After effects

After EffectsをPremiere Proに連携させる方法は?Dynamic Linkのやり方を紹介

premiere proで動画編集はできるようになったけど、もっとかっこいい動画を作りたい…

有名YouTuberのような、おしゃれなオープニングや動画と動画のつなぎをかっこよく編集したいときありませんか?

after effectsを使うとオリジナルのエフェクトやアニメーションを作成することができ、更に良質な動画を作成することができます。

今回は、after effectsをpremiere proに連携させる方法や、実際に使えるおしゃれなエフェクト・アニメーションなどを解説していきます!

After effectsとは?

after effectsとはAdobe社が提供する、映像のデジタル合成やモーション・グラフィックスなどを目的としたソフトです。

基本的にpremiere proと連携させて、エフェクトを作成してより高度な動画を作成します。

after effectsでも簡単な動画編集が行え、premiere proでも簡単なエフェクトを作成することができるので、混同する人が結構います。

まず初めに役割の違いをご紹介していきます。

Premiere Proとの違い

after effectsは映像自体の編集に最適なソフトで、premiere proは複数の映像をまとめる際に使用するソフトです。

動画作成の流れとしてはこのようになります。

  • ①元になる動画を複数撮影
  • ②複数の動画をafter effectsを用いて編集
  • after effectsで編集した動画をpremiere proを使って繋ぎ合わせて1本の動画にする

なので、premiere proで個々の映像の編集やエフェクト作成であったり、after effectsで1本の動画を作成するのは不向きなので、注意しましょう。

after effectsの役割は映像自体の編集、premiere proは複数の映像をまとめる。

After Effectsの連携方法

では、実際にafter effectsとpremiere proの連携方法をご紹介していきます。

いくつか方法がありますが、今回はダイナミックリンク(Dynamic Link)という方法を用いて連携させていきます。

流れとしてはこのようになります。

  • premiere proに調整レイヤーを作成
  • 作成したレイヤーにafter effectsコンポジションに置き換える
  • after effectsが開いたら、調整レイヤーを削除する

この連携方法が一番楽で、応用がききます。

調整レイヤー?after effectsコンポジション?

ダイナミックリンクについては動画の方がわかりやすいので、こちらを参考にしてみてください!

After Effectsの使い方

連携させたのはいいけど、after effectsってどうやって使うの?

連携が終わりましたら、after effectsの使い方についてはこちらの動画を参考にしてください!

28分という少し長い動画となりますが、基本的なafter effectsの使い方や文字のエフェクト作成方法について細かく解説されています。

基本的な操作になれましたら、かっこいいエフェクトやアニメーションを作成してみましょう!

After Effectsを使ったアニメーション・エフェクト8選+α

after effectsでエフェクト作れるのは知っているけど、実際どんなのが作れるのかな…?

今回は、after effectsを使ったアニメーション・エフェクトをご紹介していきます!

アニメーション1「テロップが燃えるエフェクト」

テロップがメラメラ燃えているエフェクト。YouTuberが火を使っているときなどに使用することで、危険なことが文字でも伝わることができます。

この燃えるテロップの作り方は、こちらの動画を参考に作成してみて下さい!

アニメーション2「かっこいいテキストアニメーション」

基本的にpremiere proでテロップを入れますが、after effectsでテキストをいれ、更におしゃれなアニメーションを入れると、一気にプロが作ったような動画になります。

今回紹介するアニメーションは、文字の型が最初にでき、ゆっくりと色が塗られます。

文字で説明するより動画の方がわかりやすいので、こちらの動画を参考にしてください!

最初の自己紹介やオープニングなどに使うと動きのあるおしゃれなテロップになります。

アニメーション3「ホログラムエフェクト」

実はこの画像の魚は、after effectsを使って作成しています!after effectsを使えばホログラムも作成することができます。

作り方はこちらを参考にしてください!

40分以上の解説動画で、正直初心者にはかなり難しいです。まずはこちらの動画を元に模写をして、そこからアレンジしてみてください。

アニメーション4「スマホホログラム」

先ほどのホログラムが作れるようになりましたら、次はスマホからホログラムが発生し、スクロールするとホログラムの一緒に動くようなエフェクトを作成してみましょう。

解説動画はこちらになります。

こちらのエフェクトは先ほどのホログラム動画より長く、1時間以上と更に難しくなっています。

是非挑戦してみてください。

アニメーション5「浮き出ているようなアニメーション」

光と影をafter effectsで作成して浮き出るようなテロップにする方法です。

24分と比較的短めに作成することができます。音楽のPVを作成する際に、歌詞の表示をこちらのエフェクトを使うとおしゃれになります。

アニメーション6「線が変形して文字になるアニメーション

線が変形して文字になるアニメーション…?

こちらのアニメーションも文字だとイメージがつきにくいので、こちらの動画を参考にしてください。

テキストアニメーションの中でもYouTubeのオープニングや名前の表示の時に使えそうです。

こちらも28分と比較的作りやすいので、是非試してみてください。

アニメーション7「SFシェイプアニメーション」

SFの世界でもありそうなアニメーション。動画の繋ぎ目やオープニングなどにも使えます!

是非作成してみてはいかがでしょうか。

アニメーション8「リアルなネオンサイン」

お店などでもよく見かけるネオンサインも、after effectsを使えば作成することができます。

ですが、かなり難易度が高くなっています。こちらの動画も1時間以上となっています。

番外編①「ワンクリック!グリーンバック無しで背景を消す方法」

実はafter effectsを使えばグリーンバック無しで背景を消すことができます。

実写で撮影する際にこのテクニックを使えればどこでも同じような撮影をすることができます。

番外編②「premiere proで作れるフリーズエフェクト(Freeze Effect)」

基本的にpremiere proは簡単なエフェクトしか作ることができません。

ですが、こちらのフリーズエフェクト(Freeze Effect)はおしゃれでテレビドラマのオープニングなどでもよく使われるエフェクトとなっています。

こちらのエフェクトは、after effectsで作成するエフェクトより簡単に作成することができ、YouTubeのオープニングなどに使うとより一層おしゃれな動画になります。

After Effectsの料金

エフェクトやアニメーションを作成するソフトって、高そう…

実は、after effectsの料金は他のAdobe社のソフトと同じ料金となっています。(Photoshopのみ月額980円)

こちらが料金表となっています。

プラン名 料金 月にかかる金額
年間払いプラン(一括) 26,160円/年 2,180円/月
年間払いプラン 29,760円/年  2,480 円/月
月々払いプラン 41,760円/年  3,480 円/月

基本的にYouTubeのためにafter effectsを使う場合はpremiere proやサムネイル作成のためにPhotoshop・Illustratorなどを利用することが多いです。

Adobe社のソフトを3つ以上使う場合は「Creative Cloudコンプリートプラン」がおすすめです。

Creative CloudコンプリートプランにするとAdobe社が提供する全てのソフトを利用することができます。

プラン名 料金 月にかかる金額
年間プラン(一括) 65,760円/年 5,480円/月
年間プラン 68,160円/年 5,680円/月
月々プラン 107,760円/年 8,980円/月

料金は単体よりも高くなりますが、3つ以上のソフトを使用する場合はお得になります。

また、学生の場合は学割が適用され、料金がこのようになります。

プラン名 料金 月にかかる金額
年間プラン(一括) 23,760円/年 1,980円/月
年間プラン 23,760円/年 1,980円/月

1つのソフトを購入するよりも安く、全てのソフトを使用することができます。

しかし、学割は2年目から料金が変動します。

プラン名 料金 月にかかる金額
年間プラン(一括) 35,760円/年 2,980円/月
年間プラン 35,760円/年 2,980円/月

こちらが2年目の料金になります。1,000円値上がりしますが、それでも圧倒的に学割が効いている方がお得です。

また、中学生から大学生まで学割を利用することができます。

学割についてのお問い合わせは具体的な内容はこちらから確認することができます。

学生の場合はCreative Cloudコンプリートプラン一択

まずは無料体験版でAfter Effectsを使ってみよう

学生は安く使えるからいいけど、大人は一番安いプランでも5,480円もするのか…

実はAdobe社のソフトは全て1週間無料体験期間があります!

体験版は学生や大人関係なく使うことができ、更に製品と同等のサポートを受けることができます!

しかし、体験版では商法的に利用してはいけない、など規約があります。

詳しくはこちらを参考にしてください!

まとめ

今回はafter effectsの連携方法・使い方・実際に使えるエフェクトなどをご紹介いたしました。

まとめてみるとこのようなことがわかりました。

  • after effectsは映像自体の編集に最適なソフトで、premiere proは複数の映像をまとめる際に使用するソフト
  • 「ダイナミックリンク」という方法を用いてpremiere proに連携させる
  • YouTubeの動画編集をする方や学生は、Creative Cloudコンプリートプランががおすすめ。

是非、after effectsをpremiere proに連携させて、有名YouTuberのような動画を作成してみてください!