Adobe

イラストレーターは無料で永久的に使用可能?使い方や機能・料金も解説

動画編集やエフェクト作成だけでなく、画像の加工やロゴ・イラスト制作などにもよくAdobe社の製品が使用されます。

画像の加工とかロゴ・イラスト制作はPhotoshopだよね

実は、画像の加工はPhotoshopがよく使用されますが、ロゴ・イラスト制作にはIllustratorがよく使われます。

イラストレーター使ってみたいけどどうせお金かかるし…無料で使用することはできないのかな?

今回は、イラストレーターは無料で永久的に使用可能なのか。そして使い方・機能・料金などを詳しく解説していきます。

イラストレーター(Illustrator)とは

そもそもIllustratorってどんなソフトだっけ?名前は知ってるけど細かい内容までわからない

イラストレーターはベクターイメージ編集ソフトという、主にロゴ・レイアウト・イラストなどを1から制作するのに特化したAdobe社の製品です。

よく、「Photoshop」や「Adobe XD」と混同してしまう方がいますので、ここで違いを解説していきます。

イラストレーター(Illustrator)とPhotoshopの違い

Photoshopとイラストレーターの違いは、画像を加工するか制作するかです。

Photoshopだって簡単な画像とかも制作できるし、何でわざわざイラストレーターで制作する必要があるの?

理由は、Illustratorはベクター画像を得意とするソフトだからです。

ベクター画像⇒画像を拡大・縮小しても画質が落ちない画像

イラストやロゴは色んな大きさで使用しますが、その都度大きさの違うものを制作するのは大変です。

なので、大きさが変更しても画質が落ちることがないベクター画像を用いて制作することができるイラストレーターが、使用されます。

是非、使い分けて使用してみて下さい。

Photoshopについて、詳しく解説している記事があるので是非ご覧ください。

Photoshopは無料で利用し続けることは可能なのか徹底解説!画像編集ソフトといえば、Photoshop var uri = 'https://imp.tradedoubler.com/imp?t...

イラストレーター(Illustrator)とAdobe XDの違い

Adobe XDとの違いは、イラストを制作できるかどうかです。

Adobe XDは写真の加工・イラストの制作は不可能で、主にプロトタイピングで使用されます。

プロトタイピング⇒サイトがどのように動くのか動作の確認などをすること

よくHP制作などで、クライアントにどのようなサイトを制作するか確認する際に、使用されます。

また、Adobe XDは共同作業もすることができるのでチームで作業するにはとても便利です。

プロトタイピングをPhotoshopで作成するとかなり時間がかかるので、是非Adobe XDを使用してみて下さい。

違いは分かったけど、実際にイラストレーターでどんな物が作れるの?

Illustratorで制作可能な物を解説していきます。

Adobe XDを無料で永久的に使用できるかを解説!Adobe社が提供しているデザイン系のソフトは「Photoshop・Indesign・Illustrator・XD」の4つあります。 ...

イラストレーター(Illustrator)を使って作れる物

実際にIllustratorを使用すればこのような物を制作することができます。

  • 様々な図形
  • ロゴ
  • イラスト
  • 名刺などのデザイン
  • ゲーム風のドット絵

基本的に、1から何かを制作するのにイラストレーターは特化しています。

実際にイラストレーターを使った簡単なロゴの作成などはこちらの解説動画を参考にしてみて下さい。

こちらの動画を見れば、イラストレーターの使い方や簡単なロゴの作り方までマスターすることができます。

他にもYouTubeでイラストレーターについて調べると色んなイラストの作り方が解説されているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

でも、イラスト制作って他のソフトでもできそうなのにわざわざイラストレーターで書く必要がある?

イラストレーターを使うメリット・デメリットをご紹介していきます。

イラストレーター(Illustrator)を使うメリット

イラストレーターを使うメリットは2つあります。

PhotoshopやAdobe XDと連携することができる

1つ目のメリットは、PhotoshopやAdobe XDと連携することができることです。

連携すれば、Photoshopで制作した画像をイラストレーターを使ってロゴにすることもできます。

また、Adobe XDと連携すればプロトタイピングに使うイラストやロゴを、簡単に読み込むことができます。

教材や解説動画が豊富

イラストレーターは利用者が多いため、その分解説動画や教材も豊富です。

デザイン未経験の方がイラストレーターでロゴを制作したい時、YouTubeで検索すると沢山の解説動画があります。

初心者の方でも分かりやすい動画が無数にあるので、是非YouTubeを活用してください。

イラストレーター(Illustrator)を使うデメリット

イラストレーターを使うデメリットも2つあるので、ご紹介していきます。

写真の加工・編集は不可能

繰り返しになりますが、写真の加工・編集はすることができません。

Photoshopと混同しないよう、注意しましょう。

操作が難しくてなれるのが大変

Photoshopのように元の画像があるのではなく、1から制作するため機能が多く操作が難しいです。

最初はYouTubeなどで解説されているデザインを沢山制作し、操作が慣れたらオリジナルを作ってみて下さい。

デザイン初心者の方におすすめの解説動画がこちらになります。

初心者の方でも簡単なポスターを制作することができます。

おすすめの勉強法として、動画を見ながら実際にイラストレーターを動かして模写することがです。

動画を見るだけでは何となく理解はできますが、いざイラストレーターを使ってみると覚えていない、なんてこともよくあります。

是非体系的に学びましょう。イラストレーターのダウンロード方法は「イラストレーターのダウンロード方法」で解説します。

イラストレーター(Illustrator)を無料で使用することは可能?

解説動画も豊富なら初心者でも使用できそうだし、使いたいけど無料で使用することができるソフトなのかな?

イラストレーターは、1週間無料体験版として使用可能ですが、それ以降は有料になってしまいます。

その1週間無料体験版を使用してみたいけど、どこからダウンロードすればいいのかな?

ダウンロード方法を解説していきます。

イラストレーター(Illustrator)のダウンロード方法

ダウンロード方法はとても簡単です。

  1. Illustratorの公式サイトに移動
  2. 一番上にある「無料で始める」をクリック
  3. 無料体験後のプランを選択したら、無料体験開始。

無料体験後のプランは2種類あります。

こちらのプランについては「イラストレーターの料金」で詳しく解説していきます。

イラストレーター以外に、無料で使用することができるソフトってないのかな?

イラストレーターの代替になるソフトをご紹介します。

イラストレーター(Illustrator)の代替になるソフト

今回ご紹介するソフトはこちらの2つです。

料金・対応OSなどを表でまとめてみました。

代替ソフト名 対応OS 料金
Inscape Mac・Windows・Linux 無料
Affinity Designer Windows・Mac 6,100円

それぞれのソフトの特徴を詳しく解説していきます。

Inscape

1つ目にご紹介するソフトは「Inscspe」です。

基本的な図形などの作成から、おしゃれなイラストまで制作することができるフリーソフトです。

こちらのソフトはMac・Windows・Linuxで使用することができます。

基本的な操作についてはこちらの解説動画を参考にしてみて下さい。

Affinity Designer

2つ目にご紹介するソフトは「Affinity Designer」です。

簡単なデザインから高度なイラストまで制作することができるソフトです。

こちらはWindows・Macで使用することができるソフトで、買い切りの有料版のみとなっていますが、無料体験版もあります。

また、ほぼフル機能を使用することができるiPadのアプリがあります。

料金はiPadのアプリで2,440円、PC版でMac・Windows共に6,100円です。

是非利用してみてはいかがでしょうか。

イラストレーター(Illustrator)の料金価格

そもそもイラストレーターって何円なの?

Illustratorの料金はこちらになります。

プラン名 料金 月額
年間プラン(一括) 26,160円 2,180円
年間プラン(月々) 29,760円 2,480円
月々プラン 41,760円 3,480円
プランの選択の時に、コンプリートプランって書いてあったけどあれはどんなプランなの?

Creative_CloudコンプリートプランはAdobe社の製品全て使用することができるソフトになります。

料金はこちらです。

コンプリートプラン 料金 月額
年間プラン(一括) 65,760円 5,480円
年間プラン(月々) 68,160円 5,680円
月々プラン 107,760円 8,980円

Adobe社のソフトを3つ以上使用する際は、コンプリートプランの方がお得になる可能性があります。

まとめ

今回はイラストレーターは無料で永久的に使用可能なのか。そして使い方や機能・料金も解説していきました。

  • イラストレーターは主にロゴ・レイアウト・イラストを制作するベクターイメージ編集ソフト
  • イラストレーター・Photoshop・Adobe XDはそれぞれ得意とする物が違うため、それぞれ使い分ける必要がある
  • イラストレーターを使うメリットは、他のAdobe社のソフトと連携しやすく、YouTubeに解説動画が多い
  • イラストレーターを使うデメリットは、操作が慣れるのが大変
  • 代替になるソフトは「Inscape」「Affinity Designer」の2つ

是非イラストレーターを使って、おしゃれなロゴやイラストを制作してみて下さい。

最後に

最後になりましたが、本気で動画編集を行っていきたいと感じているのならAdobe Premiere Proがおすすめです。

Adobe premiere Pro

Adobe Premiere Proは動画・映像制作の現場から、有名Youtuberの動画編集まで、幅広い分野使われています。

何より利用者が多いので、使い方に困った時GoogleやYouTubeで検索をかけることによって、ほとんどの疑問を解決することが可能です。

もし「動画編集ソフトに悩みを感じている」「動画編集ソフトに迷っている」と感じている方は、体験版を利用することで、悩みを解決することができますよ。

\体験版はこちら/