Adobe Animateとは?使い方や機能・料金などを徹底解説!

Adobe社の製品といったら、Premiere ProやAfter Effectsの動画編集に使うソフトやPhotoshop・Illustratorなどのデザイン系が有名です。

ですが、それ以外にもAdobe製品には様々なソフトがあります。

実は、Adobe社の製品にはアニメーションを自作することができるソフトがあります。

アニメーションといったら、After Effectsのことじゃないの?

After Effectsではなく、アニメーションを制作するための専用ソフト「Adobe Animate」があります。

今回はAdobe Animateの使い方や機能・料金などを徹底解説していきます。

Adobe Animateとは?

Adobe Animateのは動画やゲームのHTML5を中心としたオーサリング・ソフトです。

After Effectsとよく混同されるので、違いをご紹介していきます。

After Effects

After Effectsは、映像にエフェクトをかけるソフトとなっています。

YouTubeなどのオープニングや映像の繋ぎ目・テロップなどに使用されることが多いです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
After Effectsを無料で永久に使用する方法は?インストール方法や料金なども解説
After Effectsを無料で永久に使用する方法は?インストール方法や料金なども解説YouTubeの動画を制作するには、Adobe Premiere Provar uri = 'https://imp.tradedoubler.com/imp?type(inv)g(22787756)a(3179092)' + new String (Math.random()).subst...

Adobe Animate

Adobe Animateは既存の映像にエフェクトをかけるのではなく、動かすキャラクターなどを1から制作することができます。

また、インタラクティブなものを作成することができます。

インタラクティブ…?

簡単に言いますと、ゲームによくある自分の選択で物語が変わるようなユーザー操作が可能なアニメーションを作成することができます。

実際に作成する際はプログラムを組む必要があるので、かなり難易度は高いです。

Adobe Animateでできること

After Effectsとの違いは分かったけど、実際どんなことができるの?

Adobe Animateを使ってできることはこちらになります。

  • ベクターとパターンブラシでアニメーションを描画
  • 手描きのスケッチからアニメーションを作成
  • Animateでの描画
  • ブラシツールを使用して描画
  • 様々な画面サイズに合わせたアニメーションの制作