第2話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【ここは奇跡のおきる場所─】

【無料】ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し動画を無料でフル視聴する2つの方法【1話から全話(最終回)】

この記事ではドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第2話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第2話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画を視聴する

『病室で念仏を唱えないでください』第2話のあらすじ【ここは奇跡のおきる場所─】(1月24日放送)

特別ゲスト:田中奏生、渡邉 蒼、島袋寛子、ナオト・インティライミ、見栄晴、森迫永依

この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、患者が次々と運び込まれていた。
交通事故による大けがで運ばれてきた患者・宮島隆宏(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で三宅(中谷美紀)や研修医の田中(片寄涼太)とともに処置にあたっていた。

処置室の奥では、自宅で倒れて運び込まれた女性患者の処置は松本(伊藤英明)たちが対応。
この女性患者は、大動脈瘤が破裂していたため危険な状態で心臓外科に応援を頼むが、手術中ということで濱田(ムロツヨシ)に断られてしまう。
松本は三宅の応援もあり、手術を行いなんとか一命を取り留めることができた。
しかし、センター長の玉井(萩原聖人)からは、その場合はほかに回すよう言われ、オペの応援要請に答えてくれない濱田に不満を募らせていく。

ある日、出勤した松本の元に、川で中学生が溺水しているというドクターカーの要請が入る。
松本の過去を知る三宅は自分が行くと言うが…。

『病室で念仏を唱えないでください』第2話のネタバレ感想【ここは奇跡のおきる場所─】(1月24日放送)

朝からあおば台病院の救命救急センターには交通事故による急患が運ばれてきていた。
松本照円(伊藤英明)、三宅涼子(中谷美紀)などが医師たちは必死に処置をしていた。

一段落していると、川で中学生岡崎勉(渡邊蒼)が溺水しているという一報が入りる。
ドクターカーの要請に、過去に溺れていた友達を助けることができなかった松本は、少し躊躇を見せるが「僕が行きます」と名乗り出た。

現場に到着し、1秒でも早く心臓マッサージをするために川の中に走っていく松本。ドクターカーに乗り心臓マッサージをし、溺れていた岡崎は一命を取りとめるが意識がない状態。

少年の溺水の原因を作った丸山(田中奏生)を見つけた松本は丸山を説得し、理由を聞きだす。

~~~

そんな中、ホームレスの男性が腹部大動脈瘤ということで受け入れ要請が入る。
すでに17件も断られていてどこの病院も受けて入れてくれない状態だったが、松本は受け入れを承諾。

心臓血管外科医の濱田(ムロツヨシ)に頼むが断られ、松本自ら手術をすることに。
文句を言いながらも途中から手術を手伝う濱田。
無事に手術は成功。

昏睡状態だった岡崎の意識も戻り、二つの命を救うラストでした。

次回は、心臓血管外科医の濱田と松本の考え方の違いから、言い争いが起こるだろうと思っています。全く考え方が合わない2人が文句を言い合いながらも最後は患者を助けるために協力する結末を期待したいです。

『病室で念仏を唱えないでください』第2話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『病室で念仏を唱えないでください』第2話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画をお楽しみください。

◎【全話】『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第1話】『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画とあらすじネタバレ感想

→【第3話】『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画とあらすじネタバレ感想

よかったらシェアしてね!