動画編集ソフト

Final Cut Proを無料で使用する方法とは?無料で使えるプラグインも紹介

自宅で過ごす時間が増え、新たなことに挑戦しようという方が増えてきています。

その中で趣味として、または副業として動画編集を始めようとしている方もいますよね。

Macユーザーの方は、動画編集を始める際にiMovieかFinal Cut Proが候補に上がるでしょう。

本記事では、両者の違いを解説し、Final Cut Proの機能などの詳細を説明していきます。

まずは無料で試してみたいという方にもFinal Cut Proをおすすめする理由も紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

Final Cut Proとは

まず最初にFinal Cut Proがどんなソフトなのか、について解説していきます。

Final Cut Proとは、Mac限定の動画編集ソフトです。

デフォルトで搭載されている無料ソフトの「iMovie」の上位ソフトと考えると分かりやすいです。

使用できるOSはMacのみになりますが、世界一ユーザー数が多いソフトと言われています。

幅広いユーザーに支持されているのには理由があり、その最も大きな理由はシンプルかつ豊富な機能にあります。

直感的な操作ができ、初心者でも慣れさえすれば簡単に動画を作ることが可能です。

また、豊富な機能が搭載されており、質の高い編集が可能です。

機能について

機能についてはAdobe社の「Adobe Premiere Pro」と比較されることが多いですが、その機能は負けていません。

標準装備されているテンプレートの数やカット編集などの操作速度の違いはあるものの、基本的な編集や加工の機能はFinal Cut Proでもカバーできます。

また、編集の気軽さという点でもFinal Cut Proは優れており、編集画面がシンプルで直感的な操作が可能という点が、最も特徴的です。

iMovieで編集作業をしたことがある方であれば、抵抗なく作業することができます。

エフェクトやカラーグレーディングなど、無料ソフトには無い機能もあるので完璧に使いこなすのには多少の時間はかかりますが、すぐ慣れるので安心して下さい。

初見の方でもある程度の操作ができてしまう上に、追求していけば高度の編集も可能なほど機能は充実しています。

iMovieとFinal Cut Proの違い

無料ソフトのiMovieと有料ソフトのFinal Cut Proには大きく分けて3つの違いがあります。

  • 自由度の違い
  • エフェクトの種類
  • レイヤーの枚数

以上の3点です。

同じAppleが提供するソフトなので、操作が似ている部分はもちろんありますが、実際にできる編集作業の内容に差があります。

1つずつ見ていきましょう。

自由度の違い

Final Cut Proでの編集作業は、圧倒的に作業の自由度が増します。

iMovieだとテロップやタイトルが固定の位置にしか入れられず、移動することができません。

構図の関係で、画面の下の方にテロップを入れたい時もありますよね。そんな時にテロップやタイトルを移動できないことにストレスを感じる方もいるはず。

また、Final Cut Proではフォントの加工ができるので動きをつけたテロップ作成が可能です。

文字の大きさを変えたり、デザインを変えたりすることができるので動画のクオリティを一段とあげることができます。

エフェクトの種類

エフェクトの種類でも差が出ます。エフェクトとは、画像の色味を変えたり変形して見え方を変えたりする効果のことです。

iMovieではエフェクトがかなり限定的なので、初歩的な編集や簡易的な編集がしたい方向けのソフトになります。

しかし、編集に慣れてくると物足りなさを感じてきます。

この場面は「強調したい」「変化をつけたい」という際にはエフェクトが活躍します。

よりオリジナリティを出した動画を作りたいという際には、エフェクトが豊富なFinal Cut Proがおすすめです。

レイヤーの枚数

レイヤー(重ねられる素材の数)にも違いが出てきます。同じ場面でイラストや別の画像を挿入したい時には、複数の素材を同時に重ねる必要があります。

その作業がiMovieではできず、Final Cut Proでは無制限に重ねることができます。

動画編集に慣れた方の編集画面を見ると、レイヤーの枚数の多さに驚きます。

高度な編集に慣ればなるほど、自然とレイヤーの枚数が増えていく印象です。

なので、後々のことを見据えてFinal Cut Proを導入するのも選択肢の1つとして考えてみてください。

Final Cut Proをおすすめする理由

動画編集ができるソフトは多数ありますが、その中でFinal Cut Proをおすすめする理由をお伝えします。

有料のソフトなので、購入の決め手となる理由があれば迷わず買えますよね。

動画編集ソフトを選ぶ際の判断基準として参考にしてみて下さい。

コストが低い料金設定

Final Cut Proは、買い切りのソフトなのでコストを抑えられます。

サブスクリプションだと毎月支払いが発生する為、ソフトを使っている限り料金を支払い続けなければならない為負担が大きく感じますよね。

その点買い切りは初期費用のみで済む為、シンプルで分かりやすいです。この料金面の特徴は、Premiere Proと比較する際に挙げられる違いの1つでもあります。

3万円以上する価格なので、一見高く感じますが一度購入したらずっと使えると考えればそれほど高い金額では無いはずです。

長期的に動画編集をやっていくなら断然買い切りのFinal Cut Proがおすすめです。

別のパソコンでも使える

使用可能なOSはMacに限定されるますが、他のパソコンでも使用可能です。

同じApple IDであれば他のMacでもインストールして使用することが可能です。

例えば、パソコンを買い換えたいという時に便利ですね。新しくMacを買い換えたい場合でも、追加料金無しで利用することができます。

作成したデータの移行も行える為、作業途中のデータも移行することも可能です。

詳しい移行方法については、公式ホームページで紹介されているのでそちらをご覧ください。

Final Cut Proユーザーガイド

機能を拡張することができる

もっと機能を充実させたいな、という時はプラグインで機能を拡張することが可能です。

追加料金を払って買う必要がありそうですが、無料のプラグインが多数あります。

もちろん、必要な場合は有料のプラグインもあるので自分が使いたいものを必要に応じてインストールすることも可能です。

海外サイトで配布されているものが多いですが、簡単に追加することができます。

使用方法やインストールの手順を紹介してくれている動画もあるので、簡単にできますよ。

参考に解説動画を載せておきますね。

また、無料テンプレートも充実しているので元々備わっているテンプレートだけでも納得のいく編集が十分できます。

デフォルトで搭載されているテンプレートだけでもかなりの数があるので、まずは一通り試してみましょう。

全て試すだけでも結構な作業量が必要になりますが、機能を使いこなすだけでも編集の幅が広がります。

編集をしていく過程で、「こんな機能あったらいいな」や「こんなエフェクトが欲しい」と感じた際にプラグインを追加すると理想の編集に近づくことができます。

自分が好きなクリエイターやYouTuberの映像を真似してみると、映像制作の練習にもなるのでおすすめです。

Final Cut Proを無料で使用する方法

有料ソフトのFinal Cut Proですが、無料で使用する方法があります。

実際に使用感を試してから購入したいという方におすすめの方法です。

また、この方法はどなたでも利用できる方法なのでFinal Cut Proの購入を考えている方は参考にしてみてください。

これは、Appleの公式ホームページで案内されている方法で、ネット記事でたまに見かける違法なダウンロード方法では無いので安心して下さい。

Final Cut Proを無料で体験する方法

公式のホームページから、無料体験版を利用することができます。

実際に無料体験版を自身のパソコンにインストールすることで、Final Cut Proを無料で体験することができます。

まず、Apple公式ホームページにアクセスし、「フリートライアル」もしくは「Final Cut Proを無料で試す」からダウンロードページに飛びます。

すると、名前とメールアドレスを入力する画面が出てきますので、入力をしダウンロードボタンを押します。

これで体験版のダウンロードが開始されます。

実際にダウンロードが完了するとソフトを使用することができますが、体験版には利用できる期間が決まっています。

90日間という期間が設定されている為、その期間内で無料体験をすることができます。

アプリ起動時に残り日数が表示されるので、ここで自分があと何日間無料版を使用できるのか確認しましょう。

無料体験期間が終わったら、もしくは途中でも有料版の購入に進むことができます。気に入った方は有料版を購入してください。

Final Cut Proの無料版でできること

無料版でできることは、動画素材の読み込みから動画の書き出しまで全ての編集作業を行うことができます。

90日間もの体験期間が設けられている為、一連の操作方法は習得できてしまうことでしょう。

最初から最後まで編集作業が体験できる点は、無料とは思えないほど嬉しい特典ですよね。

有料版と無料版の違い

有料版と無料版とで機能の違いはありません。

無料版でも機能の制限なくソフトを使用することができます。

実際に購入を考えている方にとっては目から鱗のサービスですよね。

この期間を利用して、このソフトが実際に自分に合っているのか否かを判断するのには十分すぎます。

少しでも購入を悩んでいる方は、ぜひ利用してみてください。

無料で使用する際の注意点

Final Cut Proの無料体験には、90日間の期限があります。

以前は30日間でしたが、今は90日間に期間が延長されています。

しかし、この無料体験期間は一度しか利用できない為注意が必要です。

再度体験版をいインストールしようとしてもできません。

一度とはいえ、3ヶ月間もソフトを利用できるのですから、十分すぎる特典ですよね。

Final Cut Proの料金・価格

購入時期によって、為替の影響で変動することもありますが、買い切りで36,800円です。

MacにはデフォルトでiMovieが入っているので、この価格は高く感じる方もいることでしょう。

しかし、他の動画編集ソフトの価格と比較するとかなりお得です。

例えば、Premiere Proは月額制なので、長期的に使用するのならばFinal Cut Proの方が安く済みます。

Final Cut Pro Premiere Pro
価格 ¥36,800 ¥2,480/¥26,160
支払い 一括 月々/年間一括
OS Mac Windows/Mac

Final Cut Proで使える無料のプラグインとは

Final Cut Proでは、プラグインを利用して機能を拡張することができます。

元々入っているテンプレートでできないようなおしゃれな表現やアニメーションが追加できたりします。

例えば、下記のような映像もプラグインを使うことで表現が可能になります。

他にも、無料で使用できるトランジションもあるので普段と違った映像を作りたい方は利用してみてください。

まとめ

Final Cut Proをおすすめする理由から、無料で使う方法・プラグインを紹介しました。

  • 90日間の無料体験が可能
  • 無料期間中の機能制限は無い
  • 買い切りの為長期使用の方には割安
  • 元々機能が充実していてプラグインでさらに拡張可能

まずは無料体験で実際の機能を体験してみてはいかがでしょうか。

Final Cut Proの購入を考えている方は、参考にしてみてください。