フリーランスのデザイナーになるには?平均年収や仕事を見つけるコツを解説

フリーランスのデザイナーの経験が浅いけど、仕事を獲得することができるか不安。安定的に稼ぐにはどうしたら良いんだろう…?

こんな悩みに答えます。

フリーランスデザイナーを目指している、もしくはデザイナーとして活動しているものの「安定したデザイナーになる方法を知りたい」と感じている方は多いでしょう。
本記事では、フリーランスデザイナーの気になる年収や仕事の見つけ方を紹介します。

この記事を読むことで、現時点での実績が無くても、これからフリーランスデザイナーとしてい活動できることを知ることができますよ。

目次

フリーランスのデザイナーの基本情報

フリーランスのデザイナーの基本情報

フリーランスで活動するデザイナーとは、どのような職種で、どのような仕事をしているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

フリーランスのデザイナーとは

フリーランスデザイナーとは、デザインを仕事にしていて、会社や団体に所属せずに、企業と案件ごとに契約を結んで仕事をしている人のことです。

仕事内容としては、製品のパッケージ・ポスターのレイアウト・ロゴ・サイトデザインなど多岐に渡ります。近年ではWebデザイナーを目指す方は非常に多いです。
仕事に必要なスキルとしては、IllustratorやPhotoshopなどのAdobeソフトを活用することが多いでしょう。

デザイナーの種類や仕事内容

デザイナーと呼ばれている人の仕事は、様々な種類があります。

  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • テキストスタイルデザイナー
  • ゲームデザイナー
  • フラワーデザイナー
  • DTPデザイナー
デザイナーと言っても仕事内容は様々なため、ここでは代表的なデザイナーの仕事内容を2つを紹介します。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを手掛ける人のことです。

Webデザイナーはサイトのデザインだけではく、企画設計からシステム構築まで様々な仕事があります。必要なスキルは「HTML」や「CSS」などの、ウェブサイトを作成するための専門知識が求められます。
基本的なデザインの知識に加えて、Webに関する知識も必要になるでしょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、雑誌や新聞の広告・商品のパッケージのデザインなどの印刷物をデザインする人のことです。

ファッションデザイナーのようなセンスを売りにする仕事というよりは、クライアントの要望に合った案を提案する仕事になります。

グラフィックデザイナーはWebデザインではないので、印刷関連における知識が不可欠です。

デザインにおける知識は共通していますが、それぞれさらに専門領域があるということを知っておきましょう。

フリーランスデザイナーの平均年収

フリーランスデザイナーの平均年収

平成29年に厚生労働省が発表したデータによると、デザイナーの平均年収は439万円です。

全職種の平均年収は454万円だったので、デザイナーの平均年収は他の職業より少し低いということになります。

(参考:「厚生労働省 賃金構造基本統計調査」)

では、フリーランスになるとデザイナーの平均年収はどのようになるでしょうか?代表2つを紹介します。

フリーランスWebデザイナーの平均年収

フリーランスのWebデザイナーの平均年収は450万円前後です。

この結果から、デザイナーの平均年収よりは多い年収ですが、全職種の平均年収より少ないことが分かります。

しかしWebデザイナーといっても、仕事内容を細かく分類すると幅広いので、自分の請け負う仕事次第で収入が変わります。
経験年数やスキルレベルによって、年収1000万円以上になることもあるでしょう。

フリーランスグラフィックデザイナーの平均年収

フリーランスのグラフィックデザイナーの平均年収は約400万円です。

この結果から、全職種の平均年収、デザイナーの平均年収よりも少ないことが分かります。ただし、経験年数やスキルレベルで差が出るので、活躍次第ではもっと収入が高くなるでしょう。

フリーランスのデザイナーになる為の3つの方法

フリーランスのデザイナーになる為の3つの方法

デザイナーについて解説してきましたが、フリーランスのデザイナーになるには様々な方法があります。

本章では、フリーランスデザイナーになる方法を3つ紹介します。

企業に勤めてから独立する

特に未経験の場合は、会社に勤めてスキルを身に付けてから独立する方法が一般的です。

会社員になることで、お金を貰いながら知識やスキルを身に着けることができるため、安定した生活を送りながら勉強することができます。

さらにデザインだけではなく、自分の専門外の分野や営業も学ぶことができるので、フリーランスになった時の地盤を固めることができるでしょう。

会社に勤めるため、自分の嫌な仕事や、やりたくないこともありますが、フリーランスに転向するまでの辛抱と思い、会社でしかできない経験を多くすることが大切です。

クラウドソーシングで実績を上げる

自分の実績が無い場合は、クラウドソーシングサービスを利用して実績を作りましょう。

実績が無い人でも応募することができる為、これからフリーランスのデザイナーとして頑張っていこうと考えている人でも容易に挑戦することができます。

例えば、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスでは、登録者が多いため案件の数も多く自分の職種の案件も見つかる可能性が上がります。

最初は単価の低い案件など、自分の技量に合ったものに応募し、少しずつスキルを上げ、実績を作りましょう。

単価の低い案件でも、クライアントに気に入ってもらえると次の仕事の依頼が来たり、単価アップにも繋がります。
あわせて読みたい
副業におすすめのクラウドソーシングサイト8選!おすすめの職業・仕事も解説
副業におすすめのクラウドソーシングサイト8選!おすすめの職業・仕事も解説副業を始めようと検討している方の中には、クラウドソーシングサイトを利用しようかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。本記事では、クラウドソーシングサ...

SNSなどで知名度を上げて仕事を獲得する

次にSNSなどで知名度を上げて仕事を獲得する方法です。

フリーのデザイナーになりたい場合、SNSで知名度を上げると、そこから仕事が舞い込んでくることがあります。
  • 自身のデザインやロゴを発信する
  • デザインに関する知識を投稿する
  • フリーランスに関連する情報を発信する

上記はあくまで例ですが、継続的に発信することで固定の層のファンがついてくれたり、勉強になるアカウントだと思われてフォローされる確率が上がります。

デザインに関する需要は高いので、一見デザイナーにとっては当たり前だと思っていることでも周囲の人にとってはタメになる情報もあるでしょう。

コツとしては発信の内容に一貫性を持つことです。SNSを経由して案件を貰えることは多いので、是非試してみて下さいね。

フリーランスデザイナーが案件を獲得する3つの方法

フリーランスデザイナーが案件を獲得する3つの方法

フリーランスのデザイナーは自分で仕事を取りにいかないといけません。

仕事の見つけ方は1つではなく様々な方法があります。今回は3つの方法をご紹介します。

人脈を生かす

フリーランスは実力勝負な世界ですが、職種に関係なく人脈を広げておくと、自分の仕事に繋がるきっかけになります。

例えば交流会などに参加して、お互いの情報を交換しておきましょう。人脈を生かし手を組むことで、大きな仕事をすることができたり、相手が人手不足などで忙しい時に声をかけて貰えることが結構あります。

どんな形であれ、頂いた仕事をしっかりこなすと評価が上がり、より強い信頼に繋げることが可能です。信頼感が上がれば再度仕事をする機会が増え、新たな人脈にも繋がるでしょう。

人脈から人脈作り、仕事に繋がっていくので、1人ひとりの信頼関係を大切にすることが重要です。

見込み客に営業をかける

次は見込み客に営業をかける方法です。

営業と一言で言っても、闇雲に営業メールを送っても時間の無駄になります。そのため、見込み客に絞って営業をかけると良いでしょう。

見込み客とは、仕事のハブになっている業者のことで、広告代理店やWEB制作会社に連絡を入れると「単価が低い・忙しい」などの理由で断っていた案件を拾えることがあります。

営業のテンプレメールを作り、見込み客をリスト化したら一気にメールを送ってみると良いですね。

クラウドソーシングを利用する

最後にクラウドソーシングを活用する方法です。

営業することが苦手な人は、クラウドソーシングサービスを利用しましょう。クラウドソーシングの案件に応募して採用されると、営業することなく自分のスキルに合った仕事を見つけることができます。

初めの内は、実績が無いため単価が低い案件からになりますが、継続して仕事をしていくうちに信頼関係ができると、単価交渉をすることで収入を上げることが可能です。

さらに、クライアントの満足のいく成果物だった場合、リピートしてくれることもあるので、結果的に長期的な仕事の獲得に繋がる場合もあります。

デザイナーの案件を継続的に受ける3つのポイント

デザイナーの案件を継続的に受ける3つのポイント

フリーランスのデザイナーとして活動していく上で、継続的に仕事を獲得するには重要なコツがあります。

3つ紹介していきますので1つ1つ確認していきましょう。

納期を守る

1つ目は「納期を守る」という点です。

当たり前のことですが、納期には絶対に遅れないようにしましょう。提出期限に間に合わなければ、信頼が無くなります。誰だって約束を守れない人とは仕事をしたくありません。

納期が守れなかったら、次に仕事は来ないと思いましょう。

どうしても納期に間に合わない場合には、クライアントに事前に連絡をして謝罪の言葉と「間に合わないこと・いつまでだったら納品できるか」を詳しく説明することが大切です。

ポートフォリオサイトやSNSを充実させる

次に「ポートフォリオサイトやSNSを充実させる」方法です。

ポートフォリオやSNSが充実していることで、自分が営業をしなくても自分の実績や性格を知ってもらうことができるため、比較的簡単に仕事に繋げることができます。

ポートフォリオは自分の作品集。商売道具になるので、それほど凝ったものではなくて良いので、見た人に伝わりやすいものを用意しておきましょう。

具体的には、ポートフォリオサイトには、以下の情報を載せておくと親切です。
  • 自分の作品
  • 可能であれば作品のURL
  • 制作期間や目安の金額
  • 使用したもの(ソフト)や技術
  • 作品のコンセプトや込められた思い

さらに、ポートフォリオと合わせてSNSも使用すると、宣伝効果が上がります。

ポートフォリオサイトを作っただけだとアクセス数が上がりにくいですが、そこにSNSを掛け合わせると、身近な存在になることができ、継続的な仕事の依頼に繋がります。

SNSの内容は、自分の仕事に関係のある内容だと世界観が統一され、読者にとって相談しやすい相手となるでしょう。

コミュニティに加入する

最後に「コミュニティに加入する」方法です。

フリーランス向けのコミュニティーに参加することで、案件を紹介しあったり、シェアすることがあるので、継続的に仕事を獲得できる機会が増えます。

また、一般的に出回っていないクローズ案件もコミュニティに参加することで、紹介して貰えることがあります。

どこかのコミュニティに所属していると、仕事に繋がる機会がある上に、フリーランスならでわの相談ができたり、情報交換ができるため、モチベーションアップにもなるでしょう。

まとめ

フリーランスデザイナーに関する記事は以上です。

既にデザイナー業務を行っている方は問題ないですが、これからデザイナーを目指しているという方は、まずデザイナーが使うソフトを充実させることから始まります。

Adobeのソフトを活用することが一般的になるかと思いますが、単体のプランで使うと値段が増してしまうので、コンプリートプランを活用することが大切です。

あわせて読みたい
【格安】Adobe CCを安く購入する方法!アカデミック版が最適
【格安】Adobe CCを安く購入する方法!アカデミック版が最適こんな悩みに答えます。Adobe CCの購入を検討しているものの「どうせ購入するなら安く買いたいけど結局どれがお得か分からない」と感じている人は多いのではないでしょ...
具体的には上記の記事をご活用下さいね。

また他のフリーランスの仕事に興味がある方は、下記の記事も参考にしてみて下さい。

あわせて読みたい
Web系フリーランスの仕事・職種内容は?代表的なものを10個解説
Web系フリーランスの仕事・職種内容は?代表的なものを10個解説 フリーランスの仕事の種類は? フリーランスの仕事の取り方は? フリーランスってどうやってなれるの?こんな疑問に答えます。現在会社員で働いている・もしくは学...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる