【無料動画】ドラマ『義母と娘のブルース』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【謹賀新年SP|今日の最新話も視聴OK】

【無料動画】ドラマ『義母と娘のブルース』見逃し動画を無料視聴する方法(1話〜最終回を全話フル配信)【謹賀新年SP|今日の最新話も視聴OK】

ドラマ『義母と娘のブルース』の動画を無料で視聴する方法を解説します。

  • 今日の放送を見逃してしまった…
  • 時間があるので一気に見たい…

という方はぜひ参考にしてください。

マジックナイト
ここだけの話、ドラマ『義母と娘のブルース』の動画はParaviの無料体験で見放題です♪

\ 2週間無料お試し /

いつでも無料で解約OK

Paravi

ドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し動画を無料視聴する方法

ドラマ『義母と娘のブルース』の動画を完全無料で視聴する方法は3つあります。

1.Paraviの無料体験で『義母と娘のブルース』の動画を無料視聴する(おすすめ)

paraviを実際に視聴している画面のスクリーンショット

ドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し動画はParaviの無料体験で安心・安全に視聴できます。

マジックナイト
他の配信サービスでは放送後1週間しか視聴できませんが、Paraviならいつでも高画質で『義母と娘のブルース』の動画が見放題です♪
Paravi無料体験のメリット
  1. 月額1,017円(税込)のサービスが無料でお試しできる
  2. ドラマ『義母と娘のブルース』全話の動画が高画質&広告なしで楽しめる
  3. TBSやテレビ東京で過去に放送された8,000本以上のドラマやバラエティが見放題
  4. テレビ局の公式サービスなので安心・安全に視聴できる
  5. サービスがイマイチだったら無料期間中に解約すれば料金が一切かからない

\ 2週間無料お試し /

いつでも無料で解約OK

30代女性
月額1,017円(税込)はちょっと高い?と思いましたが、1日あたり約32円で8,000本以上のドラマが見放題なので2年以上継続しています。スマホやテレビで好きなときに視聴できますし、毎月もらえる500円分のポイントで映画まで楽しめるのでおすすめです。

Paravi

たった2分の簡単登録で今すぐ『義母と娘のブルース』を無料視聴>>

2.TVerやGYAO!などで『義母と娘のブルース』の動画を無料視聴する

TVer(ティーバー)やGYAO!は、ドラマ・バラエティなどの見逃し配信が無料で視聴できる素晴らしいサービスです。

TVerやGYAO!を利用する時の注意点
  • 放送終了から1週間しか視聴できない
  • 過去の話は視聴できない
  • 広告が表示される

こういった微妙な部分もありますが、放送終了から1週間以内の見逃し動画をお探しならTVerやGYAO!が一番おすすめです。

マジックナイト
会員登録しなくてもすぐに見れるのが便利です♪

TVerで配信が終わっていても、Paraviなら無料体験で動画が視聴できます。

3.YouTubeなどで『義母と娘のブルース』の動画を無料視聴する

動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴すると以下の問題があります。

  • ウィルスやスパイウェア感染
  • 個人情報の漏洩やワンクリック詐欺
  • 違法アップロード動画をダウンロード視聴するのは違法
マジックナイト
このような危険があるので、当サイトではあなたのためにも詳細はご案内していません。

目次に戻る

ドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し動画配信サービス一覧

配信状況 月額料金(税抜) 無料期間
Paravi
二重丸 1,017円
(税込み)
2週間
FOD
888円 2週間
U-NEXT
1,990円 31日間
Hulu
1,026円
(税込み)
14日間
ABEMA 872円 14日間
Amazon 500円 30日間
TELASA 562円 30日間
Netflix 1,200円 なし
TVer 無料
GYAO! 無料

ドラマ『義母と娘のブルース』の動画はParaviでの視聴がおすすめです。

放送終了後にすぐ配信されるので、今日見逃した最新話もすぐに視聴できます。

目次に戻る

ドラマ『義母と娘のブルース』1話から最終回のイントロあらすじネタバレまとめ

イントロダクション

親子の愛、友との絆、支えてくれる周囲の人間たちの優しさ、満ち足りている時には気がつかない。

しかし、欠けてしまうと、どうしようもない淋しさに包まれてしまう。

当たり前の日常に、実は満ち溢れている、こんな温かい気持ちを、義母と娘のありふれた毎日を通してお届けする。

出展:「義母と娘のブルース」公式

第1話「33才独身部長女子が突然の義母宣言!?私は貴女に就職します!!」(2018年7月10日放送)のあらすじネタバレ

数年前に母親を亡くし、父親の良一 (竹野内豊) と父1人子1人で生きてきた宮本みゆき (横溝菜帆)。
そんな彼女の前にある1人のキャリアウーマンが現れる。
彼女の名前は岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。
光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。
そんな亜希子とみゆきの初対面の日。
亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 とあいさつするが、みゆきは「私、この人嫌い」と一蹴。
亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。
しかし、”戦国部長” の異名を持つ亜希子は、百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。
一方、下山不動産のうわさ好きのおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺された良一は、亜希子への思いを語るのだった。
その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口朝正 (浅利陽介)。
田口は、威勢よく飛び出して行く麦田にどこか違和感を覚える。
この違和感は、後にとんでもない被害に発展する。

第2話「最愛の娘の家出!?そして私は制服を脱ぐ」(2018年7月17日放送)のあらすじネタバレ

宮本家に引っ越してきた亜希子(綾瀬はるか)と、良一(竹野内豊)・みゆき(横溝菜帆)3人の生活がスタートする。
亜希子は、良い母親になろうと奮闘するが、逆にその行動がみゆきの反感を買ってしまっていた。
一度は採用を決めたものの、義母になることに再び反旗を翻すみゆきは、亜希子を追い出そうと、クラスメートのヒロキ(大智)と一緒にある作戦を考える。
一方、会社の女性社員を集めて、なにやらリサーチをかける亜希子。
女性社員たちに子持ちの男性と結婚したことを公開すると、すぐに会社中に広まってしまう。
仕事をこなしながらも変わらず母親になろうと努力を惜しまない亜希子だが、自分の中に母親像がない。
そこで、みゆきの母親・愛(奥山佳恵)をコピーすることを思い付き、みゆきが母親とよく行った場所・作っていた料理などを一生懸命に研究する。
そんな亜希子の姿を見て、みゆきも心が揺れ動き、複雑な気持ちになっていく。

第3話「夫が私に解雇通告!?これが私の生きる道・・・PTAを全面廃止へ」(2018年7月24日放送)のあらすじネタバレ

仕事を辞め専業主婦となった亜希子(綾瀬はるか)は、みゆき(横溝菜帆)と夕飯の買い物をしていた。
別のスーパーの方が2円安いなど、少しずつ主婦の考え方が染み付いてきた亜希子だが、値段の高い食材を手に取ると黙っていられず、その食品会社の社長に直接電話をかけ値下げ交渉をするなど、元キャリアウーマンならではの交渉術を発揮していた。
そんな中、亜希子は良一(竹野内豊)から頼まれ、母親としての最重要任務を果たすべくPTA の集まりに出席することに。
保護者たちは近々開催される運動会について話し合っていたが、いちいち疑問に思ったことを質問する正体不明の亜希子は、保護者たちから反感を買ってしまう。

第4話「私達は契約結婚か!?最愛の娘と夏の奇跡・・・夫が決めた愛の形!」(2018年7月31日放送)のあらすじネタバレ

会社でしゃがみこんでしまった良一(竹野内豊)は、病院からの帰りにママ友の井戸端会議に参加しようとしていた亜希子(綾瀬はるか)と遭遇。
一緒に家路につくその姿はすっかり夫婦に見えていた。
そんな中、学校から帰ったみゆき(横溝菜帆)が突然「2人は”ギソウケッコン”なの?」と尋ねる。
質問攻めのみゆきに、慌てた亜希子と良一は苦し紛れに言い訳をするが、「どうして付き合うことになったの?」という質問には答えられず、亜希子はみゆきの林間学校明けまでには答えることを約束する。
一方、下山(麻生祐未)にマンションを購入する気がないことを伝えた亜希子は、代わりに購入してくれる人を探すように言われてしまう。
高額マンションの買い手はそう簡単に見つからないものの、良一の部下である猪本(真凛)が、亜希子を見たいがためにマンションの内見を承諾してくれた。
内見中に猪本の夫とのなれそめを聞く亜希子は、ますますみゆきへの回答をどうするべきか悩む。

第5話「絶体絶命!夫が入院 夫婦で戦う大修羅場!!私、再就職します!?」(2018年8月7日放送)のあらすじネタバレ

良一(竹野内豊)が突然倒れた。
良一を心配するみゆき(横溝菜帆)に、亜希子(綾瀬はるか)は思いもよらない事実を伝える。
入院中、懸命に妻としての任務を果たそうとする亜希子に、良一は会社におわびに行ってほしいと頼む。
しかし、良一の上司である笠原 (浅野和之) から、入院中も良一の査定をキープしたいなら代わりに亜希子が出勤して競合プレゼンを成功させてほしいと提案されてしまう。
それを聞いた良一は、自分は簡単に替えがきく人間なのだとすねてしまう。
そして、一緒に治療に専念しようとする亜希子に対して、心にもない一言を発するのだった。
一方、みゆきはみゆきなりに、落ち込む亜希子の異変を感じ、ある提案を持ち掛けることを決心。
3人は家族のため、1日1日を懸命に生きるのだった。
そして、いよいよ競合プレゼン当日。
良一のためにプレゼンを成功させるべく一生懸命な亜希子だが、くしくも同じ日に良一の検査結果が出ることに不安を抱いていた。
誰もが、ただただ奇跡が起こるのを望むが・・・。

第6話「さらば愛しき人よ!最後に届く奇跡とは!?私、背中で魅せます」(2018年8月14日放送)のあらすじネタバレ

小さな奇跡を拾い集めながら暮らした宮本家のみゆき(上白石萌歌)は、”お母さん””みゆき” と呼び合い、箸使いと姿勢はビジネスの基本スキル、とりあえず押さえておけという亜希子(綾瀬はるか)の教えを守り、教師からも一目置かれるような高校3年生に成長していた。
ある日、亜希子はママ友の晴美(奥貫薫)から、みゆきの大学進学に関して聞かれる。
大学は受かったところで良いと考えていた亜希子は、その考えを晴美から諭される。
一方、みゆきは、いい大学に受かれば亜希子が喜んでくれると信じるものの、テストの成績は伸び悩んでいた。
晴美の勧めもあって、亜希子はみゆきに将来についてどのように考えているのかを尋ねる。
みゆきは「できればお母さんのようになりたい」 と言うのだが、それは営業職ではなく、現在亜希子がしているデイトレードのことだった。
貯蓄をベースに不足分を投資のリターンで補う形で暮らしてきたのだが、それはみゆきにとっては、楽をしてもうける道があると錯覚させてしまっていたようだ。
それに気付いた亜希子は、仕事の尊さを分かってもらおうと、一念発起し再就職をすることを決意。
その就職先は・・・。

第7話「絶体絶命大ピンチ!!娘の反抗と私の解雇!?再就職先は倒産寸前」(2018年8月21日放送)のあらすじネタバレ

みゆき(上白石萌歌) に仕事をすることの尊さを伝えるべく、商店街で寂れている「ベーカリー麦田」に再就職することにした亜希子(綾瀬はるか)。
だが、店を開けるだけでも赤字になるベーカリー麦田は亜希子の想像以上の状態だった。
店長の麦田(佐藤健)は、経営にはまったく無頓着で、昨日の売れ残りを温めて店頭に並べる始末。
それでも亜希子は、ベーカリー麦田の立て直しプランを精一杯考える。
一方、みゆきは運命的に再会した大樹(井之脇海)から、突然生まれて初めての告白をされ悩んでいた。
受験だからという理由で断るみゆきだが、大樹から「家庭教師をしてやる」と提案され、自然と一緒に過ごす時間が増えていく2人。
大樹と一緒に勉強していることで、亜希子に対して少し後ろめたさを感じるみゆきは、多忙でも家事も完璧にこなす亜希子に対し、劣等感に似た複雑な気持ちが生まれる。「亜希子の本当の娘だったら、亜希子に似て何でもできる人になれていたのか・・・」と葛藤するみゆきは、亜希子に自分の今の気持ちをぶちまけてしまう。

第8話「就職先の最終決戦!!完全復活の味は親の味 娘の意見承ります!?」(2018年9月4日放送)のあらすじネタバレ

亜希子(綾瀬はるか)が考えたプランに従い、麦田(佐藤健)は焼きたてパンを提供し、一時は客足も伸びたように見えていた「ベーカリー麦田」だったが、その作戦があだとなり客足が遠のいてしまう。
このままではまずいと考えた亜希子は、「ベーカリー麦田」を一度閉店し、リニューアルオープンすることを発案!
果たして、無事リニューアルオープンの日を迎えることができるのか !?
一方、店の再建を目指し一生懸命な亜希子の姿を見て、いつしか麦田に心境の変化が・・・。

第9話「大決断な愛の告白!!私の愛の最終選択か!?二人で歩んだ9年間」(2018年9月11日放送)あらすじネタバレ

いよいよ「ベーカリー麦田」の新装オープンの日を迎える。
麦田(佐藤健)と共にパン職人の基本を学び直した亜希子(綾瀬はるか)は、亜希子ならではのある秘策と元戦国部長の名にふさわしい営業攻撃を繰り広げる。
そんな中、店の再興に向け苦楽を共にしながら楽しそうな亜希子と麦田を見て、みゆき(上白石萌歌)は、麦田が亜希子のことを好きなのではないかと思い悩む。
父・良一(竹野内豊)がいなくなって9年。
ずっと自分のそばにいてくれた亜希子の愛情を改めて実感しながらも、戸惑いを隠せないみゆきは、その気持ちを大樹(井之脇海)に打ち明ける。
ある日、ハートのロールパンが話題となり、店にテレビ取材が入ることに。
やる気がみなぎる麦田だが、熱が入り過ぎている麦田の想定問答を見かねた亜希子は、本番、テレビクルーの前で予想外の発言をする。
亜希子からの思いがけない発言を聞いた麦田は、この勢いをバネにして、ついに亜希子へ自分の思いを伝えることにするが・・・。

第10話|最終回「完結~さらば義母!!愛が起こす奇跡の果て 私は娘を愛してます」(2018年9月18日放送)のあらすじネタバレ

義母と娘、そして彼女たちを支えた人たちの10年間の愛のカタチがついに完結する。それぞれが大切にした思い、10年の愛が奇跡を起こす!

ドラマ『義母と娘のブルース』謹賀新年スペシャルのあらすじネタバレ

あらすじ

義母・亜希子(綾瀬はるか)の再就職から1年後、2019年秋。
亜希子は大阪、娘・みゆき(上白石萌歌)は東京と、離れて暮らしていた。
亜希子は、大手コンサルタント会社でバリバリに活躍し、10年間のブランクを感じさせない目覚ましい成果をあげていた。
女子大生になったみゆきは相変わらずな愛すべきマイペース。
サークルにバイトにほっこりとした日々を送っている。
ちなみに、幼なじみのヒロキ(井之脇海)との関係は相変わらずの模様。
そんなある日、突如クビを宣告され帰京することになった亜希子は、久しぶりにみゆきのアパートを訪れる。
すると、みゆきのアルバイト先であるベーカリー麦田の店長・麦田(佐藤健)が、裸にタオル1枚の姿で風呂場から出てくるのに遭遇!
さらに麦田の腕には、なんと赤ん坊が抱きかかえられていた!
そこへ帰宅するみゆき。
まさか、みゆきと麦田の間に子どもが!?
「ち、違うんです宮本さん!!」
「違うの、お母さん!!」
このなんとも意味不明な状況に混乱する亜希子。

「これは一体どうしたことでしょう!」

こんなドタバタから始まる義母と娘の物語。
「本当の幸せとは何か?」血のつながらない母と娘、そんな二人の姿を見つめる男(竹野内豊)、相変わらずのブルースを奏でるように、愛の形を模索しながら、悩み、怒り、時に喧嘩し、また寄り添っていく。
周囲の人間たちも、温かく、優しく家族を支えていく。
そこには、今回も数えきれない笑顔と、ほんの小さな奇跡がある。

このドラマは、
一生懸命義母になろうとした元キャリアウーマンと、その愛を受け取った娘、
そしてその家族を支えた人間たちの愛の物語である。

出典:「義母と娘のブルース」公式

目次に戻る

ドラマ『義母と娘のブルース』とは? 動画の基本情報まとめ

ドラマ名 義母と娘のブルース
テレビ局 TBS
放送年月 2018年7月10日~2018年9月18日
謹賀新年スペシャル:2020年1月2日
放送スケジュール 毎週火曜日 よる10:00~11:07
謹賀新年スペシャル:木曜日 よる9:00~
再放送 未定
主演 綾瀬はるか
ヒロイン
スタッフ 脚本:森下佳子
演出:平川雄一郎、中前勇児
プロデューサー:飯田和孝、中井芳彦、大形美佑葵
製作著作:TBS
原作 桜沢鈴『義母と娘のブルース』
公式サイト 義母と娘のブルース
主題歌 Uru『奇蹟』

ドラマ『義母と娘のブルース』のキャストまとめ

岩木亜希子(綾瀬はるか)

 

この投稿をInstagramで見る

 

山本健次(@yamanmoto.k)がシェアした投稿

宮本良一(竹野内豊)

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomo♡(@tomo.horn)がシェアした投稿

宮本みゆき(上白石萌歌)

 

この投稿をInstagramで見る

 

上白石 萌歌(@moka____k)がシェアした投稿

麦田章(佐藤健)

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐藤健 ☺︎ K ☺︎(@takeru_satoh__kan)がシェアした投稿

その他の登場人物とキャスト

麦田誠(宇梶剛士)、田口朝正(浅利陽介)、黒田大樹(井之脇海)ほか

目次に戻る

ドラマ『義母と娘のブルース』視聴者の感想まとめ

目次に戻る

ドラマ『義母と娘のブルース』1話から最終回の動画を無料で見る方法まとめ

この記事ではドラマ『義母と娘のブルース』の見逃し動画を無料視聴する方法を解説しました。

まとめ
  • 『義母と娘のブルース』全話の見逃し動画を無料で見るならParaviがおすすめ!
  • 放送後1週間以内ならTVerなどでも無料動画が視聴できる!

Paraviの無料体験キャンペーンはいつ終わるかわかりません。

気になった方はキャンペーンが終わってしまって損する前に試してみてくださいね♪

\ 2週間無料お試し /

いつでも無料で解約OK

Paravi

MEMO
本ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の配信状況はParaviにてご確認ください。
MEMO
Paraviの月額料金は1,017円(税込)ですが、iTunes Store決済でParaviベーシックプランに契約した場合の月額利用料金は1,050円(税込)です。
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人