【第2話】ドラマ『知らなくていいコト』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【まさか私が殺人犯の娘だったなんて…!?】

【無料】ドラマ『知らなくていいコト』の見逃し動画を無料でフル視聴する2つの方法【1話から全話(最終回)】

この記事ではドラマ『知らなくていいコト』第2話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第2話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『知らなくていいコト』の無料動画を視聴する

『知らなくていいコト』第2話「まさか私が殺人犯の娘だったなんて…!?」のあらすじ(1月15日放送)

特別ゲスト:えなりかずき、市川由衣

母・杏南(秋吉久美子)の遺品から、自分の父親がかつて世間を騒がせた殺人犯・乃十阿徹(小林薫)かもしれないと知ったケイト(吉高由里子)。
そのことで春樹(重岡大毅)からプロポーズを取り消されて落ち込む中、次のネタとして”DNA婚活”について調べるよういわれる。
事前にDNAを調べたうえで相性のいい相手を紹介してくれるという結婚相談所について、胡散臭さを感じるものの、さっそくケイトは取材へと向かう。

見た目や収入に関係なくDNAのマッチング率だけを頼りにグループ見合いが始まる中、司会者のテンションに洗脳めいたものを感じるケイトだったが、10組中9組のカップルがDNAの相性がいい相手を選ぶという結果に。

イベント終了後、ケイトは1組だけカップルが成立しなかった男性参加者・山際(えなりかずき)が結婚相談所事務局の笹野(市川由衣)と訳ありな様子を目にする。

一方、編集部ではケイトとの関係が気まずくなった春樹が編集長の岩田に異動の相談をしていた。
その夜、遺伝学の教授から「親の経験が子供に遺伝する」というマウス実験について話を聞いたケイトは、父親かもしれない殺人犯・乃十阿のDNAが自分の中に生きているかもしれないと憂欝な気分で家に帰る。
撮影に向かう尾高(柄本佑)とばったり会ったケイトは、出所時の写真を撮った尾高が何か知っているのではないかと詰め寄るが…!?

『知らなくていいコト』第2話「まさか私が殺人犯の娘だったなんて…!?」のネタバレ(1月15日放送)

『知らなくていいコト』第2話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『知らなくていいコト』第2話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『知らなくていいコト』の無料動画をお楽しみください。

[jin-fusen1-even text=”各話の動画リンク”]

◎【全話】『知らなくていいコト』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第1話】『知らなくていいコト』のあらすじネタバレ感想

→【第3話】『知らなくていいコト』のあらすじネタバレ感想

よかったらシェアしてね!