【スキル習得】動画編集とプログラミングはどちらがおすすめかを解説

新たにスキルを習得したいと考えたときに動画編集やプログラミングという選択肢をよく目にします。

代表的なこの2つのスキルは実際に役に立つのでしょうか。またこのスキルをビジネスにつなげることはできるのでしょうか。
今回は動画編集とプログラミングの2つのスキルについて解説していきます。

動画編集とプログラミングを学びはじめる前に

動画編集とプログラミングを学びはじめる前に

動画編集やプログラミングをスキルとして身につける前に考えておくべきことをお伝えします。

スキルを身につける目的や今後どうなりたいかなど事前に考えることで、どちらがより自分に適しているか分かってくるはずです。

なぜ動画編集やプログラミングを始めようと思ったか整理する

まずはなぜスキルの習得をしようと思ったのか整理することから始めましょう。

目的を整理することでどちらが自分に合っているのか検討する1つの材料となるからです。スキル習得の理由として代表的なものは、やはりお金を稼ぎたいということでしょう。

副業がスタンダードになりつつあり、入社した会社において定年まで勤めあげるという概念も薄まってきています。

会社に縛られることなく自由な働き方をしたいフリーランスの増加も影響しているため、動画編集やプログラミングは注目を浴びているのです。だからといって何となく流行っているからという理由では要した時間が無駄になってしまう可能性があります。

まずは自分は何のためにスキル習得を目指すのか一度考えてみましょう。

スキルを活かして活躍したいのか、副業として少し稼げるようになれば良いのか、空いている時間に趣味感覚で取り組むのかはっきりさせておくことで今後の指針を決めやすくなるはずです。

いつまでにどうなりたいか決める

スキル習得の目的が決まったら、いつまでにどのレベルの能力を身につけたいか考えましょう。

もし趣味程度で空いている時間に少しずつ取り組みたいと考えているのであれば問題ありませんが、スキルを活かしてすぐにでも稼ぎたいという場合はそうはいきません。

今すぐスキルで稼がなければいけない場合、習得までに時間のかかるスキルは向いていないのは明白です。

後述もいたしますが、動画編集とプログラミングで稼げるようになる期間は大きく異なりますので、自身の状況に合ったスキルを選ぶ必要があるのです。

また転職を目的とする場合は、スキルのレベルもある程度のものでなければいけません。新卒であれば教育環境が整っている可能性が高いですが、中途の場合は即戦力を求められる傾向が強く、選考時に参考となる質の高いポートフォリオや実績を持っていなければ入社は難しいでしょう。

転職できることを前提に退職したは良いものの、スキル習得に時間がかかり理想のキャリアを歩めなかったということがないように気をつけてください。

転職、フリーランス、YouTuberなどスキル習得の目的は人によって異なります。

中途半端な形で終わらせないように、いつまでにどうなりたいかという道筋をある程度決めて段取りよく進めるのがおすすめです。

なるべく早く行動に移す

スキル習得を目指す場合はなるべく早く行動を起こすと良いでしょう。

スキルを習得したいと思っていても本業で疲れてしまいなかなか取りかかれないケースも多いです。心のどこかでやりたいと思っていながらも、ずるずると先延ばしするのは精神的にも時間的にも有意義なものではありません。

動画編集やプログラミングといったスキルの習得には一定の時間が必要であり、取り組んだ時間に応じてアウトプットの質も上がります。

そのため早くはじめた方が周りよりもリードすることができるのです。

また一度やってみることで、習得したいスキルが自分に合うものかどうか判断することもできます。憧れがあったが自分には向いてないと理解することも一つの成果であり、そうすることで改めて本業へ注力することが可能です。

早めに取り組むことで動画編集が合っていなかったので次はプログラミングに挑戦するといったリカバリーがきくのも利点と言えるでしょう。

迷っている時間があるのであれば、まずは一度学習をはじめてみてはいかがでしょうか。

動画編集の概要

動画編集の概要

動画編集スキルはその名のとおり素材となる動画を切り貼りしたり、字幕やテロップを入れたりして1つの動画を完成させるスキルのことです。

ここからは動画編集のスキルについてご説明していきます。

動画編集の学習時間

動画編集のスキルといっても習得したいレベルによって学習時間は大きく異なります。

一概に言うのは困難ですので、今回はYouTuberがカメラの前で大食いをしたり、コスメを紹介したりするような動画の場合を例にします。

動画編集のスキルというとこれくらいのレベルを想像する方が多いのではないでしょうか。

こうした動画であれば1日あたり2〜3時間の学習で、早い方ですと1ヶ月〜3ヶ月程度、遅くとも半年もあれば同程度のクオリティで作ることができるはずです。

YouTuberは投稿頻度が高いことから凝った編集を行う方は少ないため、基本的な編集技術で対応できます。

素材動画のカット、連結、BGMとテロップの挿入、テロップのデザイン変更を覚えるだけですのでハードルは高くありません。

一方で、映像に3Dで文字を浮かせたり、テキストをおしゃれに動かしたりするようなアニメーションの技術の習得は時間がかかります。動画のカットや結合とは異なりアニメーション技術には際限がありません。
真似をするだけであれば解説動画を参考にすれば対応できますが、自由に使いこなして仕事にするまでには数年単位の時間が必要でしょう。

動画編集を身につけると何ができるようになるのか

動画編集スキルがあれば、制作会社に勤務したりwebクリエイターとして活躍したりできるでしょう。

YouTuberの増加で動画が作れる人材の需要は高まっています。企業に勤めなくてもクラウドソーシングを利用すれば仕事を受注できますので、副業はもちろん実力が認められれば本業として稼ぐこともできます。

また自分自身がYouTuberとしてチャンネルを開設するのも一つの方法です。

編集ができれば外注費がかからず低コストで始めることができるでしょう。

くわえてサムネイルやロゴ制作のスキルも身につきます。

動画編集と合わせてPhotoshopやIllustratorの技術も身に付くので一石二鳥です。

動画編集はどれくらい稼げるのか

映像制作者の平均年収は約400万円と言われています。

資格も不要であり、勉強すれば誰でも一定のレベルは身につけられるため高水準とはいきません。

またクラウドソーシングなどを利用して映像制作を請け負った場合は1本あたり5,000円〜10,000円が相場です。素材動画のカット作業やテロップの挿入数が多い場合は、時給が1,000円を切ることもあるでしょう。

また映像全体の制作ではなくテロップ入れのみという仕事も多く見受けらます。

このような高いスキルを必要としない単純作業の場合は1本あたり500円程度が相場です。

工数を考えると決して高くはありませんが、裏を返せばテロップ入れさえ覚えればすぐに稼ぐことができます。

動画編集に向いている人は?

動画編集は、細かい作業が苦にならず完璧主義な人に向いています。

動画編集は細かな作業を黙々と繰り返す必要があり、5分の動画を作るのに10時間以上かけるのが当たり前の世界です。

1秒以下の単位でカットをしたりテロップを合わせたりするので、細かい作業が苦手で大雑把な方は不向きかもしれません。

また芸術的な分野に明るいと動画のクオリティが上がります。映像作品や絵画などに触れる機会が多ければ、映像にあったBGMの選定や適切な色彩のエフェクトを選択することができるからです。

もし動画編集をしていきたいと感じている方は、下記の記事も参考にしてみて下さいね。
あわせて読みたい
おすすめ動画編集スクール12選!初心者向けや無料の学校も紹介
おすすめ動画編集スクール12選!初心者向けや無料の学校も紹介ITやネットなどの発達のおかげで、以前よりも動画を自由に投稿できるようになりました。そして動画の作成や編集を仕事にする人も増えています。特に有名な存在がYouTube...
あわせて読みたい
【決定版】動画編集ソフトのおすすめ10選|スマホ・PC版を紹介
【決定版】動画編集ソフトのおすすめ10選|スマホ・PC版を紹介・動画編集のおすすめソフト・アプリを知りたい・有料版と無料版の違いはあるの?・失敗しな選び方を知りたい今回は上記の悩みを抱えている方に向けて、動画編集ソフト...

プログラミングの概要

プログラミングの概要

プログラミングは少し難解な印象を持っている方も多いのではないでしょうか。

プログラミングとはコンピュータに実行して欲しい動作を順番に記述していく作業を意味します。プログラミングを習得するには、プログラミング言語を理解する必要がありその数は200種類以上です。
プログラミングを習得することでシステムやサービスを作成することができます。

プログラミングの学習時間

プログラミングの学習時間は言語の違いにもよりますが概ね200時間〜300時間と言われています。

これはあくまでも基礎的な部分に過ぎず、レベルの高いシステムの構築には何倍もの学習が必要です。1つの言語だけでこれだけの学習が必要ですので、動画編集に比べると稼ぐまでの時間は長いと言えるでしょう。

世間一般では3年で一人前と言われることが多く、難易度の高いスキルであることがうかがえます。

副業としてきちんと稼げるようになるには最低でも1年は見ておくと良いでしょう。

現在ではプログラミングスクールに通うことで効率的なカリキュラムを受講することができます。

プログラマーに対する需要が高まっていることもあり、教材や勉強場所に苦労することはないでしょう。

プログラミングを身につけると何ができるようになるのか

プログラミングを身につけることで、システムエンジニアとして働くことができます。

エンジニアにもアプリケーションを作るのが得意な人、インフラやネットワークに明るい人などいくつかの分野があるので、興味のある分野を選択するのがおすすめです。

ではプログラミングを副業として始めた場合、どのような仕事があるのでしょうか。

おそらく一番イメージしやすいのがwebページの制作です。こちらはプログラミングの中では難易度が低い部類に入ります。HTML/CSSといった知識を身につければプログラミング初級者でもこなすことができるでしょう。

またアプリケーションの開発も案件としては多いです。

特にスマホゲームやSNS系のアプリは毎日のように新サービスが提供されています。

難易度は高いですが、勉強次第では十分作成可能ですので、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

プログラミングはどれくらい稼げるのか

エンジニアとして就職した場合の平均年収は約400万円〜600万円と言われています。

もちろん習得している言語が多かったり、専門性の高い知識を有したりしていれば平均を遥かに上回る給料を得ることができるでしょう。

ではクラウドソーシングで仕事を受ける場合の単価を見ていきます。先述したwebページの制作やその修正は、20,000円〜30,0000円が相場です。案件の内容や工数によって変動するので価格帯は広くなっています。
アプリケーションの制作となると100万円を超えるものもあり、全体的に見ても動画編集より相場は高いです。

プログラミングに向いている人は?

プログラミングは好奇心が旺盛で論理的思考に長けた方に向いています。

IT業界は常に更新され続けているため、昨日までの技術が翌日には古いものになっていることがざらにある世界です。そのため自ら新しい知識を習得する好奇心が大切と言えるでしょう。

言語を複数取得するような姿勢が求められるため、知らないことを楽しんで吸収していく能力が必要です。

もしプログラミングに興味を持っているのであれば、効率的に学習する為に「スクールに通う」という選択も知っておくと良いでしょう。
あわせて読みたい
おすすめのプログラミングスクール12選!転職に強い所も紹介!
おすすめのプログラミングスクール12選!転職に強い所も紹介!プログラミングのスキルは、システムやアプリなどの開発に欠かせないものです。そしてスキルで開発案件に対応できれば、高い収入も得られます。中には「もしプログラミ...

動画編集とプログラミングのどちらを選ぶべきか

動画編集とプログラミングのどちらを選択するかは自分との相性と習得する目的を考慮して決めると良いでしょう。

おそらくどちらもある程度の技術が身に付くまでは楽しくないかもしれません。学習の過程も楽しめるのであれば一番良いのですが、いくつか動画を作ったりwebサイトを作ったりする中で自分に合うかどうかを確かめるのも一つの方法です。

少しでも楽しさを見出すことができれば成長も早いですし、継続していくことができます。副業ではなく本業として身につけたいのであれば特に意識しましょう。

本業に不満があって退職したのにも関わらず、動画編集作業を苦痛に感じてしまうのは本末転倒です。

楽しい、面白いといった自分の感覚を大切にして選択するようにしましょう。

また目的に合わせて選択することも忘れてはいけません。

もし長期的にお金を稼ぎたいのであれば断然プログラミングになります。反対に手っ取り早くお金が稼げるスキルを身につけたいなら動画編集がおすすめです。
いずれにせよ自分の目的に立ち返ったり将来像を想像することで選択が容易になることでしょう。

動画編集とプログラミングを学ぶ目的を整理してスキルを習得しよう

動画編集とプログラミングは現在注目を集めているスキルです。

どちらかが優れているわけではありませんので、ご自身に最適な方を選択してください。
迷った場合はなぜ自分はスキルを身につける必要があるのか今一度振り返りましょう。最適なスキルを身につけキャリアを充実したものにしてください。
よかったらシェアしてね!