Adobe

Adobeの動画編集ソフトとは?初心者向けに機能や使い方を解説

動画編集を始めたいけど、どんなソフトがあるのか分からない。
スマホのソフトと何が違うのかな?

そんな疑問を解決します。

YouTube動画や映像制作で利用できる、Adobeの動画編集ソフトを紹介し、機能や使い方も解説していきます。

Adobeの動画編集ソフトとは

Adobe社が提供しているソフトは複数ありますが、特に「Premiere Pro」と「After Effects」は、動画編集に欠かせないソフトです。

映像素材さえあれば、クオリティの高い動画を個人で編集することが可能です。

充実した機能を搭載しており、映画制作の現場でも使用されるほど本格的な映像まで編集することが可能です。

また、複数あるソフト間の連携がしやすいことも特徴で、自分が追い求める映像を仕上げることができます。

Adobeのソフトは基本的にはパソコン専用のソフトですが、PhotoshopやLight Roomなど、一部スマホ版のアプリが利用できるものもあります。

Adobeの動画編集ソフトでできること

では、実際にどんな機能があるのか紹介していきます。

動画編集と言っても、どんな機能や編集の工程があるのかイメージしづらいですよね。

Adobeのソフトで最も動画編集の主軸になる、Premiere Proにどんな機能があるのか見ていきます。

実際にPremiere Proでは、下記のことができます。

  • カット編集
  • テロップ入れ
  • キーフレーム
  • エフェクト
  • カラー、明るさ調整
  • 音楽、効果音の追加

実際の解説動画を参考に載せておきます。

基本的なカット編集やテロップ入れはもちろん、エフェクトやカラーの調整など、様々な編集機能があります。

始めたばかりだと全ての機能を使いこなすのは難しいですが、慣れればプロの仕事領域でも利用されるほど機能が充実しています。

編集画面も直感的に操作が可能なので、効率よく編集をすることができます。

Adobeの編集ソフト一覧

Adobeのソフトには、基本的な編集作業の為のソフトの他に、特殊効果を追加したり映像で使う素材を加工する為のソフトなどが複数あります。

目的に合わせてソフトを組み合わせることで変化をつけることができます。

それぞれどのようなソフトなのか、その特徴を解説します。

Premiere Pro

数あるAdobeの編集ソフトの中で、最も一般的に使用されているソフトです。

多くのクリエイターが使用しているので、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

このソフトでは、動画制作のベースとなる一連の編集作業をすることができます。

よくAppleのFinal Cut Proと比較されますが、Premiere ProはMacでもWindowsでも使用できます。

OSを問わず使用できるのは嬉しい点ですね。

After Effects

上記で紹介した、Premiere Proと合わせて使いたいソフトがこのAfter Effects。

このソフトは、映像にアニメーションを追加するモーショングラフィクスの為のソフトです。

特殊効果をつけたり、動きのある映像を1から作りたい時にはこのソフトを使用します。

CGやアニメーション、合成映像など、After Effectsを使えこなせば映像の差別化を図ることができます。

多くの映像クリエイターがこのソフトを使用しています。

illustrator

デザインソフトの1つで、イラストやグラフィックを制作する際に役立ちます。

このillustratorで作ったイラストやグラフィックをPremiere ProやAfter Effectsでの映像に組み込むことで、映像の幅が広がります。

オリジナルのロゴが作成できたり、Webデザインにも活躍するソフトです。

単体での使用でも十分満足のいく機能が備わっています。

Photoshop

Photoshopは、画像編集に特化したソフトです。

動画の中に画像を取り入れたい場合や、自分で撮影した写真を編集したい場合に役立ちます。

SNSに投稿する際にサムネイルにこだわりたいという際は、このソフトで色味やデザインを調整することで目を引く作品を作ることができます。

画像編集メインなソフトではありますが、このPhotoshopでも動画編集することも可能です。

カット編集やテロップ入れなど、このソフトだけで編集作業をすることもできます。

Audition

Auditionは、オーディオの編集ソフトです。

動画のBGMを自作したい方や、音にこだわりたい方にはおすすめなソフトです。

音源の編集やミキシングもできる為、自分好みのオーディオファイルを作成することができます。

動画内で使用する音楽をオリジナルで作る、ということもできるので、とことんこだわった映像に仕上げることができます。

Adobe Premiere Proとスマホの編集ソフトを比較

最近はパソコンだけではなく、スマホで利用できる動画編集ソフトも出てきていますよね。

スマホだけで編集した動画がYouTube上にも上がっていたり、実際に自分で利用したことがある方もいることでしょう。

進化しつつあるスマホの動画編集ソフトですが、どこまでの機能が備わっているのでしょうか。

パソコン版のソフトとスマホ版のソフトを比較することで、どちらが自分に合っているソフトなのか判断する際に参考にしてみて下さい。

PC版のソフトとスマホ版のソフトの違い

最初からパソコンで動画編集を始めるのか、まずはスマホで試してみるのか、迷うこともありますよね。

どんな違いがあるのかまとめます。

両者の大きな違いとして、下記の3点が挙げられます。

編集できる動画の長さに制限がある

スマホ本体による制限でもありますが、容量や機能がパソコンと比べて劣る為スマホだと長編動画の編集には向きません。

長い動画を編集しようとすると、大幅に時間がかかってしまったり、途中で動作が止まってしまったりします。

また、スマホアプリによっては編集できる動画の時間が限られている場合がある為、その範囲内でしか編集ができなくなっています。

作業効率の違い

パソコンでの編集作業の場合、ショートカットキーを駆使して作業の効率化を図ることができます。

また、画面の大きさも効率的な作業には不可欠ですよね。

作業の頻度が高くなってくると、やはりパソコンでの作業が圧倒的に便利です。

機能の違い

カラーグレーディングやエフェクトなど、編集に使える機能がパソコンの方が幅が広いです。

より完成度が高い映像を作りたいとか、細部までこだわって作業したいという方にはパソコンの編集ソフトをおすすめします。

Adobe Premiere Proを使用するメリット

数ある動画編集ソフトの中で、特にAdobe Premiere Proをおすすめする理由は下記の通りです。

  • 豊富な機能
  • Creative Cloudで連携が可能
  • ユーザー数が多い
  • チュートリアルが豊富

初歩的な編集作業に加え、上級者向けの編集作業も可能な点が人気の理由の1つです。

また、Adobe社が提供する他のソフトと連携する事で、より完成度の高い編集を行うことができることも特徴的です。

Adobe Premiere Proに最適なPCスペック

Adobe Premiere Proでは、4K以上の高画質な動画編集を行う場合、メモリ32GB以上が推奨とされています。

しかし、多少スペックを下げたパソコンであっても編集は不可能ではありません。

どれだけ編集スピードやクオリティを求めるかによりますが、予算や自分が持っているパソコンの範囲内のパソコンで始めてみましょう。

動画編集に慣れてきたり、もっと高度な編集がしたいとなったら、上記の推奨の基準に近いパソコンに移行していくのも一つの手です。

Adobe製品の料金プランを解説

ここまでAdobe製品の動画編集ソフトを紹介してきましたが、その料金設定はどうなっているのでしょうか。

実際に利用をする場合の料金プランを説明していきます。

Adobe Premiere Proだけを使用する場合

料金プランには、ソフトを単体で利用する場合と、まとめて契約する場合で料金が変わってきます。

まずは、動画編集に特化してPremiere Pro単体で利用したい場合の料金についてです。

クラウドサービスなので、使用頻度によって契約期間を選べることが利点として挙げられます。

料金プランは下記の3つ用意されています。

  • 年間プラン(月々払い)
  • 年間プラン(一括払い)
  • 月々プラン

年に数回、不定期に使うという方は月々プランの契約で使いたい月のみ使用することができます。

また、毎日仕事として使いたい方や、使用頻度が多い方は年間プランの契約を選びましょう。

このように、クラウドサービスならではの選択ができます。

具体的な料金は下記の表をご覧ください。

Premiere Pro
単体契約
年間プラン
(月払い)
2,480円
年間プラン
(一括払い)
26,160円
月契約 3,480円

他のソフトも使用する場合

Premiere Proだけではなく、After EffectsやPhotoshopなど、他のソフトも使用したいという方には「Creative Cloudコンプリートプラン」がおすすめです。

コンプリートプランでは、クリエイティブ制作に必要な全てのツールが利用できます。

本格的に動画編集をしたい方には、まさに最適なプランです。

動画編集をしていく中で、このソフトが使いたいという機会が増えてきます。

1つのソフトだけでは物足りなさを感じたら、このプランを利用しましょう。

料金は下記の通りです。

Creative Cloud
コンプリートプラン
年間プラン
(月払い)
5,680円
年間プラン
(一括払い)
65,760円
月契約 8,580円

また、不定期に初年度割引や期間限定の特別価格が設定される場合があるので、気になる方はホームページをチェックしてみて下さい。

Adobeのソフトを無料で使用する方法

どんなソフトなのか実際に使ってみてから契約したいという方は、無料体験を利用しましょう。

Adobe製品には、無料体験版があり、一度のみ7日間無料でソフトを利用することができます。

それぞれのソフトで7日間の無料体験が可能なので、気になっているソフトを実際に試してみることでできます。

体験版を使用したからと言って、契約が強制される訳ではないので安心して利用できます。

Adobeの動画編集ソフトのダウンロード方法

Adobeの動画編集ソフトを実際にダウンロードするには、Adobeの公式サイトから行います。

ダウンロードしたいアプリを選んで、契約を進めます。

単体のみの購入か、コンプリートプランでの契約かで購入ボタンが違うので注意しましょう。

また、無料体験版を試してから契約に進みたい場合は、体験版を選択する必要があります。

各アプリのページの「無料で始める」から登録をして下さい。

Adobeの動画編集ソフトの使用方法

Adobeの動画編集ソフトの使い方を知りたい方は、チュートリアルを利用しましょう。

公式ホームページや、YouTube上にチュートリアルが公開されています。

Adobeチュートリアル

なかなか1から使い方を調べてソフトを使うことは難しいですが、動画使用方法を解説してくれていると非常にわかりやすいです。

ユーザー数が多いからこそ、分からないことをネット上の情報で解決できることもソフトを選ぶ際の基準になります。

動画編集と聞くと、初心者にとってはハードルが高く感じますが、使用方法が学べる環境が整っていることもAdobeのソフトを利用するメリットです。

実際の編集画面や使い方が丁寧に解説されている為、編集始めたての方はチュートリアルを見て学んでみて下さい。

まとめ

今回は、Adobeの動画編集ソフトを紹介しました。

  • 動画編集するならパソコンのソフトでやるべき
  • Adobeのソフトで本格的な動画編集が可能
  • 複数のソフトを使用することで編集の幅が広がる
  • 初心者でも学べる環境が整っている

という事が分かりました。

これから動画編集に挑戦しようとしている方は、この記事を参考にAdobeの動画編集ソフトを試してみて下さい。