第7話『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【門田殺しの犯人が明らかに!】

シロクロパンダ無料動画

この記事ではドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第7話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『シロクロ』の無料動画を視聴する

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話「門田殺しの犯人が明らかに!」のあらすじ(2月23日放送)

レンとして生きていたリコ(清野菜名)は、眠っていたリコ自身の意識を取り戻す。
リコは、自分がパンダの姿をしている事情が理解できずに混乱。
直輝(横浜流星)はリコに、ミスパンダが生まれた経緯を話す。
全てを知ったリコは、直輝を驚かせる反応を示す。
さらに、門田(山崎樹範)が殺されたと聞かされてショックを受けるリコ。
彼女にとって、門田は恩人だった。
リコは門田を殺した犯人を見つけてほしいと頼む。
直輝はリコの願いを聞き入れ、彼女に催眠をかけることに…。

神代(要潤)は、8年前にあずさ(白石聖)がコアラのマスクをかぶった男に誘拐された事件について調べていた。
当時、捜査した刑事が哲也(田中圭)だった。
神代は、あずさの父である佐島(佐藤二朗)が、この未解決事件の間に関わっているのではないかと推理する。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話「門田殺しの犯人が明らかに!」のネタバレ感想(2月23日放送)

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第7話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の無料動画をお楽しみください。

◎【全話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第6話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想

→【第8話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想

よかったらシェアしてね!