円で8,000本以上のドラマが見放題なので2年以上継続しています。スマホやテレビで好きなときに視聴できますし、毎月もらえる500円分のポイントで映画まで楽しめるのでおすすめです。

Paravi

たった2分の簡単登録で今すぐ『4分間のマリーゴールド』を無料視聴>>

2.TVerやGYAO!などで『4分間のマリーゴールド』の動画を無料視聴する

TVer(ティーバー)やGYAO!は、ドラマ・バラエティなどの見逃し配信が無料で視聴できる素晴らしいサービスです。

TVerやGYAO!を利用する時の注意点
  • 放送終了から1週間しか視聴できない
  • 過去の話は視聴できない
  • 広告が表示される

こういった微妙な部分もありますが、放送終了から1週間以内の見逃し動画をお探しならTVerやGYAO!が一番おすすめです。

マジックナイト
会員登録しなくてもすぐに見れるのが便利です♪

TVerで配信が終わっていても、Paraviなら無料体験で動画が視聴できます。

Paravi無料体験

3.YouTubeなどで『4分間のマリーゴールド』の動画を無料視聴する

動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴すると以下の問題があります。

  • ウィルスやスパイウェア感染
  • 個人情報の漏洩やワンクリック詐欺
  • 違法アップロード動画をダウンロード視聴するのは違法
マジックナイト
このような危険があるので、当サイトではあなたのためにも詳細はご案内していません。

>『4分間のマリーゴールド』の動画を安心・安全に無料視聴するならParaviの無料体験がおすすめです!

目次に戻る

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の見逃し動画配信サービス一覧

配信状況 月額料金(税抜) 無料期間
Paravi
二重丸 1,017円
(税込み)
2週間
FOD
888円 2週間
U-NEXT
1,990円 31日間
Hulu
1,026円
(税込み)
14日間
ABEMA 872円 14日間
Amazon 500円 30日間
TELASA 562円 30日間
Netflix 1,200円 なし
TVer まる 無料
GYAO! 無料

ドラマ『4分間のマリーゴールド』の動画はParaviでの視聴がおすすめです。

放送終了後にすぐ配信されるので、今日見逃した最新話もすぐに視聴できます。

目次に戻る

ドラマ『4分間のマリーゴールド』1話から最終回のイントロあらすじネタバレまとめ

イントロダクション

福士蒼汰TBS連ドラ初主演!

「死の運命」が視える救急救命士が、
“変えられない運命”に立ち向かう!

菜々緒がナチュラル系ヒロイン初挑戦!
余命1年の義姉と禁断のラブストーリー
“生”と“死”に向き合う切ない愛の物語に、
この秋、日本中が涙する!!

出展:「4分間のマリーゴールド」公式

第1話「血の繋がらない姉への秘めた想い」(2019年10月11日放送)のあらすじネタバレ

救急救命士として働く花巻みこと(福士蒼汰)には、手を合わせた人の「死の運命」が視えてしまう特殊な能力があった。
最期の様子をビジョンで視てしまった患者に対し、みことはあらゆる手を尽くすのだが、一度視た運命はいつも必ず現実になってしまう。
助けたいのに助けられないジレンマを抱えながら、それでも日々救急救命に全力を尽くしていた。

そんなみことは、父の再婚によって兄弟となった義姉・沙羅(菜々緒)、義兄・廉(桐谷健太)、義弟・藍(横浜流星)と、一つ屋根の下で仲良く暮らしている。
家族の前では普通に振る舞うみことだが、誰にも言えない思いを抱えていた。
義姉・沙羅を愛してしまったのだ。
血は繋がらないとはいえ、戸籍上姉である沙羅への気持ちを必死に抑えるみことだが、その想いは日々募るばかりだった。

ある日みことは、救急要請で向かった先で、自分の父の死因と同じ病状である心筋梗塞で倒れた男性の心肺蘇生を行う。
思わずみことが男性と手を合わせると、無情にも亡くなる前後のビジョンが視えてしまう。
運命を変えたい一心で、ビジョンと違う行動を試みるみこと。すると患者の意識が戻り、一命をとりとめたのだった。
初めて死の運命を変えることができたと、興奮するみこと。

しかし数週間後、救急要請で向かった先は、同じ患者のアパートで…

“生”と”死”に向き合うみことと、義姉・沙羅との禁断のラブストーリーが幕を開ける!

第1話から切ないお話でしたね。

花巻廉(桐谷健太)は義兄で、警備員の仕事をしながら家を支えています。
少し考え方が古いけど、熱いお兄ちゃん。笑

花巻藍(横浜流星)は義弟で、料理上手な高校生。
ぶっきらぼうだけど優しく可愛い弟ですね。

花巻沙羅(菜々緒)は義姉でみこと(福士蒼汰)が密かに想いを寄せています。
姉を愛おしそうにみつめる目がなんとも切ない…。

~~~

救急救命士として働く花巻みことには特殊能力があり、
手を合わせるとその人の最期の様子が見えてしまいます。

1度視た運命を変えようと、救命救急の磯辺(西村元貴)に怒られながらも必死にもがす姿がとても切ないのです。

「何も知らないくせに…」「そんなに怒らなくても…」と感情移入し、画面の前でイライラ
ダメですね。どうも冷静に見ることができずに磯辺さんが出てくるたびにムカムカしてしまいました

ですが、沙羅の誕生日にみことが「マリーゴールド」の花束を贈るのを見て
スーーーッとひいていきました
毎年沙羅の誕生日に贈っているようですが、何か意味があるのでしょうか。
今はまだわかりません

~~~

1話のラスト。
沙羅が1年後の誕生日に亡くなってしまうという運命を背負っていることがわかりました。
今後の沙羅とみことがどういう関係になっていくのか、沙羅はなぜ死んでしまうのかなど…気になるところがたくさんありますね

第2話「料理担当の末っ子・藍の抱える秘密」(2019年10月18日放送)のあらすじネタバレ

1年後の誕生日に最愛の義姉・沙羅(菜々緒)が死ぬ運命にある―――。
みこと(福士蒼汰)は、沙羅と初めて会った日に視えた“死の運命”が今も変わっていないことに動揺するが、絶対に沙羅の運命を変えると心に誓う。

沙羅のことを過剰に心配し始めたみことの異変に気づいたのは藍(横浜流星)だった。藍は、みことの様子に違和感を覚える。

そんな藍にも、実は1人で抱えている秘密があった…。
なぜ料理を作り始めたのか、その理由や家族への思いを知ったみことは、藍に“死の運命”が視える特殊能力があることを告白する。

ある日、みことは救急出動した先で、藍が料理の師匠と慕う老婦人・和江(松金よね子)と出会う。和江は、過去に息子を亡くした寂しさからむやみに救急車を呼び困らせていた。
しかし数日後、和江が本当に病で倒れてしまう。和江の救命に駆けつけたみことは、和江の手に触れた際、彼女の“死の運命”を視てしまい…

第2話は藍くん(横浜流星)のお話でした。

第1話を見た時から学校に何か問題があるとは思っていましたが、
いじめられていたとは…。

そんな藍くんの救いが、たまたま近所の公園で出会ったかずえちゃん(松金よね子)だったんです。

料理を教わり家族に振る舞い、みんなが食べてる姿を見て喜ぶ藍くんにほっこり。

かずえちゃんがいなくなってしまったのは悲しいけど、
料理の味はしっかりと藍くんに引き継がれています。

藍「みこ兄、最近様子が変だから」

と、言われてみこと(福士蒼汰)は自分の特殊な能力のことを話ます。

藍「わかっていたのに、かずえちゃんを助けようとしてくれたんだね。ありがとう。」

と、この時の2人のシーンがほっこりもするけど悲しい感じです

第3話「突然の告白!沙羅の秘めた想い…」(2019年10月25日放送)のあらすじネタバレ

みこと(福士蒼汰)は緊急出動した事故現場で廉(桐谷健太)の親友であり、幼なじみの青葉広洋(佐藤隆太)と再会する。フリーカメラマンとして海外で活躍する広洋は、次の仕事で日本を発つまで花巻家で暮らすことになる。

藍(横浜流星)の手料理で皆が食卓を囲む中、広洋は、絵を描くために様々な世界を見てみたいと言う沙羅(菜々緒)に、自分のアシスタントとして一緒に海外を旅しないかと誘う。
沙羅も乗り気になり、みことは複雑な感情を抱く。みことは沙羅の夢を応援したい反面、沙羅との残された時間を考え苦悩する。

そんな中、みことは救急で向かった工事現場で不意にケガを負ってしまう。
それを聞いて心配で駆けつけた沙羅に対して、みことは敢えて平静を装い、海外行きの背中を押してしまう…。

ある雨の日、車で駅まで沙羅を迎えに行ったみこと。
やはり海外には行って欲しくないと思い切って伝えようとしたみことに、沙羅は突然秘めていた思いを告白し…!?

緊急出動した先にいたのは病人…ではなく犬でした。

そんなシーンから始まった第3話。

広兄「人じゃなくても怪我は怪我だろ」と
怪我をした犬のために救急車を呼んだのは幼馴染の青葉広洋(佐藤隆太)でした。

広兄は廉兄(桐谷健太)の親友であり、花巻家全員の幼馴染。
海外でフリーカメラマンとして活躍していて、次の仕事に行くまで
花巻家でお世話になることになります。

藍くんの手料理をみんなで囲み

沙羅「絵を描くためにいろんな世界を見てみたい」
広兄「それなら俺と一緒にアシスタントとして海外を旅しないか?」

と、沙羅を海外に誘います。

廉兄「海外なんて危ないからダメだ」

と反対されますが、沙羅は乗り気で前向きに海外行きを考え始めます。

~~~

ある土砂降りの雨の日。
車で駅まで沙羅を迎えに行ったみこと。
2人は車の中で昔話をしていました。

和やかな雰囲気の中、ラジオからは近くで土砂災害があったと流れてきます。

みこと「近くだからちょっと行ってみてくるよ」
沙羅「危ないからやめたほうがいいよ!」
みこと「大丈夫。これも仕事だし」

と車を降りるみこと。

行ってしまいそうなみことに沙羅は今まで秘めていた想いを告白します。

沙羅「ずっと、みことのことが好きだったの!!」

第4話「義兄VSみこと!秘密の恋がばれた日」(2019年11月1日放送)のあらすじネタバレ

「ずっと好きだった」とお互いの気持ちを確かめ合ったみこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)。
2人は、しばらくは自分たちのことを、廉(桐谷健太)や藍(横浜流星)、広洋(佐藤隆太)に気付かれないように“秘密の恋”を育む。

救命のスキルを上げたいみことは、気管挿管の研修で赴いた病院で誰も見舞いに来ない入院患者の二条梓(筒井真理子)と出会う。
梓は食道がんを患っていた。唯一の身内である娘と、あることをきっかけに長い間会っていないという梓に、心配したみことは手術の前に娘へ連絡することを勧めるが、「娘に私は必要ない」と拒まれてしまう。
「家族が家族でなくなるのなんて一瞬です」と呟く梓が気になるみこと。

ある夜、広洋の誘いで廉を除く花巻家の面々は神社の秋祭りへと向かう。
その最中、愛犬・シロとはぐれてしまい、留守番中の廉も自宅を飛び出し皆で探し回る。
自宅に戻っていたシロを広洋らが見つけ一安心するが、見つかったことを知らない廉は神社へ。
一方、みことと沙羅は神社で二人きりになり、初めてのキスをする。そこを偶然廉が目撃してしまい…
家長として複雑な想いを抱いた廉は、みことに「沙羅を好きでいるなら、俺はおまえの家族をやめる」と宣言する。

仲の良かった家族がバラバラになってしまう第4話。

晴れて両想いになったみこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)。
2人はしばらくは気づかれないようにと隠れて恋を育むことに。

ですが…ある夏祭りの日。
いなくなったシロを探すために走り回る花巻家。

シロは先に自宅に戻っていて無事だったものの、
みことと沙羅のキスシーンを見てしまった廉兄(桐谷健太)。

その日から花巻家の空気が変わります。
2人のことを思いと同時に自分の過去を重ね、みことと沙羅の関係を反対する廉兄。

なんとなくそうだと思ったと空気を感じとっていた広兄(佐藤隆太)は
広兄「2人はもう大人なんだし、いいんじゃないか」

と廉兄を諭しますが

廉兄「家長として」

と考えを変える気はないようです。

~~~

家の空気が悪くなる中、1人事情を知らされない藍くん(横浜流星)は
家事放棄し、拗ねる。(かわいい、さすが末っ子)

藍「なにかわかるまでご飯作らないから。自分でやって。」

~~~

廉兄「沙羅を好きでいるなら、俺はおまえの家族をやめる」
と言われどうするべきか考えるみことですが…。

自分の考えを廉兄に伝えたうえで、自分の気持ちが届かないことを知り
思わず…
みこと「揉めてる場合じゃないんだ!このままだと沙羅は来年の誕生日に死ぬ」

と、沙羅が死ぬことを言ってしまうのです。

廉兄と仲直りもできず、沙羅の死まで伝えてしまったみこと。
今後の花巻家はどうなってしまうのか…。
また仲が良かった花巻家が見れる日はくるのでしょうか…。

第5話「ついに運命の告知─私、死ぬの…?」(2019年11月8日放送)のあらすじネタバレ

廉(桐谷健太)に沙羅(菜々緒)が28歳の誕生日に死ぬ運命にあることを打ち明けたみこと(福士蒼汰)。
全く信じない廉だったが、藍(横浜流星)が最近のみことの様子が変だと口にしていたことから、ひっかかりを感じる。

そんな中、廉の職場の先輩である原田治(橋本じゅん)の妻・理沙(七瀬なつみ)が倒れ、みことたち救急隊が出動する。
搬送中に彼女と手を合わせたみことは、膵臓がんで死亡するというビジョンを視てしまう。
みことは死の運命を変えたい一心で、廉にもその事実を話すが相手にしてもらえない。

しかし数日後、理沙は亡くなり、みことが言った通りの光景を廉は目の当たりにして愕然とする。
沙羅の死の運命が本当だと悟った廉は、みことの目の前で泣き崩れてしまう。
そして、沙羅の幸せのためにみこととの関係を認める。

みことは、沙羅の運命を変えるために、これまで一人で抱えていた“死の運命”が視える能力のことや、沙羅の”最期の瞬間”を廉と藍に詳しく話し…。

廉兄に死の運命が視えることを打ち明けたみことですが、廉兄は信じようとはしません。
ですが、ひっかかりは感じてる様子。

まだ空気の悪い花巻家。
そんな中、廉の職場の先輩である原田(橋本じゅん)の妻・理沙(七瀬なつみ)が救急車で運ばれます。

死の運命を視たみこと。
理沙は膵臓がんで亡くなるというビジョンを廉に話ますが相手にしてもらず…。

~~~

数日後、理沙は廉がみことから話を聞いたとおりに亡くなってしまいます。
みことの話が本当だと知った廉。
みことの元へ行き泣き崩れてしまいました。

廉「俺はもうお前らのことには口出さない。最後まで沙羅の傍にいてやってくれ。」

廉「お前らが納得いくように、後悔しないようにしろ。俺はいくらでも力になるから。」

真実を受け入れた廉はみことと沙羅の関係を認めます。
複雑ではありますが、ここでも廉兄の漢気がみえましたね!

~~~

後日、原田の元を訪ねる廉とみこと。
そこで原田はこんなことを口にします。

原田「本当のこと言ってやればよかったかな。嘘ついたままの別れなんて、本当は寂しかったんじゃないかな~って。あいつに悪いことしなぁ~って思うんだよな。」

みこと「わかります。誰だって大切な人が死ぬってわかったら、わけわかんなくなります。あとはもう、できることをするしか…。その人のためになると信じて。」

~~~

みことと廉は藍を交えて今後の話をしようとしますが、
受け入れたくない藍は話を聞こうとしません。

藍「何かの間違いかもしれないじゃん!みこ兄嘘ついてんじゃないの?」
廉「信じる信じないは俺たちの勝手だ。嘘とかはやめろ。みことはずっと1人で抱えて悩んできたんだろ。それを嘘だって突っぱねたらどうなる?また1人にしちまうだろ。」
藍「ごめん…。」

~~~

沙羅の最期の瞬間を詳しく話すみこと。

みこと「…聞こえた?姉さん。」

みことの部屋の押し入れには沙羅の姿が。
怒る廉兄。

みこと「俺は姉さんにも知っていてほしかったから…。」
沙羅「今ならちゃんとわかる。藍が不安で、お兄ちゃんが心配してくれてるのも。みんなが私のこと想ってくれてるのもちゃんと全部…。」

動揺を隠せない沙羅は飛び出していってしまいます。

~~~

重い空気が流れる花巻家。
沙羅は”死”に反応していたみことのことを思い出します。

沙羅の姿が部屋になく、いつもの灯台へと向かうみこと。
話をする沙羅とみこと。

沙羅「正直まだ信じられないけど。みこと、1人で怖かったよね。みことがそんな想いしてるなんてなにひとつ知らずに…ごめんね。」

沙羅を抱き寄せるみこと。

みこと「大丈夫。この力は沙羅を助けるためにあると思ってる。沙羅を助けるために救命士になったんだ。」

沙羅「みことのことはずっと信じてきたから。みことが死ぬなら信じるし…」
みこと「絶対に助ける」
沙羅「それならそれを信じる。」

~~~

広洋から送られてきた写真を見て、微笑む廉兄・藍、そしてみことと沙羅。

ラスト

次の日、花巻家の食卓には藍の作るご飯が並んでいました。
来年のカレンダーを持って沙羅が登場。
自分の誕生日で赤で丸をつけます。
さらに花丸をつける沙羅。

沙羅「藍くんいただきます!」

ようやくいつも通りの朝を迎えた花巻家。
そこにはみんなの笑顔がありました。

─ 第一章・完 ─

第6話「第二章の始まる─ついに結婚を決意!」(2019年11月15日放送)のあらすじネタバレ

年明けて、みこと(福士蒼汰)が視た沙羅(菜々緒)の運命の日まで9カ月を切った。
みことと同様に廉(桐谷健太)と藍(横浜流星)も沙羅の運命を変えるために試行錯誤するが、何が起きるか分からないまま時間だけが過ぎていった。

ある朝、みことはいつものように沙羅と洗濯物を取り込んでいて、ふと沙羅に「結婚しよう」と言い出す。
この何気ない日常の幸せに感極まって出た言葉だった。
みことからのプロポーズを喜んで受け入れる沙羅。
しかし、2人の結婚を知った廉から「もし、沙羅の命を守れなかった時のことを考えているんじゃないか?」と言われ、みことは否定しつつも、動揺する。

一方、みことの後輩・上田(伊藤あさひ)は、救命の現場での重篤な事案が続いていたことから、心身ともに疲弊し、救急隊から内勤への異動を願い出るべきか考えていた。
ある日、非番の上田は男児が突然倒れる現場に遭遇する。
そこに駆けつけたみことは、新人救命士だった頃に同じケースで救えなかった命があったことを思い出す。

そんな中、沙羅が、やっぱり結婚はやめようと言い出し…。

第二章に突入した第6話。

笑顔が戻った花巻家。
家族団らん、ご飯を食べながら楽しそうに話をする花巻家。

藍は沙羅の為に、いろいろと調べて薬膳ご飯を作っていました。
ですがまだ試行錯誤中。お味はいまいちのようです

参考書を開けと言われ藍が見せた大学のA判定がズラリと並んだ結果に
なにも言えなくなる廉兄。

~~~

今はできることをしようと決めたみこと。
ある朝、突然の雨で洗濯物を取り込んでいたみことと沙羅。

切なそうに、でも幸せそうに沙羅をみつめるみこと。

みこと「沙羅、結婚しよっか。」

とプロポーズ。

沙羅「きゅうにきたね…。うん、私でよければ。」

~~~

結婚の話を廉兄にすると、焦っているのかと言われ

みこと「違うって!やめてよ、そういうこというの。」

と、否定はしますが動揺してしまいます。

~~~

ある日、落ち込でいる原田を廉兄が連れてきます。
5人で食卓を囲む花巻家。
原田の奥さんが亡くなった話を聞き考え込む様子の沙羅。

~~~

沙羅「結婚さ、やっぱりやめよ。」

沙羅「怖いんだと思う。信じてたはずなのにね。」

沙羅「もし全部運命の通りになったら残されるのはみことだから。みことを1人にするって考えたら私…やっぱり結婚できない。」

~~~

次の日、廉兄から結婚のことについて謝られるみこと。

みこと「結婚はなくなった。俺、断られたよ。」

みこと「沙羅は自分が助からなかったときのことを考えてる。」

みこと「俺なにもできてない。言葉じゃ沙羅を救えないのはわかってる。1番辛いのは沙羅なのに。俺は安心すらさせられない。」

と泣いてしまいました。
何も言わず背中を撫でる廉兄。

~~~

沙羅を迎えにいった廉兄。

沙羅「私に何かあったらみことを1人にしちゃう。」
廉兄「みことの事を考える気持ちはわかる。お前の気持ちはどうしたいんだって話。」
沙羅「結婚して今だけ幸せでいいなんて思えない。自分のために誰も不幸にしたくない。」

~~~

灯台で海を眺める沙羅。そこにみことがやってきます。

みこと「沙羅は幸せ?」
沙羅「またきゅうに…」

先のことを考えず今のことを考えようと話すみこと。

みこと「沙羅と過ごした今があれば、どんな辛い日々でも生きていける。」

みこと「もし1人になったとしても沙羅の家族で弟で恋人でいられたことで
俺は一生幸せだよ。」

みこと「でも、もうひとつだけで叶うなら…。俺は沙羅の夫になりたい。」

沙羅は左手を出し、もう1度ちゃんと見てとお願いします。

みことは手を合わせず、沙羅を抱き寄せ

みこと「大丈夫。結婚しよう。」
沙羅「うん…。」

~~~

結婚することが決まったと藍と廉兄に報告する2人。
廉兄と藍は拍手して祝福。

~~~

ラスト

廉兄は元カノと偶然再会─。

第7話「兄弟喧嘩勃発!そして沙羅に異変が!?」(2019年11月22日放送)のあらすじネタバレ

みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)の婚約パーティーが花巻家で開かれ、みんなに祝福される2人。
そんな中、藍(横浜流星)は進路について悩んでいた。
藍は、廉(桐谷健太)の言う通りに大学進学の準備を進めるが、本当は料理の勉強をしたいという思いを抱いていた。
みことと沙羅は藍の夢を応援するが、高校を中退したことで苦労した廉は、学歴が必要だと考え猛反対する。

ある日、廉は実家の老舗旅館を継いだ元恋人の千冬(磯山さやか)と再会し、食事をする。
夫と共に旅館を切り盛りし、今は幸せに暮らしているという千冬の言葉に、廉は別れて正解だったと自分に言い聞かせるが、千冬への未練を断ち切れず…。

そんな中、迎えた藍の大学受験当日。
兄弟に見送られ会場に向かった藍だったが、思わぬ行動に出る。
それが発端となり、廉と藍は初めて本音をぶつけ合う。
花巻家崩壊の危機か!? そして、ついに沙羅の身体に異変が起き…。

結婚の報告をし、職場や仲の良い知人たちと婚約パーティーを開くみことと沙羅。
みんなに祝福されお祝いムードの中、食卓には美味しそうな藍の手作りご飯が並んでいた。

みんなに「美味しい!」と言われ嬉しそうな藍。
藍は大学受験を目前に控えて進路について悩んでいた。

みことと沙羅は藍の応援をするも、「調理学校に行きたい」と話す藍に
廉兄は「絶対にダメだ」と猛反対する。

~~~

ひょんなことから元恋人・千冬(磯山さやか)と再会した廉兄。
久しぶりに会ったことで2人はいきつけだった居酒屋で食事をする。
千冬は今実家の旅館を夫とともに切り盛りしていると聞かされ

廉「やっぱり別れて正解だったわ。」

と言うものの内心は複雑。

~~~

藍の大学受験の日。
受験会場に向かった藍だったが、試験を受けずに帰宅。
その事実を知った廉兄は激怒。

廉「俺がしてきたことは全て無駄だったって言うのか!」
藍「全部廉兄が勝手にしたんじゃん!」
藍「廉兄には感謝してる。でも廉兄が許してくれないなら母さんに相談する。」
廉「俺じゃ足りねぇって言うのかよ…。」

大喧嘩になる2人。
再び花巻家には険悪なムードが漂い始める。

~~~

廉はいつもの居酒屋でお酒を飲みベロベロに酔っぱらっていた。
呼び出された千冬は廉の話を聞き、

千冬「それはたいしたもんだね。やりたいこと自分で見つけてその道でなきゃ嫌だなんて今時珍しいもんだよ。」
廉「結局俺はいてもいなくても同じなんだよ…。」

酔っぱらって1人で歩けなくなった廉兄を連れて来た千冬。
久しぶりに花巻家の家族と会い楽しそうに談笑する中、
昔の廉の話をする。

千冬「いつも藍を気にかけていて、家族の事しか頭にないと思ってた。」

沙羅に別れた理由を聞かれ

千冬「あなた達をほって来られなかったんだと思う。仕方のないことだったんだよ。」

廉兄の想いを知った藍。

~~~

翌日、二日酔いでダルそうに起きてきた廉兄にきちんと話をする藍。

藍「廉兄…。昨日はごめんなさい。でも俺、どうしても後悔したくない。」

藍「これから先どんな人生が待っているか、いつまで続くかわからないのに自分を好きなこと諦めたくない。」

藍「俺さ料理してる時が一番楽しいんだ。美味しいって食べてもらえてみんなが認めてくれて幸せって思える。」

藍「俺のこと心配なのかもしれないけど、俺のこと信じてほしい。俺の料理と俺の将来を信じてほしい。」

そう言い、藍が廉兄に出した朝ご飯は”お粥”

藍「昨日、俺のせいで飲みすぎちゃったんでしょ。じゃ…行ってきます。」

藍のお粥を食べながら涙を流す廉兄。

~~~

学校から帰宅した藍に調理学校のパンフレットを渡す廉兄。

廉「まだ間に合うところだけもらってきた。好きに選べ。」
藍「廉兄…ありがとう。」
廉「やるからには半端で終わらすなよ。」

~~~

沙羅に報告する藍。
”やるからには半端で終わらすなよ”と同じ言葉を、昔沙羅も言われていたようです。

沙羅「勝手なことはした。でも後悔はしてない。」

~~~

みことと居間で話をする廉。

みこと「そういう風に育てたのは廉兄だよ。父さんがいなくなってからの父親はずっと廉兄だったから。」

みこと「これからは後悔のないように、自分のために生きてほしい。」

廉「そうだな。そうだよな。」

そう言い家を飛び出し走る廉。
向かった先は実家へ戻ろうとする千冬のところでした。

廉「ずっと言えなかったことがあって。」

廉「あいつらのせいにして自分の気持ちごまかしてた。」

廉「ずっと忘れられなかった。あの頃も今の今までも。ずっと好きだ。」

タクシーを止めて千冬を乗せようとする廉。

廉「旦那に会う前に全て忘れてくれな。」

千冬「じゃあ私も本当のこと言う。」

千冬「私、旦那なんかいない。写真の人はただの板長。もう困らせたくなかったから。」

千冬「また連絡する。」

そう言い千冬は帰って行った。
ガッツポーズする廉兄。

~~~

ラスト

廉兄が飛び出して行ったことを話す、みことと沙羅。
沙羅はいつもと変わらず絵を書いていた。
みことは沙羅の部屋を出たあと、大きな物音が…!
みことが慌てて部屋に向かうと沙羅が倒れていた──!

第8話「母帰国で新たな波乱!?…迫る運命…」(2019年11月29日放送)のあらすじネタバレ

運命の日が迫る中、寝る間も惜しんで絵を描き続けていた沙羅(菜々緒)が倒れ、病院に搬送される。
命に別状はなかったが、あらためて気を引き締めるみこと(福士蒼汰)、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)だった。

ある日、仕事で海外を巡っていた花巻家の母・理津(麻生祐未)が帰国する。
みことは、沙羅と結婚することを理津に報告。
驚きながらも理津から祝福されるが、沙羅の死の運命のことは伝えることができない。
沙羅は自ら理津に打ち明けようとするが…。

そんな中みことは、破水した妊婦の救急に駆けつける。
原因不明の激痛に耐えながら「絶対にこの子を産みたい」と頑張る彼女に、手を合わせるみこと。
しかし、このまま彼女が死んでしまうという最期のビジョンを視てしまい…

花巻沙羅(菜々緒)が絵を描いている途中、倒れて病院に搬送されました。
瞑想神経反射で倒れてしまったのです。
意識を戻した花巻沙羅、花巻みこと(福士蒼汰)、花巻廉(桐谷健太)、花巻藍(横浜流星)の四人兄弟が実家に戻ると、写真家で世界を飛び回っていた母親である花巻理津(麻生祐未)が帰ってきていました。

みことの仕事場で、破水している妊婦の出血が多くて、妊婦が人生のラストとして死亡する映像がみことの脳裏に浮かび上がります。
母親が握った塩おにぎりを絶賛するみこと、沙羅、藍絶対に産むと妊婦が呟く。
自分の死の運命の事を話すのを躊躇う沙羅。
結婚式場をみこと、沙羅、理津(麻生祐未)で見学に行くこととなります。

小学生の頃、沙羅が母親に『オーロラを見たい』と話をして行動力で写真家である母親が大好きな昔話をしてしまう沙羅。
藍の手料理はいつも家に帰ってくると美味しくなっていると絶賛する母。
家長である廉は、『母親が帰ってきてどうも気に入らない』と同僚に愚痴を言ってしまいます。
それを訊いた同僚は、『産んで貰った事が一番母親らしい』と諭します。
母親が撮影したオーロラの写真をじっと眺める沙羅。
花巻家の男三兄弟でどう沙羅の二十八歳になったら死ぬ運命を話していないことをどうすれば良いかと話し合います。
家に帰ってきた母親は、沙羅に対して『私に何か言いたいことがあるんじゃないの?』と問い詰めるが、沙羅は何も言えないのです。

仕事場で以前搬送した妊婦が駄目だったと引き継ぎで話を訊いたみこと。
母親が突然自然体の沙羅の写真を撮る事となります。
明日モロッコに行くと行った母親に対して、自分の死の運命を言えずに沙羅は『いってらっしゃい』と言うだけであります。
みことは、終に母親に対して『沙羅はもうすぐ死ぬ、手を重ねると死ぬ瞬間が分かる』と告白すると、『冗談はやめてよ。もう』と母親。
それを訊いた沙羅は部屋に閉じこもってしまいます。

昔の沙羅が書いた手紙を母親が眺めると、綺麗な写真、帰ってきてくれて、お土産の三つのありがとうという内容で感動してしまいました。
翌朝、母親がみことに手を取って死の運命を見なさいと涙ながら『私が今死ぬなら沙羅が死ぬ運命が変わる』と言うが、沙羅は「やめて」と止める。

妊婦さんは死んでしまいましたが帝王切開で産まれた赤子を抱いたみこと(福士蒼汰)は笑顔に包まれます。
『母親のモロッコの写真が見たい』と一緒に寝ていた沙羅を訊いた母親は、「ありがとう」と満々の笑みで感謝を言って抱き合います。

ラストはモロッコに飛び立つ母親を笑顔で見送る花巻家でした。

第9話「奇跡の予兆!?…運命が視えない!」(2019年12月6日放送)のあらすじネタバレ

沙羅(菜々緒)の中学の同級生で小学校教師の滝沢(市川知宏)から頼まれ、みこと(福士蒼汰)ら消防署の面々は、小学生に救急救命の講習会を行う。
そこでみことと沙羅は、周囲から孤立する生徒・直哉(川口和空)のことが気にかかる。

一方、調理師専門学校の面接試験を終えた藍(横浜流星)は、沙羅に諭され、高校卒業後離れ離れになる琴(鈴木ゆうか)に告白する。また、廉(桐谷健太)も千冬(磯山さやか)に改めて会いに行くと宣言する。
花巻家みんながいい方へ向かっている様子を喜ぶみことと沙羅。

そんな中、滝沢が勤める小学校から救急要請が入る。
現場に急行したみことらは、階段から落ちて怪我をした直哉の処置に当たるが、通報した滝沢が意識を失い倒れる。滝沢は階段から足を踏み外した直哉をかばい、頭を強打したという。

意識が戻るかわからない滝沢を前に自分を責める直哉。
みことは、滝沢に対する直哉の思いを知り、思わず滝沢と手を合わせるが、何もビジョンが視えず驚愕する。

沙羅の運命の日が迫る中で、突然消えたみことの能力。
それは、一体何を意味しているのか? 運命を変えられることの予兆なのか!?
それとも…!?

みこと(福士蒼汰)は小学生たちに救命の大切さを知ってもらおうと、体験学習を開いていた。

その頃、藍(横浜流星)は念願だった料理の専門学校の面接を受けていた。
家に帰り廉(桐谷健太)が藍の面接のお疲れ様会と称して寿司をとりお祝いしてくれます。

その後、灯台の見える防波堤でみことは沙羅(菜々緒)に指輪をプレゼントします。

~~~

後日、体験学習をした小学校から連絡があり、みこと達・救急隊がかけつけます。
生徒・直哉(川口和空)の腕の処置をしていると、突然滝沢先生(市川知宏)が倒れてしまいます。
生徒が階段から落ちそうになったのを助けた時に、頭を打っていたようです。

そして、滝沢先生は意識不明の重体に…。

~~~

みことは救命のパンフレットを届けに小学校に向かいます。

そこで腕の骨を折った直哉が自分のせいだと落ち込んでいる姿をみてしまいます。

みことは直哉を励まそうと、滝沢先生が世話していた花壇の世話を一緒にすることに。

~~~

再び病院に訪れたみこと。
滝沢先生を助けたいと、運命をみようと手を重ねる。
ですが、運命が見えなくなっていた。

運命がみえなくなったことを家族に話し、沙羅にも話すみこと。
沙羅と手を重ね合わせるも、やっぱり見えない。

『死ぬ運命が消えた事は生きる』という意味があると藍(横浜流星)に言われるみこと。

~~~

直哉と沙羅、そしてみことの3人は、意識不明の滝沢先生に逢いに行く。

直哉「先生、先生、ごめんなさい。言う事聞かなかったから怪我させたからごめんなさい。花を咲かせるから元気になって!」

と泣きじゃくってしまう。

すると…滝沢先生のが目を覚ます。奇跡が起きた。

~~~

ラスト

藍から貰った新人芸術家の展示会チケットを手に、車で出掛けるみことと沙羅。楽しそうに談笑する中、前を見ると対向車から飛び出してきたダンプカーが、みこと達の乗った車にぶつかる。

第10話|最終回「奇跡は起きるか!?ついに運命の日!」(2019年12月13日放送)のあらすじネタバレ

突然の事故に遭い、みこと(福士蒼汰)の必死の救命措置にも関わらず昏睡状態に陥った沙羅(菜々緒)。
みこと、廉(桐谷健太)、藍(横浜流星)は、ただひたすら沙羅が目を覚ますことを願うが、運命の日は刻々と近づいていく。
帰国した母・理津(麻生祐未)は、沙羅の状態を知り悲しみに暮れるが、その悲しみを見せず、みことら兄弟たちを懸命に励ます。
そんな中、みことは沙羅が事故に遭う前に広洋(佐藤隆太)にあるものを託していたことを知り…。

「生」と「死」に立ち向かい続けてきたみことは、奇跡を起こすことができるのか!?
沙羅の命はどうなるのか? ついに沙羅の運命の日が訪れる…!!

みこと(福士蒼汰)と沙羅(菜々緒)が乗っていた車にトラックがぶつかってきた為に二人とも怪我を負ってしまいます。
みことは無事で、沙羅は頭から出血しながらも、みことに「大好き」と言い意識を失います。
救命士のみことが心臓マッサージをしながら病院に連れて行き、廉(桐谷健太)・藍(横浜流星)も駆けつけますが、医師(小市慢太郎)から「厳しい状況だ」と告げられます。

~~~

母親の理津(麻生祐未)もモロッコから病院に駆けつけますが、沙羅は何日も目を覚まさない状態が続き、徐々にみことの元気が無くなっていくのでした。

ある日、救命士として駆けつけたみこと達は、男性が睡眠薬を飲んで眠っている所を助けますが、その後、その男性がマンションの屋上から飛び降りようとするのを目撃します。
急いで駆けつけるみこと達。「仕事が上手くいかない。死なせてくれ」と言う男性に「逃げてもいい。全部捨ててもいい。ただ生きてください!」と叫ぶみこと。
先輩が「これは警察の仕事だ」と言いますが、みことは聞かず、ヘリコプターの音に男性が反応した瞬間に男性を助けます。
ですが、先輩の指示を聞かったみことは、しばらく仕事を休むことになりました。

~~~

落ち込んでカレンダーを破るみことに、広洋(佐藤隆太)が「沙羅から預かった手紙がある」と渡します。
そこには沙羅の、みことへの感謝の想いが掛かれていました。最後に「ありがとう、みこと」と書かれていました。
沙羅の部屋に入ったみことは、キャンパスに布が掛かっていたので外してみたところ、そこにはマリーゴールドの花束を持ったみことの絵が!
みことは小さい頃、沙羅のお陰で元気になった事を思い出し、また沙羅に感謝するのです。

~~~

運命の沙羅の誕生日。みことはマリーゴールドの花束を持って病院に来ました。
廉や藍と一緒にいる所に理津が来て「沙羅が!」と言った為、みんなで病室へ急ぎます。

そこには医師や看護師がいて、みことは一瞬、以前視えた『沙羅の死』を思い浮かべますが、医師が「助かる確率はいかに早く心肺蘇生するかで決まります。あなたが側にいて良かったですね」と言い、沙羅が目を覚まします!

~~~

その後、みことと沙羅は結婚式を挙げます。
そこには廉と千冬(磯山さやか)や、藍と琴(鈴木ゆうか)の姿もありました。

ラスト

みことと沙羅に子供がいて、幸せな笑顔に溢れていました。

目次に戻る

ドラマ『4分間のマリーゴールド』とは? 動画の基本情報まとめ

ドラマ名 4分間のマリーゴールド
テレビ局 TBS
放送年月 2019年10月11日~12月13日
放送スケジュール 毎週金曜よる10:00〜10:54(金曜ドラマ)
再放送 未定
主演 福士蒼汰
ヒロイン 菜々緒
スタッフ 脚本:櫻井剛
音楽:兼松衆、櫻井美希
演出:河野圭太、城宝秀則
プロデューサー:橋本芙美
製作著作:共同テレビ、TBS
原作 キリエ「4分間のマリーゴールド」
公式サイト 4分間のマリーゴールド
主題歌 平井堅『#302』

ドラマ『4分間のマリーゴールド』のキャストまとめ

花巻みこと(福士蒼汰)

 

この投稿をInstagramで見る

 

福士蒼汰(@fukushi_sota_official)がシェアした投稿

福士蒼汰の出演作

明治開化 新十郎探偵帖、Heaven?~ご苦楽レストラン~、愛してたって、秘密はある。、きょうは会社休みます。恋仲朝ドラ『あまちゃん』 など

花巻沙羅(菜々緒)

 

この投稿をInstagramで見る

 

菜々緒(@nanao_official)がシェアした投稿

菜々緒の出演作

インハンド、BG~身辺警護人~A LIFE~愛しき人~、好きな人がいること、恋愛あるある。、ラスト・シンデレラ など

花巻藍(横浜流星)

 

この投稿をInstagramで見る

 

横浜流星(@ryuseiyokohama_official)がシェアした投稿

横浜流星の出演作

私たちはどうかしている、シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。、あなたの番です、初めて恋をした日に読む話兄友、JKは雪女 など

花巻廉(桐谷健太)

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村勇斗(@hayato_isomura)がシェアした投稿

桐谷健太の出演作

ケイジとケンジ、朝ドラ『まんぷく』、天皇の料理番、ストロベリーナイト、大河ドラマ『いだてん』、大河ドラマ『龍馬伝』、JIN-仁- など

その他の登場人物とキャスト

花巻理津(麻生祐未)、磯辺健太(西村元貴)、上田裕樹(伊藤あさひ)、阿部志乃(関水渚)、江上良平(三浦誠己) ほか

目次に戻る

ドラマ『4分間のマリーゴールド』視聴者の感想まとめ

目次に戻る

ドラマ『4分間のマリーゴールド』1話から最終回の動画を無料で見る方法まとめ

この記事ではドラマ『4分間のマリーゴールド』の見逃し動画を無料視聴する方法を解説しました。

まとめ
  • 『4分間のマリーゴールド』全話の見逃し動画を無料で見るならParaviがおすすめ!
  • 放送後1週間以内ならTVerなどでも無料動画が視聴できる!

Paraviの無料体験キャンペーンはいつ終わるかわかりません。

気になった方はキャンペーンが終わってしまって損する前に試してみてくださいね♪

\ 2週間無料お試し /

いつでも無料で解約OK

Paravi

MEMO
本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況はParaviにてご確認ください。
MEMO
Paraviの月額料金は1,017円(税込)ですが、iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人