Premiere Pro

【動画編集ソフト】Adobe Premiere Proとは?使い方や機能・価格について解説

最近、YouTubeを始める人が増えてきていますね。

YouTubeに投稿する動画を作るときに必須なのが、動画編集ソフトです。

しかし、これから始める人にとっては「どんなことができるの?」「いくらくらいかかるの?」など分からないことばかりですよね。

そこで今回は、YouTube動画を作るのにピッタリのソフト「Adobe Premiere Pro」をご紹介します。

どんな編集ができるのか、料金はいくらなのかなど、ソフトの概要を詳しく解説していきます。

この記事を読んで、今日から動画編集を始めてみましょう。

Adobe Premiere Proとは

Adobe Premiere Proとは
そもそも、Adobe Premiere Proってどんなソフトなの?

Adobe Premiere Proは、「Adobe社」が提供している動画編集ソフトです。

Adobeといえば、「Photoshop」や「Illustrator」など、クリエイター向けのソフトを数多く提供していることでも有名ですね。

そんなAdobeが提供するPremiere Proは、「水溜りボンド」さんや「瀬戸弘司」さんなど、多くの有名YouTuberも愛用しているプロ仕様の動画編集ソフトになります。

そのため、YouTube動画を作る上ではまず間違いないソフトと言えます。

Adobe Premiere Proでできることは?使い方を解説

Adobe Premiere Proでできることは?使い方を解説
有名ですごいソフトなのは分かったけど、実際にどんなことができるんだろう・・・

ここでは、Adobe Premiere Proでどんな編集ができるのか、またそれぞれの機能の使い方を具体的に解説していきます。

今回は動画編集で重要な7つの機能と、それぞれの使い方の解説動画を紹介していきます。

カット編集(映像を切って繋げる)

カット編集は、動画から要らない部分を切り取ったり、2つの動画を好きな位置でつなげたりする機能です。

これはYouTube動画に限らず、動画編集においては必須の機能と言えますよね。

Premiere Proでは、もちろんこのような編集が可能です。

カット編集の解説動画がこちらです。

トランジション(映像切り替え時の演出)

トランジションは、動画の中で映像を切り替えるときに色々な演出を加えることができる機能です。

映像が一瞬で切り替わらずなめらかに切り替わったり、前の映像が暗転した後に次の映像に切り替わったりする演出を見たことは無いでしょうか。

こちらも動画編集では頻繁に使う編集方法で、Premiere Proでは様々なバリエーションのトランジションを付けることができます。

トランジションの解説動画がこちらです。

映像の補正(色や明るさ)

Premiere Proでは、映像の色や明るさを補正することができます。

そのため、せっかく撮った映像の色や明るさが思った通りになっていなくても、後から良い感じに補正することができるのです。

映像補正の解説動画がこちらです。

テロップを付ける

テレビ番組などでは欠かせないテロップによる演出ですが、YouTube動画でも目にすることが多いですよね。

テロップを付けることで、大事な部分を強調できたり、内容が分かりやすくなったりと、様々な効果が期待できます。

Premiere Proでは、自由度の高いテロップ挿入をすることができます。

テロップの解説動画がこちらです。

BGMを付ける

BGMの挿入も、動画編集に無くてはならない基礎的な機能ですよね。

Premiere Proでは、簡単な操作でBGMの挿入やボリュームの調整ができます。

BGMの解説動画がこちらです。

特殊効果を付ける

特殊効果は、文字通り映像に特殊な効果を付けることで、「エフェクト」とも呼ばれます。

分かりやすいもので言うと、「モザイク」や「コマ送り」などがエフェクトにあたります。

Premiere Proで付けられるエフェクトは様々なものがあるので、これを使いこなすことができればかなり凝った映像を作れるようになるでしょう。

特殊効果の解説動画がこちらです。

YouTube用への書き出し

動画編集をし終わったあと、必ず行わなければならない作業が動画の「書き出し」です。

書き出しとは、形式を変えて動画を保存する作業のことで、これをしない限り編集した動画はPremiere Proの中でしか見れません。

その書き出し時、Premiere ProではYouTubeに最適化した動画の書き出しを行うことができます。

YouTube用への書き出しの解説動画がこちらです。

Adobe Premiere Proの料金価格と購入方法

Premiere Proを使えば色々な編集ができそう!
でも、使うのにはどれくらいの料金がかかるんだろう?

いくら便利なソフトとは言え、やはり料金は気になりますよね。

ここでは、Premiere Proを使うのに必要な料金や購入方法を解説していきます。

Adobe Premiere Proは月額制

Premiere Proは月額制のサービスになります。

従来のように電気屋でCD(インストールディスク)を買ってインストールするのではなく、「Amazonプライム」や「Netflix」などのようにインターネット上で契約し、使っている期間だけお金がかかる仕組みです。

基本的には月額制となりますが、契約方法によっては1年分をまとめて支払うことも可能です。詳しくは次の項で解説します。

Adobe Premiere Proの料金プラン一覧

それでは、実際の料金プランを見ていきましょう。

個人でPremiere Proを利用するためのプランは3つあり、さらにその中で契約期間や支払い方法によって料金が分かれています。

Premiere Pro Creative Cloud
コンプリートプラン
学生・教職員向け
年間プラン
(月々払い)
2,480 円 5,680 円 1,980 円
年間プラン
(一括払い)
26,160 円 65,760 円 23,760 円
月々プラン 3,480 円 8,580 円

Adobe Premiere Pro」と「Creative_Cloudコンプリートプラン」では、「年間プラン(一括払い)」だと少しお得になっています。

自分の利用予定期間などに応じて、支払い方法を選んでください。

Premiere Pro単体プラン

Adobe Premiere Proを単体で使いたい人向けのプランです。

動画編集だけをするのであれば、このプランを選ぶと良いでしょう。

コンプリートプラン

Creative_Cloudコンプリートプランは、Adobe Premiere Proは勿論「Photoshop」や「Illustrator」など他の様々なAdobeソフトが利用可能なプランです。

動画編集だけでなく、画像編集やWebデザインなどもやってみたい、という方であればこちらのプランがおすすめです。

学生・教職員向けプラン

学生および教職員の方であれば、学生・教職員向けプランがおすすめです。

内容はCreative Cloud コンプリートプランと全く同じで、料金だけが安くなるプランです。

学生・教職員向けの表の料金は契約初年度の料金となります。
次年度以降は月額2,980円となりますので、その点は注意してください。

パッケージ版はある? -Adobe Premiere Elements-

Premiere Proは月額制になりますが、中には1度お金を払えばずっと使用できる従来の買い方(パッケージ版)の方が良いという人もいるのではないでしょうか。

残念ながら、Premiere Proにパッケージ版は無く、月額制のみの提供になっています。

しかし、Adobeからは「Adobe Premiere Elements」という別の動画編集ソフトがパッケージ版で提供されています。

Premiere Elementsは、Premiere Proに比べると初心者向けのソフトで、直観的な操作ができるように設計されています。

しかし初心者向け故に、Premiere Proと比べるとできることは限られてきます。

そのため、手軽に動画編集をしたい方はAdobe Premiere Elements、本格的な映像制作をしたい方はPremiere Proを選ぶと良いでしょう。

Adobe Premiere Proは無料で使える?

Premiere Proは有料ソフトのため、ずっと無料で使う方法はありません。

しかし、7日間の「無料体験期間」というものがあり、その期間中は無料で使うことができます。

そのため、試しに無料で少し使ってみて、自分に合わないと思ったら解約することも可能です。

無料体験期間は終了すると同時に自動で有料期間に移行します。
そのため、やめる際は無料期間中に忘れずに解約の手続きをしましょう。

Adobe Premiere Proの対応デバイスとOS

Premiere ProはどのデバイスやOSに対応しているんだろう?

ここでは、Premiere Proが対応しているデバイスやOSについて解説します。

WindowsとMacに対応

Premiere Proは「PC用動画編集ソフト」で、「Windows」と「Mac」の両方のOSに対応しています。

Premiere Proと同じくらい有名で利用者が多いソフトに、Appleの「Final Cut Pro」というソフトがありますが、こちらはMacにしか対応していません。

なので、Premiere ProはWindowsユーザーの方にもありがたいソフトですね。

スマホやタブレットでも使える? -Adobe Premiere Rush-

Premiere ProはPCソフトなので、スマホやタブレットで使うことはできません。

ですが、Adobeからは「Adobe Premiere Rush」というスマホ・タブレットでも使えるソフトが提供されています。

Premiere RushはPremiere Proのプランの中に含まれていて、2つのソフトは連携が可能となっています。

そのため、Premiere Rushを使ってスマホで編集した動画を、家に帰ったあとにPremiere Proを使ってPCで編集する、といった流れで作業をすることもできます。

Adobe Premiere Proのインストール方法

Premiere Proについて色々分かったところで、さっそくインストールしてみたい!
どこからインストールすれば良いんだろう?

Premiere Proは次の手順でインストールします。

  1. Web上で申し込み
  2. 受信したメールに従い、Creative Cloudをインストール
  3. Creative CloudからPremiere Proをインストール

Web上で申し込み

まずはAdobe Premiere Proの公式サイトから申し込みをします。

※デメリットは特にないので、最初は無料体験から始めてみましょう。

こちらのページにアクセスし、「無料で始める」というボタンをクリックしてください。

下の画面が表示されたら、希望のプランの「始める」ボタンをクリックしてください。
※学生・教職員の方は、上部タブの「学生・教職員向け」を選んだ上でプランを選択してください。

以降、申し込みに必要なメールアドレスやクレジットカード情報などの入力画面が表示されるので、画面の指示に従って入力を進めてください。

受信したメールに従い、Creative Cloudをインストール

①での申し込みが完了すると、入力したメールアドレス宛にAdobeからメールが届きます。

メールの内容に従い、アカウントの確認と「Creative Cloud」アプリケーションのインストールをしてください。

Creative CloudからPremiere Proをインストール

インストールしたCreative Cloudを起動してください。

申し込んだプランで利用できるアプリには「インストール」ボタンが表示されるので、Premiere Proのインストールボタンをクリックしてください。

後はインストールが終われば、Premiere Proが使えるようになります。

Adobe Premiere Proを実際に使ってみよう

インストールもできたし、実際に使ってみたい!
でも、何からやれば良いんだろう・・・

動画編集を始めると言っても、最初は何から始めて良いか分からないですよね。

そんな方のために、Adobeの公式ホームページにチュートリアルが用意されています。

Premiere Proチュートリアル | Premiere Proの使い方

一番上の「Premiere Proことはじめ」という項目が初心者向けのチュートリアルになっています。

実際に動画を作りながら編集方法の解説をしているので、まずはこれを真似しながら動画を作ってみると良いでしょう。

このページには、他にもPremiere Proの使い方に関する様々なチュートリアルが用意されているので、必要に応じて見てみてくださいね。

まとめ

Adobe Premiere Proに関する記事は以上です。

最後になりましたが、Adobe Premiere Proは動画・映像制作の現場から、有名Youtuberの動画編集まで、幅広い分野使われています。

何より利用者が多いので、使い方に困った時GoogleやYouTubeで検索をかけることによって、大体の疑問を解決することが可能です。

もし「動画編集ソフトに悩みを感じている」「動画編集ソフトに迷っている」と感じている方は、体験版を利用することで、悩みを解決することができますよ。

\体験版はこちら/