Adobe

After Effectsを無料で永久に使用する方法は?インストール方法や料金なども解説

YouTubeの動画を制作するには、Adobe Premiere Proなどの編集ソフトを使用して、複数の映像を1本の動画にする必要があります。

しかし、数年前に比べてYouTuberの数が伸び、その分動画の質や内容も視聴者から求められるようになりました。

今ではまるでテレビのような動画作りをしているYouTuberも沢山います。

Premiere proだと、高度なエフェクトを作成することができないからエフェクト作成するソフトが欲しい

エフェクトを作成する代表的なソフトは「After Effects」です。

After Effectsを無料で使用する方法はないのかな

今回は、After Effectsを無料で使用する方法、インストールや操作などを徹底解説していきます。

After Effectsとは

After EffectはAdobe社が提供しているエフェクト作成を専門としたソフトです。

After Effectsを使えばこのようなエフェクトを作成することができます。

  • 炎・雷・雪など自然現象
  • 映画風のタイトル・エフェクト
  • ホログラム
  • 肌をきれいにする
  • 動くアニメーション

基本的に映像系のエフェクトなら何でも制作することができます。

他にもAfter Effectsのようなエフェクトを作成することができるソフトはないのかな?

他にもAfter Effectsのようなエフェクトを作成したり、利用することができるソフトはあります。

ですが余程のことがない限り、エフェクトを制作して利用するならAfter Effects一択です。

そんなに、After Effectsをおすすめする理由とは?

After Effectsを使うメリットをご紹介していきます。

After Effectのメリット

After Effectsを使うメリットを3つご紹介していきます。

Premiere proとの連携を簡単に行うことができる

Macには動画編集ソフトが内蔵されているので、そちらを使用する方もいますがWindowsの方なら、動画編集にAdobe Premiere ProPremiere proを使用することが多いです。

Premiere pro⇒Adobe社が提供している動画編集ソフト

同じ会社が提供しているため、Premiere proとAfter Effectsを連携させることが簡単です。

連携方法はこちらの記事が詳しく解説されているので、是非参考にしてみて下さい。

After EffectsをPremiere Proに連携させる方法は?Dynamic Linkのやり方を紹介 有名YouTuberのような、お洒落なオープニングや動画と動画の繋ぎをかっこよく編集したい時はありませんか? After ...

解説動画が豊富で、初心者でも作成することができる

After Effectsを利用している方が多いため、その分解説動画が豊富です。

YouTubeで「After Effects エフェクト」と検索すると色んなエフェクトの作成方法が解説されています。

気になる方は是非YouTubeで調べてみて下さい。

サポート機能がある

After Effectsのみならず、Adobe社の製品にはサポート機能があります。

製品の購入は不具合があった場合、カスタマーケアにチャット形式でやり取りすることができます。

詳しくはカスタマーケアへのお問合わせ方法をご覧ください。

サポートもあって解説動画も豊富で連携も簡単。確かにAfter Effects一択しかないな

After Effectsを利用するデメリットもあるので、ご紹介していきます。

After Effectのデメリット

After Effectsのデメリットを2つご紹介していきます。

操作が難しく、覚えることが困難

After Effects操作がかなり複雑なので、覚えることが大変です。

解説動画は多いですが、1つの動画が1時間以上もあるエフェクトも存在し、模写するので精一杯です。

初心者の方は解説動画を参考に模写をすることはできますが、オリジナリティを出すのはかなり難しいです。

基本的に有料で、月額制

基本的には有料で使用し、しかも買い切りではありません。

やっぱり基本的に有料でしか使用することはできないのか…

実は、無料で使用できる方法があります。詳しくは「After Effectsを無料で使用することは可能か」で解説していきます。

After Effectの使い方

After Effectsの使い方についてはYouTubeに分かりやすい解説動画が2つあります。

是非こちらの2つを視聴して、基本的な使い方をマスターしましょう。

おすすめの使い方としては、スマホで動画を視聴しながらPCで実際に模写することです。

動画を閲覧するだけでは、理解はできても作成することはできません。

是非見ながら、同じように操作して体系的に学びましょう。

After Effectsを利用したいけど、有料版は月額制みたいだし何としても無料で使用したい

無料で使用する方法を解説していきます。

After Effectsを無料で使用することは可能か

結論から言いますと、After Effectsを無料で一定期間使用することはできますが、永久に使用することは不可能です。

無料で使用できる期間や方法を解説していきます。

無料体験期間で1週間使用することができる

実はAdobe社製品全てに無料体験期間があり、1週間無料で使用することができます。

早く無料体験版を利用したい!

無料体験版をインストールする方法を解説していきます。

After Effectの無料体験版をインストールする方法

無料でインストールする方法はとても簡単で、このような流れになります。

  1. After Effectsの公式サイトに移動
  2. 下に進むと「無料で始める」というボタンがあるから選択
  3. 無料期間終了後に使用するプランを選択すると、ダウンロードが開始
無料期間終了後に使用するプランが2つあるからどっちにすればいいのかわからない

無料で始める」というボタンを押すとこのような画面になります。

右はAfter Effectsのみを使用することができるプランで、左のCreative_CloudコンプリートプランはAdobe社のソフトを全て使用することができます。

コンプリートプランについてはこちらの記事が詳しく解説しているので、是非閲覧してみてはいかがでしょうか。

Adobe Creative Cloud コンプリートプランとは?おすすめする3つの理由「満足できる作品を作りたい」と思いながらも新しいアイデアが浮かばず、結局いつもと同じように制作した経験はありませんか。 この記事で...

After Effectの無料版と有料版の違い

無料体験版と有料の製品って性能や機能で違いがあるのかな?

無料版と有料版の違いについて、解説していきます。

無料版

基本的に、無料版でも有料版と同じ機能を使用することができます。

また、サポート機能も有料版と同じように受ける事が可能です。

しかし、無料体験版だと商用的に使用することが不可能で、あくまでもAfter Effectsの性能確認や評価のみになります。

詳しくは「体験版に関するよくあるお問合わせ」に書かれているので閲覧してみて下さい。

有料版

有料版であれば、お金を払っている間は使用することができますし、商用に利用することも可能です。

YouTubeに使用したいから有料版を購入したいけど、料金ってどのくらいなのかな?

After Effectsの料金を解説していきます。

After Effectの料金

After Effectsの有料版の料金はこちらになります。

プラン名 料金 月にかかる金額
年間プラン(一括) 26,160円 2,180円
年間プラン(分割) 29,760円 2,480円
月額プラン 41,760円 3,480円

一括で購入すれば実質月額2,180円で使用することができます。

半年以内に解約する短期的な使用の場合は月額プラン、1年以上使用する可能性がある方は年間プランの一括がおすすめです。

\簡単5分で登録/

また、「After Effectの無料体験版をインストールする方法」で解説したコンプリートプランの料金はこちらになります。

プラン名 料金 月にかかる金額
年間プラン(一括) 65,760円 5,480円
年間プラン(分割) 68,160円 5,680円
月額プラン 107,760円 8,980円

全て使用することができるだけあり、金額もかなり高額となっています。

YouTubeを本格的に始める方はPremiere pro・After Effects・Photoshop・Auditionなどを使用することが多いです。

Photoshop⇒画像編集ソフト。主にYouTubeではサムネイルなどに使用される。

Audition⇒音声編集ソフト。主にゲーム実況や副音声などの声をクリアにしたりエフェクトをかける際に使用される。

Adobe社のソフトを3つ以上使用する場合は、Creative_Cloudコンプリートプランの方がお得になるので、是非購入してみてはいかがでしょうか。

\簡単5分で登録/

まとめ

今回は、After Effectsを無料で使用する方法やインストール方法・料金などを解説していきました。

最後になりましたが、本気で動画編集を行っていきたいと感じているのならAdobe Premiere Proがおすすめです。

Adobe premiere Pro

Adobe Premiere Proは動画・映像制作の現場から、有名Youtuberの動画編集まで、幅広い分野使われています。

何より利用者が多いので、使い方に困った時GoogleやYouTubeで検索をかけることによって、ほとんどの疑問を解決することが可能です。

もし「動画編集ソフトに悩みを感じている」「動画編集ソフトに迷っている」と感じている方は、体験版を利用することで、悩みを解決することができますよ。

\体験版はこちら/