【第2話】ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

【第10話】ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』第2話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第2話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『やめるときも、すこやかなるときも』の無料動画を視聴する

『やめるときも、すこやかなるときも』第2話のあらすじ(1月27日放送)

声が出なくなった壱晴(藤ヶ谷大輔)を心配し、こっそり工房を訪れる桜子(奈緒)。
壱晴の姿を探していると、壱晴の師匠・佐藤哲(火野正平)から声をかけられる。
そこへ壱晴が買い出しから戻ってきて、今朝から声が出るようになったと知り安堵する桜子。

壱晴の声が出なくなる症状が10年前以上から怒っていると知った桜子は、苦しそうな表情で話す壱晴に「今度お酒でもどうですか?」と誘う。

『やめるときも、すこやかなるときも』第2話のネタバレ感想(1月27日放送)

『やめるときも、すこやかなるときも』第2話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事ではドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」第2話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『やめるときも、すこやかなるときも』の無料動画をお楽しみください。

◎【全話】『やめるときも、すこやかなるときも』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第1話】『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想

→【第3話】『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想

[sc name=”drama-cta”]