Premiere Pro

Premiere Proで使用可能な無料テンプレートは?おすすめや注意点についても解説

有名YouTuberのようなオープニングにしたい
もっとおしゃれなエフェクトを使って質の高い動画にしたいけど、作るの大変…

実はAdobe Premiere Proには無料でテンプレートが何種類もあり、有名YouTuberのようなオープニングやエフェクトが簡単に作成することができます。

今回は、premiere proで使用可能なテンプレートやエフェクト、使用する際の注意点などを徹底解説していきます。

Premiere proで使えるテンプレート配布サイト3選

premiere proで使えるサイトを3つご紹介していきます!

今回紹介するサイトはこちらです。

「mixkit」

こちらのサイトは動画素材テンプレートやBGMなどを登録不要で無料配布しているサイトになります。

また、mixkitは商用利用可能なので、YouTubeを始める方はぜひ利用してみてください!

mixkitって海外のサイトなのか。英語読めないから使えない

premiere proのテンプレートを配布しているサイトは基本的に英語です。

海外サイトを日本語に翻訳する方法をご紹介します!

海外のサイトを日本語に翻訳する方法

実は海外のサイトでマウスの右クリックを押すと「日本語に翻訳」という選択が出てきます。

どの海外のサイトでも翻訳されますが、機械が翻訳をしているのでたまに日本語がおかしくなります。

翻訳のおかげでダウンロードはできそうだけど、どうやってmixkitを使うのかわからない

mixkitの使い方についてはこちらの動画を参考にしてみてください!

 

「ROCKESTOCK」

こちらのサイトも無料でpremiere proのテンプレートを登録不要で無料配布しているサイトになります。

こちらのサイトは無料で使えるテンプレートが決まっており、先に全てダウンロードしてその中から選択する、といった仕組みになっています。

こちらのサイトも英語表記なので、是非日本語に翻訳して使ってみてください。

使い方についてはこちらの動画で解説しているので、参考にしてください!

「Motion Elements」

こちらのテンプレート配布サイトは日本のサイトで使いやすいです。

YouTuberもMotion Elementsを使ってオープニングやテロップなどを作成しています。

今回はこちらのサイトでよく使われている無料・有料テンプレートを3つご紹介していきます!

Mini Glitch Pack Free

こちらは無料で使用することができるグリッチパックです。

6つのトランジション・3つのロゴ・3つのタイトル・8つの効果音・26の要素を無料でダウンロードすることができます。

無料でもかなりおしゃれなエフェクトがあり、YouTube初心者の方にはこちらがおすすめです!

エモーションアイコンパック Vol.1

こちらのテンプレートは「怒り・悲しみ」などの感情を可視化したエモーションアイコンパックとなっています。

感情を言葉だけでなく、このようなアイコンを使用することで視聴者にも伝わりやすいです。

こちらのパックは有料で、2,340円です。

シェイプトランジション45種パック

こちらのテンプレートはシェイプトランディションとなっています。

映像の繋ぎ目に使うと、一気に有名YouTuberのようなおしゃれな動画になります。

こちらも有料で、2,340円となります。

Premiere proでよく使われているおすすめテンプレート・エフェクト

配布サイトは分かったけど、テンプレートが多すぎて何を使えばいいかわからない…

今回は先ほどご紹介したテンプレート配布サイト「mixkit」「ROCKESTOCK」「Motion Elements」の中からよく使われるテンプレートをご紹介します!

是非参考にしてみてください。

mixkit

まずはmixkitでよく使われるエフェクトを7つご紹介していきます!

3Dスピン遷移

画面がぐるっと回り、その間に他の映像に切り替えるエフェクトで、よく動画の繋ぎ目に使われます。

マルチサークル遷移

こちらはいくつかの円とぼかしで画面を歪ませ、次の画面と移行させるエフェクトとなっています。

静的遷移

デジタルな歪みが発生して、画面が切り替わるといったエフェクトになります。

こちらも動画の繋ぎ目などによく使われます。

カラフルな移行

こちらは先ほどの移行より色がついていてカラフルになっています。

場面や風景に合わせたエフェクトを使用してみてください!

シェイプされたアニメーションの終了画面

こちらはYouTubeで使われる、動画の終了画面の移行に使われるエフェクトとなります。

そのまま話している画面で終了するより、エフェクトを使う方がより質の高い動画になります。

バブル通知購読ボタン

こちらは、チャンネル登録や通知をオンにしてほしいによく使われるエフェクトとなります。

YouTubeで有名になるには「チャンネル登録」は絶対条件です。こちらのエフェクトを使えば耳でなく目でも登録してほしいことを伝えれます。

是非活用しましょう。

フラッシュのような購読ボタン

こちらは先ほどのエフェクトにいいねボタンが追加されているエフェクトとなっています。

動画を伸ばすには「いいね」が欠かせません。是非こちらも利用してみてください!

ROCKESTOCK

ROCKESTOCKは、無料のテンプレートが1つのパックに入っているため、そちらしか使うことはできません。

是非ダウンロードして、自分に合ったエフェクトを使用してみてください!

Motion Elements

Motion Elementsは基本的に複数のエフェクトがまとめられて1つのパックとして販売されていることが多いです。

その中でもおすすめなのが無制限定額プランです。

こちらは月額2,150円と有料ですが、200万以上の素材を自由にダウンロードすることができ、エフェクトだけでなくBGMや画像なども取得することができます。

YouTubeで生計を立てる方はぜひ利用してみてください!

無料でエフェクトを利用したい場合はmixkitをおすすめします。

Premiere proで使える無料テンプレートの挿入・編集方法

では、実際にpremiere proを使ってダウンロードしたエフェクトを挿入する方法を解説していきます!

実は3ステップで簡単に行うことができます。

  • ①ダウンロードしたフォルダーを開く
  • ②プロジェクトにエフェクトをドラック&ドロップ
  • ③プロジェクト内にあるエフェクトを適用したい動画にドラック&ドロップ

これでエフェクト完了です。

文字だとわかりにくい方は、是非こちらの解説動画を参考にしてください!

Premiere proで無料テンプレートを使う際の注意点

使い方わかったし、今すぐダウンロードして動画に適用しよっと

実はpremiere proで無料テンプレートを使い際に気を付けるポイントが2つあります。

実際に使う前に注意点を押さえておきましょう。

色んなエフェクトを使いすぎる

確かにかっこいいエフェクトを適用されると一気に質の高い動画になります。

ですが、やたらめったら使うと逆に視聴者からすると動画が見にくくなり、動画の質が落ちます。

統一感があると動画としてのまとまりが良いので、できれば2つ以内、多くても3種類までがおすすめです。

動画に適しているエフェクトなのか

自然の動画を撮っているのに、動画の繋ぎ目を静的遷移にすると急にデジタルになり動画として統一感がありません。

無理にエフェクトは使う必要はありません。その動画のコンセプトに合っているものを使いましょう。

ジャンルとしては、「自然・料理・商品紹介系」はあまりおすすめしません。

逆に「ゲーム・企画系」などはエフェクトを使うとかっこいい・おしゃれな動画になります。

Premiere proの無料テンプレートと有料テンプレートの比較

「mixkit」「ROCKESTOCK」「Motion Elements」の3つのサイトの無料テンプレートと有料テンプレートを徹底比較します!

無料のテンプレート

mixkit

mixkitでは全ての音楽・エフェクトなどが無料で使用することができます。

premiere pro用だけでなくYouTube用のエフェクトなどもあるので、YouTubeを始める方にはおすすめです。

ROCKESTOCK

ROCKESTOCKは、無料で利用できるのは最初に紹介したテンプレートパックしかありません。

Motion Elements

Motion Elementsは無料でも4000種類以上のエフェクトや背景画像などを使うことができます。

有料のテンプレート

mixkit

mixkitは先ほど説明した通り、全て無料で使用することができます。

基本的にエフェクトテンプレートはmixkitのみで問題ありません。

ROCKESTOCK

ROCKESTOCKは有料だと様々なエフェクトを使うことができます。

ですが、ROCKESTOCKは海外のサイトなのでドルで購入しなければなりません。

Motion Elements

Motion Elementsは有料版だとpremiere proや after Effectsのテンプレート、画像やBGMなど200万種類の素材を使うことができます。

お金に余裕のある方は「mixkit+Motion Elements有料版」という組み合わせがおすすめです。

基本的にはmixkitのみでOK

まとめ

今回はpremiere proで使える無料テンプレートをご紹介しました。

最後になりましたが、Adobe Premiere Proは動画・映像制作の現場から、有名Youtuberの動画編集まで、幅広い分野使われています。

何より利用者が多いので、使い方に困った時GoogleやYouTubeで検索をかけることによって、大体の疑問を解決することが可能です。

もし「動画編集ソフトに悩みを感じている」「動画編集ソフトに迷っている」と感じている方は、体験版を利用することで、悩みを解決することができますよ。

\体験版はこちら/