Adobe CCのアカデミック版の購入方法を徹底解説

・Adobe CCをお得に使いたい

・Adobe CCのアカデミック版を購入する方法を知りたい

・学生ではなくてもAdobe CCのアカデミック版が使えるの?

今回は上記のような悩み・疑問を抱えている方に向けて、Adobe CCのアカデミック版の購入方法をご紹介します。購入するための条件やメリットについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

Adobe CCのアカデミック版とは?

Adobe CCのアカデミック版とは?

Adobe CCのアカデミック版とは、Adobeが提供する学生・教職員向けのプランです。

プラン名 価格(月額/税込)
Adobe CC(個人版) 6,248円
Adobe CC(アカデミック版) 2,178円

このようにAdoeb CCのアカデミック版は、通常の個人版よりも月々4,070円もお得になることがわかります。

Adobe CCアカデミック版で使用できるソフト

個人版よりも価格が安いから使えるソフトが少ないのではないか?

Adobe CCのアカデミック版は圧倒的な低価格にも関わらず、PhotoshopやIllustrator、Premiere Proなど個人版と同じ種類のソフトを使用できます。

さらに100GBのクラウドストレージも搭載しているので、まさにたくさんのソフトを使いたい学生・教職員におすすめのプランです。

Adobe CCのアカデミック版は学生・教職員・教育機関が対象

Adobeが手がけるアカデミック版は、誰でも購入できるのはなく一定の条件を満たす必要があります。

【Adobe CCアカデミック版の購入資格】

• 学校教育法に規定された教育機関(中学校、高等学校、大学、高等専門学校、特別支援学校、専修学校、各種学校)

• 職業能力開発法に規定された公共職業能力開発施設および職業訓練法人

• 行政が運営する大学校のうち、学位が取得できる大学校

引用:Adobe 公式サイト

※13歳以上であることも条件

購入資格の証明となるものは以下の通りです。

・学生証/学生手帳

・在学証明書

・健康保険証(中学生に限る)

上記の条件を満たしている方でAdobe CCを使いたい方は、ぜひアカデミック版を試してみましょう。

あわせて読みたい
Adobe Creative Cloud学生・教職員個人向け | Adobe Creative Cloud学生・教職員の方は、Adobe Creative Cloudが65%以上割引になります。Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Proなどが利用可能です。

アカデミック版のライセンス対象者を詳しく知りたい方は、公式サイトを参考にしてみてください。

あわせて読みたい
学生・教職員の購入資格 | Adobe Terms and Conditions: Student teacher eligibility

Adobe CCアカデミック版の購入方法

Adobe CCアカデミック版の購入方法

Adobe CCのアカデミック版は、以下の方法で購入できます。

  1. Adobe公式サイト
  2. アドビスクールパートナー

それぞれ購入方法や手続き、サービスの特徴が異なるので、購入前に必ずチェックしておきましょう。

①Adobe公式サイト

【Adobe 公式サイトで購入する手順】

  1. ※アドビオンラインストアにアクセスする
  2. アカデミック版のページから購入手続きをする
  3. 支払い
  4. 学校発行のメールアドレスを入力または購入資格の証明書の提出
  5. 購入完了

個人版の購入方法と異なるのは、購入資格の証明をおこなう手順です。アカデミック版では学校ドメインが含まれる電子メールアドレスを入力することで購入資格の確認ができます。

学校発行のメールアドレスの証明ができない場合は、学生証や在学証明書などの提出が必要です。

※購入方法はアドビオンラインストアのほかに、アドビコールセンターや家電量販店、オンラインストアでも可能です。

【アドビコールセンターの連絡先】

電話番号 0120-921-104
受付時間 平日9:30〜17:30

②アドビスクールパートナー

アドビスクールパートナープログラムとは、Adobe製品の使い方を学びたいビギナーの方から、スキルを習得してキャリアアップを目指す方まで、幅広い方々に独自の教材およびトレーニングサービスを提供するパートナーを認定するプログラムです。

アドビスクールパートナーなら、学生・教職員以外も格安でAdobe CCを使用できます。

アドビスクールパートナーのなかでも「ブロンズスクールパートナー」や「ゴールドスクールパートナー」、「プラチナスクールパートナー」と分かれており、価格やサービス内容が異なります。

【プラチナスクールパートナー】

・パソコンスクールISA

・アドバンスクール

・デジタルハリウッド

・ヒューマンアカデミー

初心者におすすめなのは、デジタルハリウッドです。低価格なのはもちろんのこと、スキル習得のためのサービスが充実しています。

以下の記事では、デジタルハリウッドの料金体系やメリット、実際に利用している方の口コミ・評判について紹介しています。

あわせて読みたい
【格安】デジハリでAdobe CCが使える「Adobeマスター講座」の評判と口コミを解説
【格安】デジハリでAdobe CCが使える「Adobeマスター講座」の評判と口コミを解説Adobe CCが使えるデジハリってなに?デジハリって聞いたことあるけど、どんなプランがあるの?こんな悩みに答えます。デジハリでAdobe製品が使えると聞いたものの、どん...

アドビスクールパートナーのメリット

アドビスクールパートナーのメリット

【アドビスクールパートナーのメリット】

・学生や教職員、教育機関以外も格安で使用できる

・プロのクリエイターが指導してくれるので独学よりも上達が早い

・2年目も更新できる

学生や教職員・教育機関以外も格安で使用できる

Adobe公式サイトはアカデミック版を使用するために一定の条件を満たす必要がありました。しかしアドビスクールパートナーは、学生や教職員以外でも格安でAdobe CCを使用できます。

たとえばデジタルハリウッドのAdobeマスター講座は、Adobe CC(12ヶ月)と1ヶ月間のオンライン通信講座を提供しながら以下の価格を実現しています。

通常価格 年間78,800円(税込)
Adobeマスター講座 年間39,980円(税込)

※2021年6月時点の価格

格安でAdobe CCを利用できるのはもちろん、オンラインサポートも充実しているので短期間で使い方を学ぶことが可能です。

プロのクリエイターが指導してくれるので独学よりも上達が早い

アドビスクールパートナーのなかでも、課題や添削サポートを提供しているスクールがおすすめです。

現場を知り尽くしたプロのクリエイターの指導を受けることで、本質的かつ短期間でスキルの上達に期待できます。

また一人ひとりの理解度や苦手にあわせた指導をおこなってくれるので、不明点をその場で解決できるのもアドビスクールパートナーの魅力です。

2年目も更新できる

アドビスクールパートナーは通常1年単位の契約です。しかし翌年も同価格で更新できるため、格安でAdobe CCを使用できます。

・Adobe CCをお得に使い続けたい

・通信講座でもっと勉強したい

アドビスクールパートナーが手がける通信講座は、上記のような方にもおすすめです。

まとめ

今回はAdobe CCのアカデミック版を購入する方法についてご紹介しました。

【おさらい】

・Adobe CCのアカデミック版は個人版よりもお得

・購入方法はAdobe公式サイトとアドビスクールパートナーの2通り

・学生や教員ではない方はアドビスクールパートナーがおすすめ

ぜひ本記事の内容を参考にアカデミック版を試してみてください。

最後に動画編集を本気で覚えていきたいと感じている方は、動画編集スクールを使って学んでいく方法も1つあります。

あわせて読みたい
おすすめ動画編集スクール12選!初心者向けや無料の学校も紹介
おすすめ動画編集スクール12選!初心者向けや無料の学校も紹介ITやネットなどの発達のおかげで、以前よりも動画を自由に投稿できるようになりました。そして動画の作成や編集を仕事にする人も増えています。特に有名な存在がYouTube...
是非こちらの記事も検討してみて下さいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる