【第6話】ドラマ『ゆるキャン△』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

【無料】ドラマ『ゆるキャン△』の見逃し動画を無料でフル視聴する2つの方法【1話から全話(最終回)】

この記事ではドラマ『ゆるキャン△』第6話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第6話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『ゆるキャン△』の無料動画を視聴する 

『ゆるキャン△』第6話のあらすじ(2月13日放送)

新しいキャンプアイテム・コンパクト焚火グリルを手に入れたリン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)の提案で焼肉キャンプをすることに。

なでしこの姉・桜(柳ゆり菜)の車でキャンプ場まで送ってもらうことになり、途中のスーパーでお肉を買い込む。

今回のキャンプ場は知る人ぞ知る本栖湖の北西に位置するカルデラ湖。
江戸時代には「富士八海」のひとつに数えられた紅葉の名所・四尾連湖。
木々に囲まれた綺麗なキャンプ場だが、ここには恐ろしい言い伝えがあるという。

『ゆるキャン△』第6話のネタバレ感想(2月13日放送)

ドラマ『ゆるキャン△』第6話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『ゆるキャン△』第6話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『ゆるキャン△』の無料動画をお楽しみください。

◎【全話】『ゆるキャン△』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第5話】『ゆるキャン△』のあらすじネタバレ感想

→【第7話】『ゆるキャン△』のあらすじネタバレ感想

よかったらシェアしてね!