Adobe

Adobe Indesignは無料で使える?使い方や料金なども解説

主にデザイナーやHP制作案件などで使用されるAdobe Indesign。

性能や用途が似ていることから、Illustratorと混同されている方も結構います。

Illustratorの代わりにIndesignを使いたいけど、無料で利用できたりしないのかな?

今回はIndesignは無料で使用可能なのか、そしてIllustratorやPhotoshopとの違い、ソフトの使い方や料金なども解説していきます。

Adobe InDesignとは

そもそもIndesignって絵を作るソフトなの?あんまりわかっていない…

主に名刺やチラシなどに使われることが多いですが、正式にはDTPソフトウェアとされています。

DTPソフト⇒パソコンを使い、原稿の入力・編集・レイアウト・印刷などの出版のための作業を行うことができるソフト

IllustratorやPhotoshopなどとよく混同する

デザイン系のソフト「Photoshop・Illustrator」と混ざる人も多いので、違いを解説していきます。

InDesignとPhotoshopの違い

Photoshopは正式にはビットマップ画像編集アプリケーションソフトウェアとされていいます。

  • 写真を映画風にモノクロにする
  • 写真の一部の色を変更
  • 写真の一部をずらす

このように写真を加工する際にPhotoshopが使用されます。

Indesignはカタログや名刺などの作成などに使用するソフトなので、画像編集に使うことはありません。

InDesignとIllustrator違い

Illustratorは正式にはベクターイメージ編集ソフトウェアとされていています。

  • 画像やイラストを1から作成
  • イラスト専用のペンがなくても絵を描きたい
  • 名刺やパンフレットのデザインを制作

このように、Illustratorはベクターデータで作成されているため、イラスト・ロゴやwebサイトなどに使われます。

ベクターデータ⇒解像度という概念自体がなく、拡大・縮小しても画像が劣化しないデータ。

Indesignとできることが似ていない?

実はIllustratorとIndesignはかなり似ています。

ですが、ソフトによって得手不得手があり、Indesignは複数のページがある「カタログ・パンフレット」などを得意としています。

逆にIllustratorは名刺・ポスター・デザインなどの制作が得意で、よく使用されます。

わざわざ似ている機能なのに、IllustratorとIndesignの2つも買うのはなぁ

カタログやパンフレットなどの複数ページに、Indesignを使うメリットをご紹介していきます。

Adobe InDesignのメリット

Indesignを使うメリットを2つご紹介します。

ページ管理ができる

Indesiginは複数のページをまとめて1つのデータとして管理し、書式設定などをすることができます。

Illustratorの場合はまとめることができないので、仮に書式などの変更をしたい場合は毎回全てのデータを変更しないといけません。

また、PDFなどに書き出しする際もIndesignなら1つのファイルのみで完了しますが、Illustratorは全てのファイルを1つずつ書き出ししないといけません。

文字や段落の設定が簡単

Indesignは、出版のための作業を行うことができるDTPソフトなので、文字や段落の細かな設定や修正がIllustratorよりも簡単に行うことができます

Indesignなら1mm単位で修正することができるので、綺麗かつ簡単にカタログやパンフレットなどを作成することが可能です。

他のAdobe製品との相性が良い

Indesignなら簡単に、IllustratorやPhotoshopなどで作成した画像を連携させることができます。

基本的にAdobe社の製品を使ってパンフレットやカタログ、名刺などを作成する際の流れはこのようになっています。

  • IllustratorやPhotoshopなどで画像作成・編集
  • 作成した画像をIndesignに連携させて読み込む
  • Indesignで位置の配置や細かな修正

連携方法も公式HPにわかりやすく書かれているので、是非参考にしてみて下さい。

Indesignってあんまり聞き馴染みなかったけど、こんなに便利なソフトなんだ!

Indesignのメリットのみを見ると凄い便利で使いやすいように感じますが、デメリットもあります。

Adobe InDesignのデメリット

Indesignのデメリットを2つご紹介していきます。

文字を書くだけならGoogleドキュメントの方が簡単

Indesignでチラシはパンフレットの内容も直接執筆することは可能ですが、Googleドキュメントで書くことをおすすめします。

Indesignもオンラインで共有することはできますが、Googleドキュメントなら訂正箇所に直接コメントすることができます。

フィードバックをする側からすると訂正箇所を直接コメントとして残せるとフィードバックの時間短縮にもなり楽です。

あまり使っている人がいない

Indesignを日常的に使っている人は少数です。基本的にデザイナーはPhotoshopやIllustratorを使っています。

操作方法が分からなくても、YouTubeの解説動画も少ないので自力で解説しないといけない可能性が高いです。

デザイン初心者の方は、まずPhotoshopやIllustratorから始めてみてはいかがでしょうか。

Adobe InDesignでできることは?使い方を紹介

Indesignはカタログやパンフレットに有効的なのは分かったけど、他に使い方やできることはないのかな?

Indesignでできることを3つご紹介していきます。

画像や文字の透明度を調節

Indesignも簡単な画像の編集をすることができ、画像や文字の透明度を変更することができます。

パンフレットやカタログなどを作成してる最中に変更できる所も、Indesignが複数ページを作成するソフトに適していると言えます。

文字パネルで様々な字形を簡単に張り付け

Indesignには文字パネルという機能があり、ラテン・ギリシャなどの文字から&や?などの記号まで全ての字形を使用することができます。

また、字形だけでなく字体も20種類以上あります。

海外風のおしゃれなテキストから太い和風な文字までほぼ全ての文字をIndesign内だけで扱うことができます。

こちらの文字パネルは「ウィンドウ⇒書式と表⇒字形」から呼び出すことが可能です。

ページ番号を簡単に作成することができる

Illustratorでパンフレットやカタログを作成する際、同じ位置にページ番号を1枚ずつ貼り付けないといけません。

少しでもずれが生じると全部のページを確認しないといけないから、かなり大変だった記憶がある…

Indesignであれば簡単に番号を配置することができます。

設定は「書式⇒特殊文字を挿入⇒マーカー⇒現在のページ番号」から設定することができます。

そして複数のページに配置する際は、「ウィンドウ⇒ページ」からマーカーを設定してください。

Adobe InDesignは無料で永久に使用することはできない

パンフレット作るために1カ月だけ使用したいんだけど、何とか無料で使うことはできないのかな?

結論から言いますと、無料で永久に使用することは不可能ですが、1週間であれば無料で使うことが可能です。

1週間無料で使用することができる

実は、Adobe社の製品は1週間体験期間があり、無料で使用することができます。

体験版といっても性能やサポートなどは製品版と同じです。

1週間も無料で使えるなら期間内にパンフレット作成しないと!

無料体験期間は、あくまでも製品の評価目的のみ扱うことができ、商用に使用することは禁止されています。

仕事などで長期間使う方は必ず購入しましょう。

Adobe InDesignの料金・価格

無料期間では商用に使えないから買うしかないけど、どのくらいの金額なんだろう?

Indesignの料金はこちらになります。

プラン名 料金 月にかかる金額
年間プラン(一括) 26,160円/年 2,180円/月
年間プラン 29,760円/年 2,480円/月
月々プラン 41,760円/年 3,480円/月

仕事などで一年以上使う見込みがある方は最安値である「年間プラン(一括)」をおすすめします。

基本的にIndesignを使う方はPhotoshopやIllustratorなどを使用することがほとんどで、料金は上の表と同じです。

3つソフト使うってことは最安値でも月額6,540円。しかも一括だからかなりお金が必要になるな…

Adobeの製品は、期間限定セールを行っている時があるので解説していきます。

期間限定セールがある

期間限定セールになると、Adobe社の製品が最大22%OFFで購入することができます。

ただ、こちらのセールは全てのソフトに適用されているわけではありません。

また、年間プランの2つのみとなっていて月額プランは料金が変わりません。

購入する際は必ず値引きされているか確認しましょう。

ソフトの料金を見ていたら、「Creative Cloudコンプリートプラン」っていうのが一番上に書いてあるけど、どんなプランなんだろう

Creative Cloudコンプリートプランは人によってはかなりお得になるプランです。詳しく解説していきます。

Creative Cloudコンプリートプランとは?

Creative CloudコンプリートプランとはAdobe社全てのソフトを使用できるプランとなっています。

PhotoshopとIllustratorとIndesignの3つしか使わないから全部はいらないかな

3つ以上のソフトを使用する方はCreative Cloudコンプリートプランをおすすめします。

理由は、このプランの料金です。

プラン名 料金 月にかかる金額
年間プラン(一括プラン) 65,760円/年 5,480円/月
年間プラン 68,160円/年 5,680円/月
月々プラン 107,760円/年 8,980円/月

実はCreative Cloudコンプリートプランは最安値が月額5,480円。3つ以上ソフトを使う方はこちらのプランの方が安くソフトを使用することができます。

また、Creative Cloudコンプリートプランは期間限定セールの対象で、最大27%OFF。

年間プランは4,540円、一括であれば3,980円で購入することができます。

是非3つ以上のソフトを使う場合はCreative Cloudコンプリートプランを購入されてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はAdobe Indesignは無料で使えるか、そして使い方や料金なども解説しました。

  • Indesignは原稿の入力・編集・レイアウト・印刷などの出版のための作業を行うことができるDTPソフト
  • パンフレットやカタログなどの複数ページを作成する際に使われる
  • ページ管理やPhotoshop・Illustratorなどの連携が楽だが、あまり使っている人が少ないため解説動画が少ない
  • 料金は2,480円から。期間限定セールだと更に22%OFF、全てのソフトが使えるCreative Cloudコンプリートプランなら27%OFF

是非、複数ページを作成する際はIndesignを使ってみて下さい。