【第3話】ドラマ『パパがも一度恋をした』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【おっさん故郷へかえる】

【無料】ドラマ『パパがも一度恋をした』の見逃し動画を無料でフル視聴する2つの方法【1話から全話(最終回)】

この記事ではドラマ『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第3話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『パパがも一度恋をした』の無料動画を視聴する

『パパがも一度恋をした』第3話「おっさん故郷へかえる」のあらすじ(2月15日放送)

おっさん姿の多恵子、通称おっさん多恵子(塚地武雅)にようやく慣れ始めた吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)。

そんな中、多恵子(本上まなみ)の父・十郎(山田明郷)が突然家にやってきた。
謎のおっさんと暮らす吾郎に怒りを爆発させる十郎に、コブラツイストで締めあげられ、おっさんが生き返った多恵子であることを叫んでしまう。

十郎に拒絶され、意気消沈のおっさん多恵子。
そんな様子を見ていた吾郎は、「十郎の家に行く!」と、強引におっさん多恵子を連れ出してしまう。

『パパがも一度恋をした』第3話「おっさん故郷へかえる」のネタバレ感想(2月15日放送)

多恵子(本上まなみ)の父親・十郎(山田明郷)が吾郎(小澤征悦)たちの自宅を訪れてきた際、十郎が五郎をプロレスラーのように締め上げていた。

最初は吾郎たちが信じられなかったのと同じように、十郎がおっさん(塚地武雅)を娘だと信じるのは難しいだろう。
外見はおっさんだだが、心は一人の女性であり十郎の娘なので、父親にキツイことを言われたのは辛かったと思う。

父親の十郎に暴言を吐かれて落ち込むおっさんの姿を見て、吾郎がラーメンを作ってくる・
見た目はいまいちだったけど、妻への愛が伝わってきた。

持田家を訪れたおっさんが、久しぶりの実家を懐かしんでいたようでほっこり。母親のともこ(根本りつ子)が早い段階で、おっさんを多恵子だと感じて接してくれて、さすが母親だなと感動した。
完全には信じられなくても、親子として何か感じるものがあるんだろうなと思う。

吾郎が土下座して十郎に多恵子のことを伝えていた。
吾郎の妻への熱い気持ちが伝わってきて心が温まるシーンだった。

十郎がこの現実を受け入れるのはまだ難しいのかと思いましたが、ラストにおっさんに駆け寄ってきて、謝り二人が抱き合ったシーンはとても微笑ましかった。

『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『パパがも一度恋をした』第3話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『パパがも一度恋をした』の無料動画をお楽しみください。

◎【全話】『パパがも一度恋をした』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第2話】『パパがも一度恋をした』のあらすじネタバレ感想

→【第4話】『パパがも一度恋をした』のあらすじネタバレ感想

よかったらシェアしてね!