第6話『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

SEDAI WARS無料動画

この記事ではドラマ『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』第6話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第6話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『SEDAI WARS』の無料動画を視聴する 

『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』第6話のあらすじ(2月9日放送)

悟(山田裕貴)はバブル世代の大谷修(岡田浩暉)の協力を得て、安藤直樹元首相の秘書だった藤原愛(長澤奈央)と接触することに成功。

愛もまた悟と同じく、誰が二度目の「SEDAI WARS」の開催を決めたのか疑問に思っていた。
記録映像をチェックした結果、「SEDAI WARS」開催が決議された際、議員たちがVR式SNSアプリ「NTMY(ネトマイ)」の「女神ステージ」をプレイしていたことが判明。
そして、その女神の姿がある人物に酷似していることに気づく。

『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』第6話のネタバレ感想(2月9日放送)

『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』第6話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』第6話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』の無料動画をお楽しみください。

[jin-fusen1-even text=”各話の動画リンク”]

◎【全話】『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第5話】『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』のあらすじネタバレ感想

→【第7話(最終回)】『SEDAI WARS(セダイウォーズ)』のあらすじネタバレ感想

[sc name=”drama-cta”]