【Adobe Premiere Pro】動画の音声にエコーをかけたり消したりする方法とは?

動画編集においてエコーは動画のクオリティを上げるための武器になったり、反対に邪魔になってしまったりする存在です。

エコーは効果的に使えば動画の質を高めることができる一方で、使い方を間違えると聞き取りにくい音声にもなり得ます。
今回はAdobe Premiere Proにおけるエコーの扱い方についてご紹介しましょう。

Adobe Premiere Proでエコーをかけたい場合

まずはエコーをかけたい場合についてです。

エコーを上手く使うことができればライブ感を出したり特定の音声の強調することができます。

ディレイを利用する

ディレイはAdobe Premiere Proに搭載されている標準的なエフェクトです。

このディレイを使えば容易にエコーをかけることができます。

まずはエフェクトパネルでディレイを検索し、ドラッグ&ドロップでエコーをかけたいクリップに適用してください。次にクリップを選択しエフェクトコントロールで時間やエコーのかかり具合や調整しましょう。ディレイと表示されている横に秒数を設定する箇所がありますので、この数値を変更して音声が返ってくる時間を決めてください。

またフィードバックやミックスではエコーのかかり具合を調整することができます。

一般的なディレイエフェクトと合わせて覚えておきたいのがマルチタップディレイというエフェクトです。

マルチタップディレイを使うことで一つのクリップに対して複数のディレイ効果を与えることができます。1つ1つのディレイの時間やボリュームを変更できるのでディレイよりも表現の幅を広げることができるでしょう。
エコーがかかる時間をだんだんと遅くしボリュームも少しずつ小さくすれば、山びこのように聞こえる演出も可能です。

スタジオリバーブを利用する

スタジオリバーブは、ディレイよりも簡単にエコーをかけることができるエフェクトです。

スタジオリバーブもディレイと同様にエフェクトパネルで検索し、ドラッグ&ドロップすることでクリップに適用できます。

ただスタジオリバーブを適用してエフェクトコントロールを開いてもディレイのように秒数やフィードバック、ミックスのような細かな設定は出てきません。

エコーをかけるためにはまず「編集」をクリックしてください。そうするとウインドウが出現しますので、プリセットをプルダウンしましょう。プリセットの中には「ギターアンプリバーブ」「大ホール」「部屋環境1」などの項目があります。

この中の大ホールを選択すればまるで大ホールで会話しているかの音声にすることができるのです。

ディレイのように細かく数値を変える必要がなく、声が反響する環境を想像しながら設定可能な点がスタジオリバーブの強みと言えるでしょう。

エッセンシャルサウンドのプリセットを利用する

スタジオリバーブに近しいものとしてエッセンシャルサウンドのプリセットを使用する方法があります。

エッセンシャルサウンドはエフェクトを適用しコントロールパネルで詳細を設定せずとも音声の加工が可能です。

まずはエコーをかけたいクリップを選択して「エッセンシャルサウンド」→「編集」をクリックしてください。すると会話、ミュージック、効果音、環境音と記載された4つのボックスが出てきます。この中の「会話」を選択しクリエイティブのリバーブにチェックを入れてください。

チェック箇所のすぐ下にあるプリセットから「講堂」や「反射率の大きな部屋」を選択すると音声にエコーがかかるでしょう。

また4つのボックスのうち「環境音」でも同様の音声編集が可能です。会話と環境音ではプリセットの内容が異なるので最適なものを選択してください。

手動で行う

少し手間はかかりますが、エフェクトなどを使用せずタイムライン上だけでエコーをかける方法もあります。

まずはタイムライン上にある映像のクリップを操作できないようにロックをかけてください。クリップの左側にある南京錠のマークを押すことでロックが可能です。次にエコーをかけたいクリップを選択しAltキー(optinキー)を押しながらスライドさせましょう。

そうすることでクリップが複製されるはずです。2、3個複製しタイムライン上で時間をずらして配置すればエコーがかかっているように聞こえます。

また複製したクリップの音声をそれぞれ少しずつ下げていけばより精度の高いエコーがかかるでしょう。

Adobe Premiere Proでエコーを削除したい場合

エコーがかかっていることで声が聞き取りにくいケースもあります。

ここからは撮影時の環境により予期せぬ形でエコーがかかった場合の対処法をお伝えしましょう。

リバーブを除去を利用する

リバーブ除去はまさに、音声に入り込んでしまった反響音を削除してくれるエフェクトです。

他のエフェクトと同様にエフェクトパネルからドラッグ&ドロップでクリップに適用することができます。適用後にコントロールパネルの「編集」からエフェクトの強弱をスライダーやプリセットで設定してください。
リバーブ除去の量を増やしすぎると聞かせたい声にも影響が出ますので、最適な位置を探るようにしましょう。

パラメトリックイコライザーを利用する

Adobe Premiere Proのパラメトリックイコライザーはリバーブ除去と併用することで効果を最大限に発揮します。

パラメトリックイコライザーは必要な音を強調して、不要な音を小さくするといった編集ができるエフェクトです。そのためリバーブ除去をかけたは良いもののマスター音声が小さく、結局聞き取りにくい場合などに有効と言えるでしょう。

パラメトリックイコライザーもまた一般的なエフェクトと同様にドラッグ&ドロップでクリップに適用できます。

コントロールパネルの「編集」を押すことで設定画面が表示されるので、反響音の周波数を下げ、マスター音声を上げることでクリアな音質にすることができるでしょう。 

Adobe Auditionを利用して音声編集を行うことも可能

Adobe社が提供するAuditionは音声編集に特化したアプリケーションです。

Adobe Premiere ProやAfter Effectsとの連携ができるので、音声にこだわりたい方はぜひ利用してみてください。
ここからはAdobe Auditionの概要やエコーについて解説していきます。

Adobe Auditionの概要

Adobe AuditionはAIによる音声解析です。

この音声解析AIによって音声を分離して管理したり編集したりすることができます。つまり音声がどのような音声で構成されているかを認識してくれるため、より詳細な音声編集ができるのです。

またAdobe Premiere ProとAdobe Auditionは連携させることができます。

たとえばAdobe Premiere Proで作成した3分の動画に当て込みたいBGMが5分だったとしましょう。このような場合、Adobe Auditionに作成した動画を読み込ませリミックス機能を使うことで、BGMを解析し最適な長さに調整したり違和感なくつなげてくれたりするのです。
反対に5分の曲を10分に伸ばしたりすることもできます。

Adobe Premiere ProとAdobe Auditionにおけるエコー編集の違い

Adobe Premiere ProとAdobe Auditionのエコー処理ですが、結果からお伝えするとAdobe Premiere Proの方が楽に処理できます。

Adobe Premiere Proには初心者にも分かりやすいエフェクトやプリセットが用意されており、それをクリップに適用するだけでエコーをかけたり消したりすることができます。

一方のAdobe Auditionはエフェクトをかけるというよりは解析した音声の中から特定の音声を抽出して強調したり消したりするのが得意です。

Adobe Premiere Proよりもさらに細かく音声を調整したい場合はAdobe Auditionの利用が適しているでしょう。

Adobe Premiere Proのエコーを使いこなして聞き取りやすい動画を作ろう!

Adobe Premiere Proでは容易にエコーをかけたり消したりすることができます。

その選択肢も豊富ですので、自分にとって編集しやすい方法を探ってみてください。

またクラウドソーシングサイトでは「動画編集」の案件も掲載されているので、スキマ時間に稼ぎたいと思っている方はぜひ試してみてください。
あわせて読みたい
副業におすすめのクラウドソーシングサイト8選!おすすめの職業・仕事も解説
副業におすすめのクラウドソーシングサイト8選!おすすめの職業・仕事も解説副業を始めようと検討している方の中には、クラウドソーシングサイトを利用しようかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。本記事では、クラウドソーシングサ...

最後に動画編集を本気で覚えていきたいと感じている方は、動画編集スクールを使って学んでいく方法も1つあります。

あわせて読みたい
おすすめ動画編集スクール12選!初心者向けや無料の学校も紹介
おすすめ動画編集スクール12選!初心者向けや無料の学校も紹介ITやネットなどの発達のおかげで、以前よりも動画を自由に投稿できるようになりました。そして動画の作成や編集を仕事にする人も増えています。特に有名な存在がYouTube...
是非こちらの記事も検討してみて下さいね。
よかったらシェアしてね!