第4話『心の傷を癒すということ』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【残された光】

【無料】ドラマ『心の傷を癒すということ』の見逃し動画を無料でフル視聴する2つの方法【1話から全話(最終回)】

この記事ではドラマ『心の傷を癒すということ』第4話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第4話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『心の傷を癒すということ』の無料動画を視聴する

『心の傷を癒すということ』第4話「残された光」のあらすじ(2月8日放送)

震災から5年がたち、神戸の街は徐々に復興を遂げつつあった。
新しい病院に移り、精神科医として理想の医療に萌える安和隆(柄本佑)だったが、”がん”が発覚し、治療に専念するか、患者に向かい続けるかの選択を迫られてしまう。

自然治癒率は500分の1。
幼い2人の子供を抱えながら、身重の妻・終子(尾野真千子)とともに、有効な治療法を探す和隆は、ついに「心のケア」の本質にたどりつく。

『心の傷を癒すということ』第4話「残された光」のネタバレ感想(2月8日放送)

『心の傷を癒すということ』第4話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『心の傷を癒すということ』第4話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『心の傷を癒すということ』の無料動画をお楽しみください。

[jin-fusen1-even text=”各話の動画リンク”]

◎【全話】『心の傷を癒すということ』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第3話】『心の傷を癒すということ』のあらすじネタバレ感想

[sc name=”drama-cta”]