第6話『トップナイフ ─天才脳外科医の条件─』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【緊急密室オペ!女帝に復讐せよ】

【無料】ドラマ『トップナイフ』の見逃し動画を無料でフル視聴する2つの方法【1話から全話(最終回)】─天才脳外科医の条件─

この記事ではドラマ『トップナイフ』第6話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第6話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『トップナイフ』の無料動画を視聴する

『トップナイフ ─天才脳外科医の条件─』第6話「緊急密室オペ!女帝に復讐せよ」のあらすじ(2月15日放送)

オペ意外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山(天海祐希)。
一方、リストラの噂を耳にした幸子(広瀬アリス)は自分のクビが切られるのではと、戦々恐々。深山に取り入ろうとしていた。

そんな中、西群(永山絢斗)は自分の幻”ドッペルゲンガー”が見えると言う患者・大澤卓司(山本浩司)を診察する。
大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。
深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。
西群は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川(三浦友和)に真偽を確かめる。

そして深山が自分を避けていると感じた大澤は、”幻の自分”の悪魔の囁きに背中を押され復讐を実行しようと決意。
深山を狙って細工をしたエレベーターに立てこもる!
ちょうど出張販売に来ていた来島(古川雄大)と入院患者・木元(吉田美佳子)も巻き込まれてしまい…。

『トップナイフ ─天才脳外科医の条件─』第6話「緊急密室オペ!女帝に復讐せよ」のネタバレ感想(2月15日放送)

『トップナイフ ─天才脳外科医の条件─』第6話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『トップナイフ』第6話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『トップナイフ』の無料動画をお楽しみください。

◎【全話】『トップナイフ』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第5話】『トップナイフ』のあらすじネタバレ感想

→【第7話】『トップナイフ』のあらすじネタバレ感想

よかったらシェアしてね!