After Effectsの無料テンプレートとは?メリットやおすすめのサイトを紹介

動画編集をしている方のなかにはAfter Effectsを使ってみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

After Effectsは映像自体の加工を得意とするアプリケーションで、難易度は高い部類に属します。しかしテンプレートを利用することで簡単にハイクオリティな動画を作ることも可能です。
今回はAfter Effectsの概要や無料テンプレートについてご説明します。

After Effectsとは?

After EffectsはAdobe社が提供するアプリケーションです。

Adobe Premiere ProやAdobe Creative Cloudのアプリケーションを使っている方にはお馴染みかもしれませんが、まずはAfter Effectsの全体像を把握しましょう。

After Effectsの概要

After Effectsは映像の加工を得意としています。

たとえば3D映像やアニメーション、モーショングラフィックスがその代表例です。CGなどもAfter Effectsの得意領域であり、Adobe Premiere Proでは表現できない高度な映像表現を実現します。

一方でAdobe Premiere Proで行うような長時間の動画の編集には向いていません。

クリップをカットしてつなぎ合わせるといった作業はAdobe Premiere Pro、動画のオープニングや特定のクリップの強調などはAfter Effectsで行うのが一般的です。

After Effectsは単一のクリップに複数のエフェクトを施すため、短時間でも大きな容量を必要とします。3Dや動いているものを自動で追従するモーショントラッキングはPCに大きな負担がかかるため書き出しにも時間がかかるのです。

書き出しが長時間に及んでしまうとPCのスペック次第では、エフェクトが破損したり書き出しが終わるまで1日かかったりすることもあるでしょう。

After Effectsを使う前にこのようなアプリケーションの使い分けを理解しておいてください。

After Effectsの使い方

After Effectsの操作はAdobe Premiere Proを普段使っている方からしても難しいと感じることがあります。

ここではAfter Effectsの基本的な用語や操作をご紹介しましょう。

①プロジェクトパネルにファイルを読み込む
まずはプロジェクトパネルにファイルを読み込むところからはじめましょう。

メニューバーの「ファイル」→「読み込み」からPCの中にあるファイルを選択してください。すると読み込まれたファイルがプロジェクトファイルのリストに並びます。
Adobe Premiere Proでは取り込んだファイルをメディアと呼びますが、After Effectsではフッテージと呼ぶので覚えておきましょう。

②コンポジションパネル/コンポジションを作成する
取り込んだファイル、つまりフッテージを使って編集をするにはコンポジションを作る必要があります。

コンポジションはAdobe Premiere Proのシーケンスに近いものです。メニューバーの「コンポジション」→「新規コンポジション」を選択するとダイアログボックスが表れます。
コンポジション名、プリセット、フレームレートの選択が終わるとプロジェクトパネルにコンポジションが作られます。

③タイムラインパネル
フッテージをドラッグ&ドロップをするとタイムラインにフッテージが並びます。

この工程はAdobe Premiere Proに近いです。フッテージを全てタイムラインに並べたら、いよいよ動画の加工に取り掛かることができます。
またタイムラインに並べたフッテージは、レイヤーと呼ばれ、このレイヤーを調整することで文字を自在に動かすような編集を施すことができるのです。

④エフェクトパネル
エフェクトパネルは、使用可能なエフェクトが格納されている場所になります。

ここから適用したいエフェクトを選択し、コンポジションパネルにドラッグすることで効果の反映が可能です。この点もAdobe Premiere Proに似ています。

編集画面はメニューバーのウインドウから設定でき、自分が使いやすいようにアレンジすることができます。

編集中はエフェクトを選択したり、テロップを入れたりいろいろなパネルにアクセスしなければいけません。少しでも効率の良い編集環境を整えましょう。

After Effectsの価格

After Effectsはサブスクリプション型のサービスです。支払いプランは以下のとおりです。

プラン 料金
年間プラン(月々払い) 2,728円/月
年間プラン(一括払い) 28,776円/年
月々プラン 3,828円/月
はじめてAfter Effectsを触る方であれば、学習するのに数ヶ月はかかるでしょう。長期的に利用することを考えれば年間プランの購入がおすすめです。

またAdobeの他のアプリケーションを利用できるコンプリートプランの料金は以下です。

プラン 料金
年間プラン(月々払い) 6,248 円/月
年間プラン(一括払い) 72,336 円/年
月々プラン 9,878 円/月
基本的な料金は上記の通りですが、さらに格安で買う裏技については下記の記事で解説しています。
あわせて読みたい
After Effectsを最も安く買う方法は?一般価格を比較して解説
After Effectsを最も安く買う方法は?一般価格を比較して解説 After Effects(アフターエフェクト)って何? After Effects(アフターエフェクト)の価格はいくら? After Effects(アフターエフェクト)を安く買う方法が知りたいこん...

After Effectsの無料テンプレートとは?

After Effectsは高度な編集が可能な分、高い編集技術を必要とします。

しかし無料テンプレートを使うことで簡単に映像加工をすることが可能です。
ここからはAfter Effectsの無料テンプレートについてご説明しましょう。

After Effectsにおけるテンプレート

After EffectsのテンプレートはAfter Effectsに取り込むことによって利用できます。

テンプレートファイルはすでにプロのクリエイターが作り込みをしており、自分が使用したいテキストや画像をはめ込むだけでハイクオリティな映像が出来上がるのです。

テンプレートとプリセットの違い

テンプレートは、表現に必要な素材、演出に必要な全ての加工が施されたものを指します。

一方で、特定のモーションや効果など素材の一部に適用するものがプリセットです。

前述したようにテンプレートはクリエイターが事前に作り込んだものにテキストを入れ込んだり、画像を挿入することで映像ができ上がります。プリセットはテキストを入れるだけで完成するものではなく、素材に対して使用するものですのでここが両者の違いと言えるでしょう。
プリセットはAdobe Premiere Proで使用されるディゾルブやクロップのオリジナル版と捉えると理解しやすいです。

After Effectsで無料のテンプレートを使う方法

After Effectsでテンプレートを使用するためには、インターネット上で配布されているものをPCにダウンロードしAfterEffectsに読み込むことで利用できます。

一般的にAfter Effectsのテンプレートは有料であることが多く、価格は5,000円〜10,000円くらいが相場です。
ただ無料のものも配布されているので理想のテンプレートが見つかったらぜひダウンロードしてみてください。

After Effectsの無料テンプレートのメリット

ここからはAfter Effectsの無料テンプレートのメリットについてご紹介します。

メリットとしては初心者でもクオリティの高い動画を作れること、時短できること、コストの削減などが挙げられるでしょう。

動画編集初心者でもクオリティの高い動画の作成が可能!

無料テンプレートの最大のメリットは、動画編集の初心者でもハイクオリティな動画を作ることができる点です。

After Effectsは操作が難解で、作りたい映像があっても実現するまでには多くの時間を要します。技術的な向上を目指すのであれば、自分で一から作り上げた方が良いですが、すぐに動画のクオリティを上げたい方はテンプレートを利用してみてください。

テンプレートの配布サイトで素材をダウンロードし、After Effectsへ取り込み、テキストや画像を挿入する単純な作業ですので自分で作るよりも遥かに簡単です。

もちろんAfter Effectsに関する最低限の知識は必要ですが、テンプレートを使うことでAfter Effectsの基礎も学ぶことができるでしょう。

時短につながる

テンプレートはすでに素材が作り込まれており、映像をこのようにして動かすといった設定が終わっています。

自分で細かな設定をする必要がありませんので、制作時間を大幅に短縮することができるでしょう。そもそも動画制作は時間がかかるものであり、5〜10分尺の動画でも10時間以上の編集時間が必要となる場合もあります。
カットやBGM、テロップの挿入だけでもかなりの時間を要しますから、映像加工の部分はAfter Effectsのテンプレートで対応することで効率よく動画を作ることができるでしょう。

コストが削減できる

無料テンプレートですので当然といえば当然ですが、コストの削減につながります。

After Effectsのライセンス料だけでも毎月費用がかかっていますし、有料のテンプレートは5,000円〜10,000円と高額です。
無料のものを見つけられれば、必然的にコストカットにつながるのです。

After Effectsの無料テンプレートダウンロードサイト

ではAfter Effectsの無料テンプレートを配布しているサイトを具体的にご紹介します。

こちらを参考にして理想の映像を作りましょう。

Motion Array

Motion ArrayはAdobe Premiere ProやAfter Effectsのテンプレートやプリセットを販売しているサイトです。

基本的には販売サイトですので大部分は有料ですが、無料プランに登録することで、いくつかの無料テンプレートがダウンロードできるようになります。
数は多くありませんが、テンプレートやプリセットの利便性を理解できますし、有名企業も使用しているため安全性も高いと言えるでしょう。

ROCKET STOCK by shutterstock

ROCKET STOCK by shutterstockでは、AfterEffectsのテンプレートや映像素材を販売しています。

ROCKET STOCK by shutterstockのトップページに「FREEBIES」という項目がありますので、こちらから無料テンプレートを探すことが可能です。
約30点ほどの素材が配布されているので自分に理想に近いものを見つけてみてください。

Motion Elements

Motion Elementsはアジアを中心に展開する映像素材のマーケットプレイスです。

AfterEffectsに限るとMotion Elementsでダウンロードできる無料のテンプレートの数は少ないですが、週ごとに無料素材を提供しています。
素材もロイヤリティフリーですので、安心して利用することができます。

After Effectsの無料テンプレートを探す際の注意点

After Effectsの無料テンプレートの数はあまり多くありません。

クリエイターが仕事として作成しているものですからその大半が有料で販売されています。そのため自分が欲しいテンプレートがないこともあり得るのでその場合は自分で作成するしかないでしょう。

また海外サイトも多く日本語に対応していないケースもあります。

意図せず有料会員になってしまったり、安全性の低いサイトでダウンロードをしたりしないよう注意が必要です。

After Effects無料テンプレートが役立つ場面

After Effectsの無料テンプレートは短い時間のムービーに適しています。

また時短のメリットもありますので、納期のある映像制作にも役立つでしょう。

YouTubeのオープニングやエンディング

YouTubeのオープニングやエンディングには視聴者を引きつけるようなインパクトが必要です。

After Effectsの無料テンプレートを使えば、既存のエフェクトを施した動画よりも遥かに見栄えの良い映像を作ることができるでしょう。
また使い回しができるので、毎回作り込む必要がありません。更新頻度が重要な業界において大きなメリットになるはずです。

結婚式の余興やプロフィールムービー

結婚式の余興やプロフィールムービーは納期を指定されますので、編集まであまり時間が取れないケースも多いでしょう。

また結婚式のムービーは新郎新婦はもちろん、親族など多くの方が見るものです。After Effectsの無料テンプレートを使えば短時間でもクオリティの高い動画が作れますので、今後制作の予定がある方は活用してみてください。

After Effectsの無料テンプレートはハイクオリティな動画を実現

After Effectsの無料テンプレートを使えば、編集経験が乏しくても短時間で質の高い動画を作ることができます。

流通している数こそ少ないですが、一度試してみてはいかがでしょうか。使い勝手がよければ有料版に登録することもできるので、合わせて検討してみてください。

最後になりましたが、本メディアでは動画編集に関する情報から、動画編集スクール・撮影機材・無料動画(VOD)に関する情報まで幅広く発信しています。
あわせて読みたい
おすすめ動画編集スクール12選!初心者向けや無料の学校も紹介
おすすめ動画編集スクール12選!初心者向けや無料の学校も紹介ITやネットなどの発達のおかげで、以前よりも動画を自由に投稿できるようになりました。そして動画の作成や編集を仕事にする人も増えています。特に有名な存在がYouTube...
こちらの記事も是非確認してみて下さいね。
よかったらシェアしてね!