イラストレーターは無料で使える?選ばれるポイントや料金価格を解説

・イラストレーターは永久的に無料で使えるの?

・イラストレーターは難しい?初心者でも使いこなせるのか知りたい

・イラストレーターはどんなシーンで使うの?

このようにイラストレーターに関する疑問や悩みを抱えている方は多いと思います。

そこで今回はイラストレーターは永久的に無料で使用できるのか?使い方や機能・ツールについて詳しく解説します。

イラストレーター(Illustrator)とは

イラストレーターは主にロゴやイラストのデザイン、インフォグラフィックの制作に特化したソフトです。

プロのデザイナーからも絶大な支持があり、世界中のクリエイターが愛用しています。

デザインソフトとして「Photoshop」や「Adobe XD」と混同してしまう方がいますが、機能やツール、用途が異なります。

Photoshop(フォトショップ)とは

フォトショップとは、撮影した写真に文字や色を付け加えたり、デザインやイラストを作成したりと、画像編集・加工に優れたソフトです。

【フォトショップでできること】

・YouTubeのサムネイル作成

・人物や動物の表情を変える加工

・写真内にある不要なものを消去する編集

・合成写真の作成

・水彩画や油絵のようなタッチのイラスト制作

イラストレーターとの主な違いは、扱う画像です。

すべての画像は「ベクトル画像」と「ビットマップ画像」の2種類に分けられます。

「ベクトル画像」とは点と線で構成された画像であり、どれだけ縮小・拡大をしても画像が劣化しないのが特徴です。

「ビットマップ画像」とは、無数の点が集まって作られた画像です。スマートフォンや一眼レフカメラなどで撮影した写真が該当します。

イラストレーターはベクトル画像、フォトショップはビットマップ画像を使っています。

イラストレーターとフォトショップの違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。

あわせて読みたい
【解決】フォトショップとイラストレーターの違いを徹底解説
【解決】フォトショップとイラストレーターの違いを徹底解説・フォトショップとイラストレーターの違いを知りたい・フォトショップとイラストレーターを使うシーンはどんなとき?・無料で利用できる方法があるのは本当?申込方法...

Adobe XDとは

Adobe XDとは、Webサイトやモバイルアプリ、音声デバイスのUI/UXのためのデザインツールです。

【Adobe XDでできること】

・デザイン作成

・プロトタイプ作成

・データの共有やコメントでのやり取り

イラストレーターとの違いは、プロトタイピングやデータ共有、コメント機能です。

プロトタイピングとは試作モデルの検証です。たとえばWebサイトを開いたときにどのような動きをするのかを確認することができます。

また作成中のデータをチームで共有・コメントでの指示ができるのも特徴です。デザイナーやエンジニアとのやり取りがスムーズになり、作業効率化が図れます。

Adobe XDを利用する方の多くはイラスト作成ではなく、プロトタイプ作成が主流でしょう。

イラストレーター(Illustrator)で作れるもの

【イラストレーターで作れるもの】

・オリジナルロゴやイラストの作成

・ポスターやチラシの作成

・名刺の作成

・LINEスタンプの作成

など

イラストレーターは線や図形などを使った作業が得意なので、表やグラフを作るときにも便利です。

イラストレーター(Illustrator)を無料で使うことは可能?

結論を申し上げると、イラストレーターを永久的に無料で使い続けることはできません。

しかしイラストレーターは7日間の無料体験版を提供しているため、一定期間であればお金を払わずに使用できます。

【イラストレーター無料体験版の特徴】

・無料体験版は製品版と同じ機能が利用できる

・無料体験期間は登録完了日から7日間

・無料体験期間が終了すると自動でサブスクリプションに移行する

・無料体験期間中はいつでも解約可能であり料金は発生しない

・PCとiPadのみ利用可能。

・無料体験の後でも学生割引は適用される

イラストレーターは永久的に無料で利用することはできませんが、世界中のクリエイターが製品版を購入しています。

イラストレーターの7日間無料体験版を利用したい方は、以下のページをご覧ください。

\ まずは無料体験版から /

イラストレーター(Illustrator)が選ばれる5つのポイント

【イラストレーターが選ばれる5つのポイント】

  1. 図やイラストを自由に描きやすい
  2. 文字や図形を自由に配置できる
  3. 拡大・縮小しても画像が劣化しない
  4. 印刷サービスも便利
  5. 無料テンプレートやフォントを使用できる

デザインツールの決定版として人気のIllustrator。以下で紹介する5つのポイントを必ずチェックしておきましょう。

①図やイラストを自由に描きやすい

イラストレーターは線や点、図形を使ったイラストを描きやすい特徴があります。直線や曲線で1つひとつのパーツを描き、それぞれを組み合わせることで自由なイラスト表現が可能です。

②文字や図形を自由に配置できる

「ペンツール」や「ダイレクト選択ツール」の操作性が便利で、文字や図形を自由に配置することができます。行間などのバランスも整えやすいので、チラシやパンフレットなどの作成にも最適です。

③拡大・縮小しても画質が劣化しない

スマートフォンや一眼カメラなど「ビットマップ画像」の場合、画像のサイズを変更すると画質が劣化します。

一方でイラストレーターは「ベクトル画像」を採用しているため、パソコンで作成したイラストを引き伸ばしても画質が悪くなることがないのです。

このような画質の特徴を活かし、イラストレーターはポスターやチラシ、パンフレット制作などの広告分野で活躍しています。

④印刷サービスも便利

Illustratorで作成したデータは、印刷業界の標準形式に対応しているため、高画質かつ高品質の作品をスムーズに印刷できます。

A3やB2、A0などの大型サイズの印刷物の作成も可能。デザイン作成から印刷依頼までを同じソフトで完結できるため、作業効率も格段にアップします。

⑤無料テンプレートやフォントを使用できる

イラストレーターは無料テンプレートやフォントのバリエーションが豊富なのも魅力です。初心者でも簡単に「フードメニュー」や「学園祭のチラシ」、「名刺」を作ることができます。

さらにイラストレーターに搭載しているテンプレートはカスタマイズも可能なので、自分好みのデザインに仕上げられます。

イラストレーター(Illustrator)の料金価格

【イラストレーターのプラン別料金】
プラン名 料金 月額
年間プラン(一括) 28,776円 ※2,398円
年間プラン(月々) 32,736円 2,728円
月々プラン 45,936円 3,828円

*12ヶ月で換算

長期的な視点で考えると、もっともお得に購入できるのは年間プラン(一括)だとわかりました。一括購入が難しい方は、年間プラン(月々)払いがおすすめです。また数ヶ月程度の使用なら月々プランが適しています。

【イラストレーター(Illustrator)を無料で使うことは可能?】の章でも解説した通り、イラストレーターは永久的に無料で使用することはできませんが、7日間の無料体験版を提供しています。

「イラストレーターを試しに使ってみたい」、「使用感を確かめてから契約したい」方は、ぜひ7日間の無料体験版を試してみてください。

\ まずは無料体験版から /

3種類以上のソフトを使いたいならAdobe CCがおすすめ

・イラストレーターとフォトショップ、Premiere Proを使いたい

・お得に複数の単体ソフトを契約したい

もし複数(3つ以上)のソフトを使いたいと思っているなら、単体プランで契約するのではなく「Adobe Creative Cloudプラン(Adobe CC)」がおすすめです。

Adobe CCとはイラストレーターやフォトショップ、Adobe XD、Premiere Proをはじめとする20以上のアプリ・ソフトを定額で使用できるプランです。

  • Premiere Pro CC
  • Photoshop CC
  • Illustrator CC
  • After Effects CC
  • Adobe CC XD
  • Dreamweaver CC
  • InDesign CC
  • Lightroom
  • Lightroom Classic
  • Acrobat Pro DC
  • Character Animator CC
  • Aero
  • Animate CC
  • Audition CC
  • In Copy
  • Spark web
  • Premiere Rush CC
  • Dimension CC
  • Bridge
  • Prelude

写真加工・編集・イラスト制作・動画編集など、Adobeの主要ソフトが揃っているため、まさにクリエイター向けプランと言えるでしょう。

【3種類以上の単体プランを契約するときの価格】
ソフト名 価格(単体プラン/年間月々払い)
Illustrator 2,728円
Photoshop 2,728円
Premiere Pro 2,728円
Adobe CC 6,268円/月

このように3種類のソフトを単体プランで契約した場合、月々8,184円かかりますが、Adobe CCの個人プランは、月々6,268円です。

イラストレーターやフォトショップ、Adobe XDなどのクリエイターが愛用するソフトを揃えながらも低価格を実現。3種類の単体プランを契約するよりも毎月1,916円お得です。

Adobe CCは個人プランや学生プランによって価格が異なります。Adobe CCの詳細について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

あわせて読みたい
Adobe CCのプラン別価格とお得に購入する方法を解説
Adobe CCのプラン別価格とお得に購入する方法を解説・Adobe CCの価格を知りたい・プランごとに価格が違うって本当?・Adobe CCをお得に購入する方法を知りたい今回は上記の悩み・疑問を抱えている方に向けて、Adobe CCの...

イラストレーター(Illustrator)のインストール方法

【イラストレーターのインストール方法】

  1. Adobeの公式ホームページにアクセス
  2. ライセンスが紐づけられたメールアドレスでログイン
  3. Webアプリとサービスから「イラストレーター」を探す
  4. 「インストール」ボタンをクリックする

イラストレーターをインストールするためには、ライセンスを取得しておく必要があります。(ライセンス取得とは各種プランのいずれかを購入すること)

\ まずは無料体験版から /

スマホ・iPad専用のアプリもリリースしている

イラストレーターはスマートフォン・iPadユーザーのために「Adobe Illustrator Draw」アプリをリリースしています。

【Adobe Illustrator Drawの特徴】

・使いやすい描画ツール

・Illustrator、Photoshopにデータを送信

・Adobe Stockとの連携

・遠近グリッドを使った3D表現

・Adobe CCとの連携

このようにイラストレーターはスマホ・タブレット版アプリもリリースしているので、パソコンを持っていない方でもイラスト表現ができます。

イラストレーター(Illustrator)の代わりになるソフト

【イラストレーターの代わりになるソフト】

ソフト名 対応OS 料金
Inscape Mac・Windows・Linux 無料
Affinity Designer Windows・Mac 6,100円
Libre Office Draw Windows・Mac・Linux 無料

イラストレーター以外にもイラスト・デザイン制作に優れたソフトはあります。それぞれの特徴をおさえながら、ご自身の用途や目的にあうソフトを選んでみてください。

Inscape

出典:inkscape

「Inscape」は、基本的な図形の作成から、おしゃれなイラストまで制作できるフリーソフトです。Mac・Windows・Linuxで使用可能。汎用性に優れていることから、イラスト練習にも選ばれています。

Affinity Designer

出典:Affinity Designer

「Affinity Designer」は簡単なデザインから高度なイラストまで制作できるソフトです。

こちらはWindows・Macで使用することができるソフトで、買い切りの有料版のみとなっていますが、無料体験版もあります。ほぼフル機能を使用できるiPadのアプリもリリースされているため、iPadユーザーにもおすすめです。

買い切り版で通常価格6,100円はお得。コスト重視の方にも選ばれています。

Libre Office Draw

出典:Libre Office

「Libre Office Draw」は、シェイプツールや直線・曲線などの各種ツールを用いて、複雑な図形を作成することに優れた無料ソフトです。

キャラクターやロゴ作成よりもプレゼンテーションや図形描画の機能に長けています。Power Pointでの図形作成に悩んでいた方にもおすすめです。

 まとめ

今回はイラストレーターの料金や使い方、機能についてご紹介しました。

【おさらい】

・イラストレーターは永久的に無料で使用できない

・7日間の無料体験版をリリースしている

・PhotoshopやAdobe XDとは用途が異なる

・画像サイズを変更しても画質が劣化しない

・3種類以上のAdobeソフトを使用するならAdobe CCがおすすめ

イラストレーターは線や点、図形を用いた描画に優れているため、オリジナルロゴやイラスト作成に便利だとわかりました。気になった方はぜひ試してみてください。

よかったらシェアしてね!