【第3話】ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

【第10話】ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』第3話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第3話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『やめるときも、すこやかなるときも』の無料動画を視聴する

『やめるときも、すこやかなるときも』第3話のあらすじ(2月3日放送)

暴れ出した勝己(遠山俊也)の前で交際宣言をした壱晴(藤ヶ谷大輔)。
からかわれていると思った桜子(奈緒)だったが、壱晴のある言葉を聞き、受け入れることに。

恋人ができて幸せそうな桜子だが、彩芽(金澤美穂)との会話の中で、「好き」と言われていないことに気づき不安になる。

仕事の打ち合わせのあと、壱晴の家で会う約束をした2人。
そこで、桜子は勇気を出して男性経験がないことを打ち明ける。

『やめるときも、すこやかなるときも』第3話のネタバレ感想(2月3日放送)

『やめるときも、すこやかなるときも』第3話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事ではドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」第3話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『やめるときも、すこやかなるときも』の無料動画をお楽しみください。

◎【全話】『やめるときも、すこやかなるときも』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第2話】『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想

→【第4話】『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想

よかったらシェアしてね!